【明日の約束】井上真央が許せない人は誰?衝撃の最終回直前レビュー/あらすじ/謎まとめ。

「明日の約束」最終回直前レビュー!

井上真央の大河ドラマ「花燃ゆ」以来、約2年ぶりの連ドラ主演作が、12月19日(火)ついに最終回を迎えます。

井上さんは生徒に寄り添うスクールカウンセラー役。“毒親”を持つ生徒の“不可解な死”の原因を究明するヒューマンミステリー。

辿り着いた死の意味とは。井上真央演じる日向(ひなた)の決断とは。

今回は最終回直前「明日の約束」ここまでのあらすじと謎、最終回予想レビューについてまとめます

スポンサーリンク

【明日の約束】ここまでのあらすじ

「明日の約束」はこんな話し…

椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上真央)は、「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげていた。ある日、気にかけていた不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)から、「好きです」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

果たして、誰が彼を死なせたのか。原因究明に動く日向の前に立ちはだかるのは、陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”の真紀子(仲間由紀恵)による圭吾への過干渉、圭吾自身の非行歴と不穏な交友関係だった。しかし、日向は持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。

ネタバレしつつ、概要をまとめます。

・【事件の発端】

吉岡圭吾の死が第1話終盤に起きます。自宅の部屋をスプレーで真っ黒に染めて首をつって亡くなっていました。登校中にバスケ部の先輩のせいとするメールが送られます。

うろたえる生徒たち。クラスでは暴力はないが圭吾を邪険にするいじめはあった。責任を感じる生徒同士がもめるなか、日向は冷静になることはないとなだめます。やがてバスケ部でのいじめが発覚し…

【第2・第3の事件発生】

・バスケ部の顧問・辻先生(神尾佑)が、夜道で何者かに襲われる。

・大翔(金子大地)の暴力動画が流出。大翔も襲われます。

犯人は圭吾の幼なじみ・香澄(佐久間由衣)だった。約1年前、いじめの首謀者を圭吾が代わりに突き落としてくれた。そのお返しだった…

【学校が犯人?】

やがて母親・吉岡真紀子(仲間由紀恵)が学校を圭吾の音声データをもとに訴えます。

くいちがう証言。先輩のタバコをネタに圭吾はレギュラーを強要していたといいます。

【犯人は母親?】

しかし、母親が1年に渡り息子の部屋を盗聴していたと発覚。虐待だ、とマスコミや支援者の風向きが変わります。

【犯人は霧島?】

6月2日吉岡圭吾を孤立させるため、渡辺純也が嫌うように種をまいた

11月15日「母親が悪い」と投稿

11月24日吉岡真紀子に対して「僕はお母さんのせいで死にました」とメッセージを携帯に送信

一方、香澄が盗んだ圭吾の担任・霧島先生(及川光博)のパソコンには、圭吾のいじめのきっかけを作ったことや母親に嫌がらせメールのことが。

【吉岡家以外の毒親】

明日の約束:日向はママを一生、愛し続ける(12歳までつづいた日記)

・主人公・日向の家も毒親。日向の恋人・和彦自身も家庭内暴力の兄のトラウマを抱えていて、婚約は破棄になりました。

・吉岡家の妹は毒親(兄と逆の放任主義)に悩み、バスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)は母の虐待から逃げる

などの要所で『毒親』との対決が描かれてきました。

いよいよ最終回。退職する霧島。日向も学校をやめて、ある決断をする……

【明日の約束】の謎とは

第9話で記者が言っていましたが、圭吾の事件は尻切れトンボとなっています。

遺書がないから理由は不明。

残っている謎は・・・

①なぜ部屋を黒く染めたのか

②誰が真犯人なのか

・・・母が犯人なのは盗聴ネタが盛り上がった結果論。霧島もきっかけ?失恋で死んだ?

③「彼の自殺は母親の歪んだ束縛から逃れるための命を懸けた告発だった」のか?

最終回で解明されるのでしょうか?

【明日の約束】最終回直前レビュー

井上真央の許せない人とは?

視聴率は4~6%で爆死の評価もありますが、ネット・記者からは高評価の本作。

犯人捜しに終わらない人間ドラマが深く見る者の心に残ります。

そしてついに迎えた最終回…予告で日向がいう「いちばん許せない人」とは、誰のことでしょうか?

①霧島ミッチー?
②圭吾の母親?
③謎を残して死んでしまった圭吾?
④告白を断った自分自身?

無難なのは「自身」でしょう。予想の本命です。

しかし日向自身も毒親に悩まされてきたので次点は「母親」か。

霧島を責めても仕方ないか。

意外性があるのは③です…母を訴えるために自殺はいけない!!という意味で、どんな理由があってもダメだ、と生徒に訴えるとか。

「犯人探しが私(日向)のやることではない」と9話であったことがヒントか。

ドラマのモデルと噂のノンフィクション本『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(福田ますみ著、新潮社刊)では、学校側が勝訴。母親やマスコミ報道が問題視されることになります。似ていますが、だから母親が悪いとはドラマではしないと予想されます。

毒親との関係は?

最終回のみどころはもうひとつ。母と日向の関係です。

本作は【毒親】がテーマ。

9話で、増田さんが虐待する母親と会ってみると前向きになっていて、日向は「見習いたい。ひとつひとつ向き合いたい。」と語ります。

また「母親への愛情までは否定しない」と語る記者に対して、日向は思うところがあったようです…盗聴データを聞きながらの想像のシーンは、母の愛はたしかにあった会話でした。そのことから、母の愛は認めながらも…母と決別!…家を出るのではと予想します。

12歳の時返事をやめた日向と母の交換日記…。

・「これ以上できない約束を増やしたくなかった」
というのは母を愛する約束でしょう。

・「わたしは母のことを…」の独白は、愛していない、と続くことでしょう。

最終回。日向が実際にどんな決断をするのか、見逃せませんね。

放送後にはネタバレあらすじも下記ページなどで別に紹介しますので合わせてご一読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク