金曜ドラマ【コウノドリ】1話あらすじと視聴率!夫の「手伝う」に対する星野源の返しが絶賛!

金曜ドラマ【コウノドリ】第1話の視聴率・あらすじ・感想

以前より、期待の声が高かった金曜ドラマ【コウノドリ】1話が10/13(金)に放送スタートしました。

涙なしでは見られない、前作を超える感動が待っていることでしょう。

第1話では、志田未来さん、高橋メアリージュンさん、ナオト・インティライミさん、泉澤祐希さんらがパパママゲストとして登場しました。

今回は、金曜ドラマ【コウノドリ】1話の視聴率とあらすじ、感想を紹介します。

スポンサーリンク

金曜ドラマ【コウノドリ】1話の視聴率

金曜ドラマ【コウノドリ】1話の視聴率は12.9%。

ファンの期待を裏切ることの無かった今作、視聴率も好スタートです!

金曜ドラマ【コウノドリ】1話のあらすじ

『出産は奇跡だ。小さな命が産まれること、それは当たり前のことじゃない』

恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)を手伝うため、離島・隠久ノ島の病院に来ていた鴻鳥サクラ(綾野剛)は島民たちの前でピアノを弾いていた。

そこにいた妊婦・久松ユリ(安藤輪子)が倒れ病院へ。

ヘリで本土に搬送し向こうで出産したほうがいいと判断され残念がるユリだったが承諾した。

しかし、そこに未受診の妊婦が「出血してしまった」と来院。

サクラ「誰にも言えなくて苦しかったね。もう大丈夫だよ」

その妊婦は27~28週目で、早産の赤ちゃんを産ませる設備がないとの理由からユリより先に本土へと搬送することになるが、ユリの家族は反対した。

ユリ「私は元気だから大丈夫」

未受診の妊婦がヘリで飛び立つと、ユリが急変。

出血が止まりにくくなり、胎盤早期剥離が起こる可能性もありそうなれば助からないかもしれない。

しかし、「血液が足りない」と荻島は手術ができないと話す。

そんな中、胎児の心拍数も下がってきた。

サクラ「今、僕たちにできることをやりましょう」

そして、手術が始まった。

サクラ「お腹の赤ちゃん、頑張ってます!」

NICUなど無い離島の病院で「赤ちゃんを1分で出す!」と意気込み、その間島中の人たちが採血に出向きユリのため血液を集めた。

同刻、ペルソナ総合医療センターでも産婦人科医・四宮春樹(星野源)や研修医だった下屋加江(松岡茉優)と新生児科・白川領(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となり、手術に関わり精力的に働いていた。

サクラ「赤ちゃん産まれます!おめでとうございます!」

しかし、産まれてきた赤ちゃんはすぐに泣かない。

サクラ「頑張れ、頑張れ」

空気を必死に送ると大きな声を出して泣いた。

『ようこそ、この世界へ。産まれて来て、おめでとう』

サクラは島民たちの検診後、荻島から「離島で医者が必要とされる理由は、死亡診断書を書くため」と聞かされる。

荻島「何かあったのか?何で来てくれた?ペルソナ忙しいんだろ?」

サクラ「先生の顔が見たかっただけです」

サクラが来るまでは「子供が産めない島」と言われていた、隠久ノ島。

荻島「俺がやらなきゃ誰がやる、なんて思っていない。島の人がみんな好き」

サクラ「子供が産めるってことは、未来がある場所」

そして、ペルソナへとサクラが戻り、助産師の小松留美子(吉田羊)と共に耳が聞こえない妊婦・早見マナ(志田未来)を診察。

マナは、ノートに「大切なことなので、できる限り先生とお話ししたいです」と書き、筆談で診察をしていくこととなった。

一方で四宮は、キャリアウーマンの妊婦・佐野彩加(高橋メアリージュン)を診察し、赤ちゃんが「心室中隔欠損」という心臓の壁に小さな穴が開く疾患にかかっていることが分かる。

これは最も多い疾患で、自然と塞がることも多く塞がらなくても手術でふさげると、新生児科部長兼周産期センター長・今橋寛之(大森南朋)と共に彩加と夫・康孝(ナオト・インティライミ)に説明した。

