【わろてんか】59回視聴率は20.7%!中村ゆりをめぐる北村有起哉・波岡一喜対決で面白い

2017年12月9日

葵わかな主演のNHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」

第10週「笑いの神様」第59回が12月8日金曜日に放送されました。

お夕(中村ゆり)の夫(北村有起哉)と団吾(波岡一喜)がはちあわせ!いったいどうなる?

今回は【わろてんか】59回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

スポンサーリンク

【わろてんか】59回の視聴率

【わろてんか】59回の視聴率は20.7%!

北村有起哉の話題が広まったか、プレミアムトークに柴崎コウ出演の効果か。第10週の最高視聴率をマークしました。

【わろてんか】59回のあらすじ

てん(葵わかな)はお夕(中村ゆり)から、夫(北村有起哉)は団真という名の落語家で、じつは団吾(波岡一喜)の兄弟子だということを聞かされる。さらにお夕が二人の師匠・先代団吾の娘で、団真と十年前に駆け落ちをしたということを知って驚く。毎晩団吾の接待で料亭を駆けずり回る藤吉(松坂桃李)は、真夜中に団吾がただ一人、一心不乱に落語の稽古をする姿を目撃して、ますます風鳥亭に必要な人だと確信する。

確信した藤吉は、2万円用意するつもり。

てんはストライキする芸人や団真に思いをはせて、藤吉に反対する。

しかし藤吉はここで勝負をかけるつもりだった。

【わろてんか】59回の感想

好評の演出。先代・団吾師匠の娘・お夕をめぐる団吾VS団真の三角関係、その裏の藤吉・てんの対決、団吾の兄弟子・団真へのコンプレックス…。

急にシリアスな展開でひきしまってきました。

しかし団真さんもクズ。それでも色気があり、視聴者を魅了しています。中村ゆりさんとの夫婦も絶妙で、好き同士な感じもつたわりますね。

藤吉は見る目があるのか? 団真のほうが上手いのでは疑惑が視聴者にあります。途中まで聞いた団真の『崇徳院』に感銘を受けていたような描写があったのはあれは気のせいか?席主としては売れてる名前が大事、というのは分かりますが…。

『崇徳院』で団真が高座にあがる光景が待ち遠しい。笹野高史さんの『時うどん』はある程度時間を使ってくれて笑えましたし。期待してます。

Posted by Jima