【西郷どん】5話の視聴率は15.5%!相撲で見せた鈴木亮平の筋肉に驚きの声!

2018年2月4日

【西郷どん】5話の視聴率は15.5%!相撲で見せた鈴木亮平の筋肉に驚きの声!
出典:NHK

NHK大河ドラマ【西郷どん】5話のあらすじと視聴率!

渡辺謙さんが演じる斉彬が新しい藩主となって帰ってきた前回。

5話は、鈴木亮平さんの筋肉が見どころでした!

スポンサーリンク

【西郷どん】5話の視聴率

【西郷どん】5話の視聴率は15.5%!相撲で見せた鈴木亮平の筋肉に驚きの声!

出典:NHK

【西郷どん】5話の視聴率は、15.5%と過去最高を記録しました!

【西郷どん】5話のあらすじ

斉彬(渡辺謙)が斉興派の者たちを罰しないという方針を聞き、憤る郷中の者たち。

大久保正助(瑛太)の父も帰って来れないかもしれない。

「殿様に直訴すっど」

御前相撲で勝ち、殿に意見を言おうと気合いが入れる吉之助(鈴木亮平)たち。

 

岩山糸(黒木華)に縁談の話が持ち上がる。

父親に海老原様の長男と結婚してもらえと言われるも、複雑な表情を浮かべる糸。

表が出たら嫁に行くと占いのように草履を蹴飛ばすと、吉之助にぶつかってしまうのだった。

 

村田新八(堀井新太)が御前相撲に出たいと言い出し、躱わすような相撲だったが吉之助に勝負では勝つ。

糸の縁談話を耳にするも、好意を抱いている正助は素直に喜べずにいた。

海老原も御前相撲に出場するということで、糸の旦那になるのにふさわしい男なのか確かめるようとする。

 

島津家の姫の於一(北川景子)も見守る中、始まった御前相撲。

新八は食べ過ぎが原因で腹を壊し、トイレから出られなくなり、急遽吉之助が出場することを許可される。

島津家の姫の於一(北川景子)は相撲を見ながら、他の姫とお菓子を賭けていた。

西郷に賭ける。

 

ついに決勝戦。

海老原と吉之助が残るも、海老原は左足を怪我していた。

左からかければ楽に勝てる試合。

「わしと賭けんか?」

斉彬に賭けを提案された於一は迷わず、西郷吉之助に賭ける!

 

はっけよい!

投げられるところを投げない吉之助。

土俵際で追い詰められるも吉之助は正々堂々勝利した!

 

「良き相撲であった。次はわしが相手だ」

斉彬と吉之助が相撲を取ることに。

勝てば首が飛ぶかもしれないと声をかけられる中、斉彬を投げ飛ばしてしまう!

 

吉之助は牢に入れられてしまう。

そこには、謎の漂流者(劇団ひとり)が捕まっていた。

相撲に勝ち、切腹を恐る時代

殿様の渡辺謙さんにようやく御目通りできた鈴木亮平さん。

まさか、相撲を取ろうという展開になるとは思ってなかったので、大晦日の格闘技番組を見るようなワクワク感を感じてしまいました。

しかし、殿様に相撲で勝つと本気で切腹や首が飛ぶかもしれないという時代があったことに驚きを隠せません。

この時代は、命がいくつあっても足りないなと思いました。

【西郷どん】5話の感想

脱いでも良い体に仕上げておいてくれという注文を受けていたと話していた鈴木亮平さんですが、ついにベールを脱ぎましたね!

筋肉はもちろんですが、程よく肉がついていて、分厚い体は皆がもっている西郷像を体現してるように感じました。

鈴木亮平さんの体を変幻自在にコントロールする能力には、いつも驚かされます!

Posted by ユウヘイ