「赤ちゃんは一人一人違う。ネットの中にはない」

彩加「少しでも早く仕事に復帰したい」

四宮「出産に予定通りはない」

そして、彩加は無事出産を終え女の子の赤ちゃんが産まれた。

『赤ちゃんが産まれるのは奇跡だ。とても素敵な奇跡。だけど、その後には現実が続いていく』

彩加の赤ちゃんのエコーでは、5mm弱の欠損があったがそれ以外は元気で、手術をすることになっても成長してからとなり、一度家に帰ってもらうことを伝えると、彩加は不安のあまり取り乱す。

康孝「大丈夫だよ、俺も手伝うから」

四宮「手伝うじゃないだろ、あんたの子供だろ」

彩加は妊娠が分かった時、嬉しかったが不安になっていくばかりだった。

仕事もみんなに迷惑をかけてしまう事を気にしていた、でも。

『どうしても赤ちゃん欲しかった』

その頃、マナが買い物帰りに破水してしまい通りかかった青年に助けを求め、緊急搬送・入院することとなった。

マナ(筆談)「怖い」

サクラ「僕たちがついていますから」

マナ(筆談)「産んだ後、怖い。母は反対。育てられるの?2人とも聞こえない」

『どうしても赤ちゃん欲しかった』

マナ(筆談)「できる。頑張る。大丈夫。迷惑かけたくないけど、でも」

サクラ「迷惑かけてもいいじゃない!分かるよ、不安だよね。でも、1人じゃないから。僕たちはいつでもここにいるから。だから、一緒に頑張りましょう」

マナと同じ耳の聞こえない夫・健治(泉澤祐希)がやって来る。

マナを助けた青年は、初期研修医・赤西五郎(宮沢氷魚)でいきなりマナの出産を手伝わされることになった。

吸引分娩となり、「1つになれば大丈夫」と手話・カンペを使った工夫ある手術に。

一方の彩加は、康孝から「今までずっとごめん。俺頑張るよ。一緒に頑張ろう」と言われるが退院の時に康孝は仕事でおらず、泣き止まない赤ちゃんを抱え四宮と話す。

彩加「私やっぱり怖いです。明日からこの子と2人でやっていけるのか」

四宮「まだ2週間検診も、1ヵ月検診もあります。何かあったらいつでもいらしてください」

そして、マナの出産ー。

サクラ「僕の目を見てください。息吸って、いきんで!」

元気な男の子が産まれ、産声を上げた。

サクラ「赤ちゃんの産声分かりますか?おめでとうございます!」

赤西「すごい…」

下屋「うん、どのお母さんもすごいよ」

マナの赤ちゃんは「聴覚スクリーニング検査」を受け、今回は問題なしとの結果が出た。

『出産という奇跡の後には、現実が続いていく…』

結局、彩加の夫・康孝は育児休暇をとることが出来ず、彩加は家にて一人放心状態で座り込んでいるのだった。

下屋は、自分がいつか赤ちゃんを産みたいと思った時の不安をサクラに話す。

サクラ「僕たちができることは、限界がある。その時その時、お母さんに寄り添うことしかできないのかもしれない」

『赤ちゃんは未来だからね』

金曜ドラマ【コウノドリ】1話の感想まとめ

前作に引き続き、感動・涙の声が上がる中、やはり多数の方が星野源さん演じる四宮先生のセリフに共感していましたね。

しかし四宮先生のその声も空しく、佐野夫婦の夫・康孝(ナオト・インティライミ)は仕事を休むことが出来ずに、妻・彩加(高橋メアリージュン)は放心状態になってしまい、これにも「経験したことがある」と世のママさんたちから多くの声がありました。

今後も、四宮先生からの喝があることに期待します。

そして志田未来さんもさすがの演技で、「14才の母」を思い出した方も多かったのではないでしょうか?

次回、第2話は10/20(金)22時~放送です。

お見逃しなく!!

ー第2話の予告動画ー

【秋ドラマ】2017年10月期ドラマ一覧!  10月スタートの秋ドラマは、篠原涼子、井上真央、綾瀬はるか、小泉今日子、綾野剛、櫻井翔、ディーン・フジオカ、役所広司、竹内涼真、山崎賢人など豪華キャスト出演の新作ドラマが目白押し。各ドラマのキャスト・あらすじ情報はリンク記事をチェック!随時更新中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク