ドラマ【特捜9】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ!イノッチ直樹の元へ9メンバー再び集結!

特捜9

ドラマ【特捜9】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ!

おなじみ”9係”から引き継がれたドラマ【特捜9】がスタート。

班長に寺尾聰を迎え、主任となった直樹(井ノ原快彦)を中心に新特別捜査班が動き出す。

ここでは、その全話のあらすじと感想を最終回まで追いかけます。

ドラマ【特捜9(ナイン)-警視庁捜査一課特別捜査班-】がテレビ朝日系で水曜9時に絶賛放送中! 主演はイノッチこと井ノ原快彦(V…
スポンサーリンク

ドラマ【特捜9】全話あらすじと感想!

放送後に更新していきますので、チェックしてみてください。

ドラマ【特捜9】第3話のあらすじと感想

森田亜紀子(富樫真)の刺殺体が発見された。森田は自然との共生をテーマの設計で人気の建築家で、その仕事部屋で殺害されていた。第一発見者はアシスタントの北原里香(長尾純子)。彼女によると亜紀子はとある町の設計コンペに参加しており、その模型が壊されていた。コンペには近未来的な設計で有名な大屋源治(下條アトム)の参加していたことが判明する。

青柳と矢沢は建築家・大屋の自宅へ、志保と村瀬はコンペを持ちかけた不動産会社の担当・中岡孝(中野剛)、江波太門(伊嵜充則)それぞれの元へ向かう。

直樹は真澄から、凶器は傷口の形状から工作用のカッターナイフの可能性が高いと聞く。

そんな中、大屋の靴と現場のゲソ痕が一致し、直樹らは住居侵入の容疑で大屋の家の家宅捜索を行う。その様子を見守る大家の妻・千鶴(洞口依子)動きを不審に感じた新藤は、単独で尾行を開始するが、そこで意外な事実が判明、さらにコンペがデキレースだったという情報を得た志保らは関係者の洗い出しから新たな事実に辿り着くが…。

ドラマ【特捜9】第2話のあらすじと感想

ウェディングドレスを着た女性の遺体が発見される。直樹たち特捜班が臨場すると、今日から特捜班に入ることになったと言う新藤(山田裕貴)が現れ、睡眠薬と錠剤が見つかったことから自殺と推理する。この女性には行方不明者届が出されていたことで身元が判明する。遺体の女性は、ホテルのコンシェルジュ・斎藤真希(中島亜梨沙)で、遺体発見当日に同じホテルのフロント係・武村茂明(黄川田将也)と結婚式を挙げるはずだったことがわかる。武村によると、真希は前夜、式の準備のためホテルに宿泊していたらしい。

直樹らは、防犯カメラ映像を確認するが、外出する真希の姿は映っていなかった。

そんな折、武村と観光文化庁局長の娘の仲を真希が疑っていたという情報が入る。果たしてこれが自殺の動機なのか?

一方、青柳、矢沢の両名はホテルで宗方に出くわす。宗方は二人の結婚披露宴の席次表に気になる点がるという。

真澄の検視の結果、真希は不自然な凍死の可能性があることが判明し、他殺の線が浮かび上がる。志保と村瀬は、島沢観光文化庁長官とホテルとの関係に不審を抱き調査を始める。

直樹たちは、関係者の聴取を行う中で空白の時間があることに気づく。

ドラマ【特捜9】第2話のあらすじと視聴率! 好スタートを切った新シリーズ。 果たして恒例の2落ちの憂き目には避けられたの…

ドラマ【特捜9】第1話のあらすじと感想

渋谷中央警察署刑事課主任となった浅輪直樹(井ノ原快彦)は、人事から呼び出しを受け、神田川警視総監(里見浩太朗)に、初動捜査から送検まで一手に行う「特別捜査班」への配属を受ける。その班長は、前日の事件で犯人を確保した際に偶然居合わせた、宗方朔太郎(寺尾聰)だった。宗方からメンバーを集めるように言われた直樹は、9係のメンバーたちへ連絡をとるが、志保(羽田美智子)には、「うまくいかないんじゃない?」と断られ、村瀬(津田寛治)は電話にも出ない。唯一話を聞いてくれた矢沢(田口浩正)によると、青柳(吹越満)は警察を辞めてしまったらしい。直樹は矢沢と青柳を説得に行くが「どうせ同じことの繰り返し」と言われる。

そんな中、縄文土器の発掘現場で美穂(実咲凜音)という大学講師の遺体が発見され、特捜班に初出動要請が入る。遺体のそばには青酸性の毒物が入っていたと思われるビンがあり、捜査一課は服毒自殺と判断、後処理を村瀬に押し付けるが、村瀬は納得せず、直樹も疑問を抱く。真澄(原沙知絵)の解剖に立ち会った直樹は、そこで志保に再会する。なかなか動く気配がなかった宗方も、事件の核心に迫り、直樹らはしだいに警察組織の闇へと近づいていくのだったが…!?

ドラマ【特捜9】第1話のあらすじと視聴率! 子育て優先の班長にメンバー選任を任された直樹。バラバラになった9係のメンバーは果た…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク