ドラマ【透明なゆりかご】キャストとあらすじ!清原果耶・初主演作は原作がアウト!?

透明なゆりかご製作

ドラマ【透明なゆりかご】のキャスト・あらすじ!

2018年7月スタートのNHKドラマ10(金曜10時)は『透明なゆりかご』!

16才の清原果耶がドラマ初主演で大注目。

共演には瀬戸康史・水川あさみ・酒井若菜・原田美枝子らベテランが集結!

今回は、町の産婦人科医を舞台に描く本作のあらすじ・キャスト情報について。

スポンサーリンク

ドラマ『透明なゆりかご』が2018年7月から放送!主演は清原果耶

3月のライオン清原

出典映画「3月のライオン」

NHKで2018年7月20日、毎週金曜よる10時から、ドラマ『透明なゆりかご』が放送されます。

原作は、壮絶な実体験を持つ沖田 ×華(おきたばっか)の漫画作品。累計325万部超、20代30代の女性を中心に共感を呼んでいます。

主人公・青田アオイを演じるのは、女優・清原果耶(きよはら・かや)!朝ドラ『あさが来た』映画『3月のライオン』や『99.9-刑事専門弁護士-Ⅱ』5話ゲスト出演など活躍中です。

さらに共演には『海月姫』の女装で注目された瀬戸康史のほか、水川あさみなどベテランが脇を固めていることも注目の本作。この記事では、気になるあらすじ・キャストなどの最新情報をご紹介します!

ドラマ『透明なゆりかご』のあらすじ

透明なゆりかご漫画

出典 :キスコミックドラマ化サイト

清原果耶が演じるのは主人公・青田アオイ。看護学校の3年生で、「由比産婦人科」へ見習い看護師として働きにでます

時は1997年・夏。アオイは、婦人科医院で中絶手術の現場を目の当たりにし、いきなり衝撃を受けます。

辞めそうになるアオイ。しかし、産婦人科で働いているスタッフ、院長・由比(瀬戸康史)、先輩看護師・紗也子(水川あさみ)、婦長・榊(原田美枝子)らは、妊婦ひとりひとりにしっかりと向き合っていました。

アオイは不器用でコミュニケーション下手。そんな娘を母・史香(酒井若菜)は心配していましたが、アオイは独特の感受性と根の優しさの持ち主。

出産の現場に立ち会い、輝くように喜ばれて生まれる命、誰にも「おめでとう」と言われず火葬される透明な命…どちらも命の重みは変わらないはずなのに、と思うアオイ。

命って、何だろう…」

アオイは自問自答します。

原作は第1巻から、不倫の末の出産、病院に捨てられていた赤ちゃん、中学の先輩の堕胎、逃げる男がいる現実、経済的理由の中絶、性虐待の対応、悪いオトナの存在、母性についてなど多種多様な内容です。

アオイは出産の喜びとともに様々な境遇の妊婦・女性がいるという影の部分にも直面し、少しずつ成長していきます――

主演キャストは清原果耶!ドラマ初主演!

清原果耶(役:青田アオイ)

清原果耶

出典:NHKドラマトピックス

ドラマ『透明なゆりかご』の主人公・アオイを演じるのは、朝ドラ『あさが来た』映画『3月のライオン』などに出演し、人気急上昇中の清原果耶(きよはら・かや)です。アオイは看護師の見習いで産婦人科で働き、奮闘します。

清原果耶は本作が記念すべきドラマ初主演。清原は2002年1月生まれで放送時、実年齢が16才。役のアオイは17才。年齢や不安な心境も近い役柄。役ととともに成長するフレッシュな清原果耶の姿は本作の見どころの一つです!

清原は、主演を務めるにあたり「アオイを真っ直ぐに演じたい」と意気込みを語っています。

瀬戸康史が病院長のキャスト!

瀬戸康史(役:由比 院長)

瀬戸康史

出典:ワタナベエンターテイメント

何事も丁寧にあたる産婦人科の院長・由比役を演じるのは、瀬戸康史(せと・こうじ)!

院長の由比の人柄がわかる会話が、原作の1巻冒頭であります。由比は、90年代・日本人の死亡原因1位は何か?とアオイに尋ねます。なんと答えは、アウス(人口妊娠中絶)!院長は、出産だけでない現実をアオイに伝えました。

瀬戸康史は、1988年5月18日生まれで、『仮面ライダーキバ』(2008年)主人公を務めた仮面ライダー俳優のひとり。NHKのドラマでは『幕末グルメ ブシメシ』シリーズで主演を務めています。2018年1月クールの月9ドラマ『海月姫』(2018)では、女装が「キレイ」とネットをざわつかせました。若いですが、院長役の演技も楽しみですね。

主人公の母のキャストは酒井若菜!

酒井若菜(役:青田史香)

酒井若菜

出典:Ateam

主人公・アオイの母、史香役を演じるのは、酒井若菜(さかい・わかな)!

酒井は1980年生まれで、本作の放送時は38才。未婚ですが母親役を演じる年齢になってきました。

膠原病やリウマチの闘病をしながらも女優を続けてきた酒井若菜。ブログも好評で、福祉情報番組「ハートネットTV」(NHK Eテレ)でも特集されるほど。多くの人を勇気づける女優です。

そんな酒井が演じる母は、果たして見習い看護師の娘をどう支え、どう関わるのでしょうか?みどころです。

先輩看護師キャストは、主演クラスの女優・水川あさみ!

