【anone】5話のあらすじと評判!広瀬すずが「1番好き」で、全スタッフが泣いた?

あのね表紙

広瀬すずが1番好きと語る【anone】5話が2月7日に放送

ファンタジーでつかみどころのないドラマに視聴率は下降ぎみ。

しかし、5話は全米ならぬ全スタッフが泣いたと話題です。

今回は、5話のあらすじと前評判、これまでの「anone」をざっくり振り返ります

【anoneあのね】の視聴率と最終回ネタバレ!  広瀬すず10代最後の主演ドラマ『anoneあのね』(日本テレビ系・水曜22時…
スポンサーリンク

「anone」5話のあらすじ

4話で、るい子(小林聡美)は何者かに盗まれて、亜乃音(田中裕子)に金を返せなくなりました。

ハリカ(広瀬すず)と舵(阿部サダヲさん)に連れられて謝罪に。

亜乃音は舵とるい子を憎み切れず、ハリカも含めた4人の奇妙な共同生活が始まります。

一方、亜乃音の会社の元従業員・理市(瑛太)は二股・二重生活が4話で判明。…理市はついに両替機をだますニセ札を完成させます。

そしてハリカは、チャット仲間の紙野彦星(清水尋也)の病室が片付けられているのを見てショックを受け…

「anone」5話の評判

読売新聞の記者投票で「anone」が1位になり、朝日新聞でも高評価。「やっぱり嬉しい」と広瀬さんがツイート。

5話が好きと明かしました。

これまでの「anone」振り返り

「anone」は、「Mother」「Woman」に続く日本テレビ、坂元裕二脚本ドラマの第3弾!

ネットカフェ暮らしので天涯孤独の少女、ハリカと夫に先立たれた老女、亜乃音がまず共同生活を始めます。

偽札をめぐり、舵とるい子がハリカを誘拐。舵の同級生・西海の暴走もあり、亜乃音が身代金を払います。

偽札を掴まされた西海は自殺。前回4話は持ち逃げしたるい子の過去と現状が明らかになりました。

「うそ」「ニセモノ」「偽り」「血の繋がりの有無」などがテーマ。

今のところ、お金(有形=血の繋がり=実体)よりも、大事なものがある(無無形=亜乃音にとってのハリカ、るい子にとっての幽霊など)ことを描き出しています。

・1話でハリカのネット仲間がお金を奪いあい、友情が壊れたこと。

・3話でお金があれば逃亡できると信じて偽札で自殺した西海。

・4話で息子と暮らすために亜乃音のお金を持ち去ったこと。

お金の怖さが随所に描かれていますね。

「anone」の魅力

「anone」は、名言が話題です。

たしかに魅力的な台詞が多いです。ただ、このドラマは名言が一番の魅力ではありません。(と筆者は思います)

1話の、青羽るい子(小林聡美)が放った「名言っていい加減ですもんね」という台詞が思い出されます。

言葉も実体あるものですけど、人は言葉(それ自体)では救われない。3話で阿部サダヲさんの名言に泣いた、と話題になりました。

しかし言葉・名言では救えなかったのです。

まあ、この論理ですと、お金があれば西海が自殺しなかったので矛盾していますが…。

偽物でもいい、幽霊でもいい、血の繋がりのない家族でも大切。そう思わせてくれるのが「anone」の魅力(のひとつ)です。

(出典日本テレビ) 【anone/あのね】5話の視聴率・あらすじ・ネタバレ・感想まとめ! 主演の広瀬すずが「1番好き」と…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク