【隣の家族は青く見える】2話の視聴率は6.2%!高橋メアリージュンのブチギレに共感!

2018年1月25日

【隣の家族は青く見える】2話の視聴率は6.2%!高橋メアリージュンのブチギレに共感!

出典:フジテレビ

【隣の家族は青く見える】2話(1月25日)のあらすじと視聴率、感想まとめ!

またもやキムタクのドラマ「BG」が約10分延長ということで、視聴率はまたもや苦戦か?

そして、表には出さないがそれぞれの家庭にある不満や問題が明らかになってきました。

不妊治療を始めた五十嵐夫妻はどうなるのか?

スポンサーリンク

【隣の家族は青く見える】2話の視聴率

【隣の家族は青く見える】2話の視聴率は6.2%!高橋メアリージュンのブチギレに共感!
出典:フジテレビ

【隣の家族は青く見える】2話の視聴率は、6.2%となりました。

1話が7.0%だったので、微減という結果になりました。

【隣の家族は青く見える】2話のあらすじ

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、不妊治療のタイミング法を実践する。

庭で奈々と話す朔(北村匠海)の姿を見て、他の住人とは関わるな!と注意する渉(眞島秀和)。

一生誰にも会わないようにこの家に隠れてればいいんだねと朔は拗ねてしまう。

 

深雪(真飛聖)は、ゴミ出しについてや花壇の水やりなど、コーポラティブハウスのルールを決めようと他の家を訪問して回り、バーベキューパーティーを定期的にやりたいと提案する。

 

亮司(平山浩行)は元嫁の家に帰るも、母親が亡くなったこともあり、未だ心を開こうとしない息子の亮太(和田庵)。

妊娠していなかったことに落ち込む奈々を励ます大器。

 

亮司(平山浩行)は、ちひろ(高橋メアリージュン)には内緒で、再び名古屋にある元妻の実家を訪れる。だが、亮司の息子・亮太(和田庵)は、母の死にショックを受け、いまだに亮司とは何も話そうとしなかった。

 

奈々が大器の実家に立ち寄ると、琴音(伊藤沙莉)がつわりに苦しさから「妊娠なんかするんじゃなかった」と呟き、お母さんと笑う琴音だったが、奈々は複雑な表情を浮かべる。

奈々は病院に行くと、片岡(伊藤かずえ)から次は「子宮卵管造影検査」をするよう話されるも、痛みを伴うこともある検査ということで不安になる。

 

朔に励まされ、子宮卵管造影検査に耐えた奈々。

検査の結果、不妊症の原因となるものは無かったが、それは原因不明ということでもあり、治療法が無いとも言える。

 

引き続き、タイミング法を継続することになり、体を冷やさないようにしたり、食事にも気を使う奈々。

昼食にはうなぎを食べるよう指定されたりと、大器は子作りを始めてから楽しくないと後輩に愚痴をこぼす。

そんなとき、大器が開発したオモチャで怪我をしたという問題が発生。

タイミング法をするつもりだったのだが、帰りが遅くなってしまい、奈々に明日は早く帰ると謝る。

 

大器が家に帰ると、庭で隠れていた小宮山真一郎(野間口徹)を見つけ、放っておけず家にあげるとセクシーな下着で出迎える奈々!

真一郎は友人の話として、五十嵐夫婦に相談する。

家に帰ると、早く再就職しろ!と怒鳴られる真一郎。

 

亮司は、息子の亮太をいずれ引き取ろうと考えていた。

大器にもらったカードゲームで亮太と遊び距離を縮め、亮太が東京に来てくれることを決意してくれる。

亮司が泊まるホテルに内緒で来た、ちひろ(高橋メアリージュン)は子供と一緒にいる姿を目撃してしまう。

 

【隣の家族は青く見える】2話の視聴率は6.2%!高橋メアリージュンのブチギレに共感!

出典:フジテレビ

バーベキューパーティーが行われ、

子供作って少子化に歯止めをかけることだけが、女性にできる社会貢献じゃないですよね!私は子持ちになったりしません!子供を持つ持たないは権利であって義務じゃないんです!

結婚や子作りをすすめてくる深雪にキレるちひろ。

 

バーベキューパーティーはお開きになり、朔に甘えられ渉がキスをしてるところを見てしまう奈々だった。

【隣の家族は青く見える】1話の感想

高橋メアリージュンさんが真飛聖さんにブチギレるシーンにスッキリしたと共感する声が多くありました。

今になってマタハラなど、子供ができるできない、作る作らないというデリケートな部分は触れない流れになってきたと思うのですが、真飛聖さんが演じる深雪は、ズケズケと踏み込んでくるのが1話から気になっていたので、高橋メアリージュンさんのセリフは視聴者の気持ちを代弁してくれてるような気がして私もスッキリしました。

Posted by ユウヘイ