水川あさみ(役:紗也子)

水川あさみprofile-1

出典:http://am-sucre.com/profile/

先輩看護師・紗也子役を演じるのは、主演でも脇役でも存在感を発揮する女優・水川あさみ(みずかわ・あさみ)!

NHKでは、2018年2月から放送の『我が家の問題』(NHKBSプレミアム)主演に続いての出演となります。

看護師役は20代のころドラマ『医龍』でも務めました。1983年生まれの水川は本作の放送時30代。先輩として貫禄がついてきたところでの看護師役は楽しみですね。

『透明なゆりかご』婦長キャストは原田美枝子!

原田m-Harada

出典http://www.my-pro.co.jp/aa/harada.html

おだやかな婦長・榊を演じるのは、ベテラン女優の原田美枝子(はらだ・みえこ)!

原田は『火宅の人』(1986)『愛を乞うひと』(1988)『雨あがる』(2001)などで映画賞を受賞。演技力には定評がある方です。

2018年の新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(1月8日・テレビ東京)でも中井貴一の元恋人を演じ、ドラマを引き締めました。本作『透明なゆりかご』でも存在感が発揮されることでしょう。

その他のキャストも豪華:マイコ、葉山奨之…

マイコ(役:?)

マイコprof_maiko01

出典http://grpromotion.co.jp/talent/maiko/

マイコは、2008年、映画『山のあなた〜徳市の恋〜』ヒロイン役で女優デビュー。2016年8月に俳優・妻夫木聡と結婚して以来、Amazon配信の『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』でレギュラー出演しましたが、地上波のドラマ・レギュラー出演は初となります。

※役についてはわかり次第更新します。

葉山奨之(役:?)

葉山奨之

出典http://tristone.co.jp/actors/hayama/

葉山 奨之(はやま・しょうの)は、1995年・大阪府生まれの俳優。2011年にテレビドラマ『鈴木先生』でデビューしました。2017年は『僕たちがやりました』(関西テレビ) 『セトウツミ』(テレビ東京・主演)など活躍。期待の若手俳優で、NHKでは朝ドラ『まれ』で主人公の弟役で出演しています。

※役についてはわかり次第更新します。

原作は、アウトな「沖田 ×華」の人気漫画『透明なゆりかご』

本作の原作は、沖田 ×華(おきた ばっか)の漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」

「起きたばかり」から取ったといわれる、この変わったペンネームの名付け親は著作家のゲッツ板谷です。ちなみに沖田の実質的なデビューは、ゲッツ板谷の公式サイトに漫画を寄稿したのが最初。

実は、沖田 ×華は波瀾万丈の人生を歩んでいます。彼女は1979年・富山県生まれ。小中学生のころに学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー障害と診断されました。小・中はいじめられたそうです。

高校卒業後、看護学校に通い、22歳まで看護師として病院に勤務しました。しかし看護師の時代、先輩に「死ね!」と暴言を吐かれたため自殺未遂。

その後、風俗嬢(ソープ以外はアダルトビデオ出演含め全業種制覇)になって富山、金沢、名古屋で働きます。2008年、『こんなアホでも幸せになりたい』(マガジン・マガジン)でマンガ家として単行本デビュー。他の作品に『ニトロちゃん』(光文社)『蜃気楼家族』(幻冬舎)などがあります。

テレビ番組「アウトデラックス」(2016年8月18日)に出演。綺麗な容姿なのにいったいどんなアウト(=欠点)があるのか、と言いますと…。出演時の紹介は「学割で豊胸手術受けた女」…なんと10回を超える整形手術も告白。初めての手術は、21歳の時の豊胸だそうです。

そんな壮絶な経験を持つ沖田 ×華が看護師の実体験から描く原作は、拙(つたな)い絵ですが、「多くの人に教えたい、読んでほしい」と大反響!Amazonの第1巻のレビュー評価は5点中4.8の高評価(192名:2018.4.15現在)ドラマ化にも期待がかかります。

『透明なゆりかご』脚本は『コード・ブルー』の安達奈緒子!

ドラマ『透明なゆりかご』の脚本を務めるのは、平均視聴率14.6%、最高16.4%を記録した『コード・ブルー』第3シーズンの安達奈緒子!

安達はNHKドラマ初脚本ですが、月9を久々にヒットへ導いた手腕が発揮されるでしょうか。IT企業の社長が主役の『リッチマン、プアウーマン』などお仕事ドラマにも定評がある方で、注目が集まります

ドラマ『透明なゆりかご』は2018年7月スタート!

『透明なゆりかご』は、2018年7月20日(金)から9月21日(金)まで、毎週金曜よる10時から10時44分、全10回の放送予定です。

2018年のNHK「ドラマ10」は。これまでLGBTを描いた『女子的生活』(1月:全4回)、「逃げ恥」作者の原作でアラサー女子4人のドラマ『デイジー・ラック』(4月-6月予定:全10回)など、女性(?)がテーマなドラマが多い枠。

今回はどんなドラマになっているのか、放送が楽しみですね!

(記事内の画像出典:NHK_PR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク