【セシルのもくろみ】全話視聴率と最終回ネタバレ!真木よう子とリリーの不倫はあるの?

木曜劇場 ドラマ【セシルのもくろみ】の視聴率と最終回ネタバレ

2017年夏ドラマの木曜よる10時枠は、ドラマ【セシルのもくろみ】を放送。

主婦読モの真木よう子が、女の欲望渦巻くファッション業界に風穴を開けるというお話。

吉瀬美智子、長谷川京子、板谷由夏、伊藤歩とのマウンティング合戦が楽しそうですね。

ここではドラマ【セシルのもくろみ】の全話視聴率と最終回のネタバレについて随時更新していきます。

2017年の夏ドラマが発表され始めたのでまとめていきます。 今期はいつも発表が遅い「月9」が春クール開始前に早々と発表! しかも…
スポンサーリンク

【セシルのもくろみ】の視聴率

※視聴率とあらすじは毎週金曜日に更新していきます。

【セシルのもくろみ】1話の視聴率

【セシルのもくろみ】1話の視聴率は、5.1%! 夏ドラマ1話視聴率バトルでは残念ながら下位にランクイン。盛り返していってほしいですね。

【セシルのもくろみ】1話が放送されました。普通の主婦が読モになる・・という設定からイメージしたものはいい意味で裏切られ、真木よう子さんの個性的なキャラクターとファッションがおもしろすぎる結果に! 徳井義実さんのジェンダーレスな役にも注目が集まりました。豪華絢爛な「ヴァニティ」の記念パーティも必見です!

【セシルのもくろみ】2話の視聴率

【セシルのもくろみ】2話の視聴率は、4.5%! 初回より盛り下がり、厳しい状況です!

【セシルのもくろみ】2話の視聴率・あらすじ・感想! カリスマモデルのハマユカ(吉瀬美智子)に憧れるミヤジ(真木よう子)は、ハマユカの真似をしてみたり、ロケを見学してカリスマモデルの術を盗もうとして空回り。泥酔した江里(伊藤歩)は山上(金子ノブアキ)とうっかり一夜をともにしてしまい…。

【セシルのもくろみ】3話の視聴率

【セシルのもくろみ】3話の視聴率は4.8%! 

【セシルのもくろみ】4話の視聴率

【セシルのもくろみ】4話の視聴率は4.4%。下降線をたどってピンチ!

【セシルのもくろみ】4話のあらすじと視聴率!読者モデル・葵(佐藤江梨子)と副編集長(眞島秀和)の不倫発覚からふたりの読モがクビになり、ミヤジ(真木よう子)にチャンスが巡ってくる。夫婦デート企画の撮影中、主婦たちからの羨望のまなざしを受けた奈央は、モデルとしての意識に目覚めるのだった。

【セシルのもくろみ】5話の視聴率

【セシルのもくろみ】5話の視聴率は3.8%。打ち切りがますます心配に!

【セシルのもくろみ】5話あらすじと視聴率!編集部が読者モデルの使用をやめることになり、クビになってしまったミヤジ(真木よう子)。2人の最後の企画としてお寺で修行の取材を行うミヤジと江里(伊藤歩)、山上(金子ノブアキ)。早朝、掃除をするミヤジの輝く美しさに何かを感じる江里。完成した記事を見た洵子(板谷由夏)は…。

【セシルのもくろみ】6話の視聴率

【セシルのもくろみ】6話の視聴率は3.7%。前回とほぼ横ばいでホッとしました。これからもう少し盛り上がってほしい!

【セシルのもくろみ】6話のあらすじと視聴率! 【セシルのもくろみ】6話の視聴率は3.7%でした。ミヤジ(真木よう子)がプロモデルとして大変身を遂げた今回、なんとか踏みとどまっています。「打ち切り」が噂されるなか、 視聴者からは 「打ち切りなんてやめて!」の声が多数上がっていますが、これからどうなるのでしょうか。

【セシルのもくろみ】7話の視聴率

【セシルのもくろみ】7話の視聴率は4.4%。持ち直しましたね。ハマユカ卒業、ハセキョー君臨でザワつき出した『ヴァニティ』編集部。これから盛り上がっていく予感!

【セシルのもくろみ】8話の視聴率

【セシルのもくろみ】8話の視聴率は5.3%。自己最高記録です。

【セシルのもくろみ】8話の視聴率は5.3%!打ち切りとの報道があるなか自己最高記録更新。低視聴率も打ち切りも真木よう子さんのせいのようにいわれていますが、本当にそうでしょうか。8話は「恐怖の晩餐会」でせっかく盛り上がったのに打ち切りなんて残念!今回は8話のあらすじネタバレ・感想と低視聴率の理由についてレポートします。

【セシルのもくろみ】最終回の視聴率

【セシルのもくろみ】最終回の視聴率は4.3%。もう少し盛り上がってほしかった!

【セシルのもくろみ最終回】視聴率は4.3%!ハマユカ(吉瀬美智子)と洵子(板谷由夏)が立ち上げる新雑誌のカバーモデルに誘われた奈央(真木よう子)、憧れのブランドのプレスに誘われる江里(伊藤歩)の最終選択は? 話題となった真木よう子さん渾身の長セリフは、これまでの低視聴率や騒動に対するネット上のさまざまな噂へのリベンジ?

【セシルのもくろみ】の視聴率予想

木曜夜10時〜のフジ木曜劇場ですが、同時間帯のライバルはドラマではなく、バラエティと報道番組。しかし2017年は平均視聴率が、次のように低迷して大苦戦!

「嫌われる勇気」6.4%、「人は見た目が100パーセント」6.38%(1〜9話)。

【セシルのもくろみ】では2ケタにのせることができるでしょうか?

2015年に同枠で真木よう子さんが主演した「問題のあるレストラン」の平均視聴率は9.3%。

枠は違いますが、同じようにファッション誌業界を舞台に、女同士のマウンティングが話題になった「ファースト・クラス」(2014)は最終回で10.3%を記録。

2ケタ手前の9〜9.5%くらいからスタートするのではないかと思います。

【セシルのもくろみ】の最終回ネタバレ

職人気質の夫と子供と暮らす、ごく普通の主婦・奈央(真木よう子)が、ひょんなことから人気ファッション誌の読者モデルにスカウトされ、まるで縁のなかった華やかな世界へ。

厳しいデスクやカリスマモデル、ファッションライターら女の欲望に満ち満ちた世界で、奈央は反発しながらも、のし上がっていく。最終的にはプロのモデルになる。

前半は奈央の成長や相棒・江里(伊藤歩)やカリスマモデル・ハマユカ(吉瀬美智子)との女の友情が中心でしたが、舞子(長谷川京子)が新カバーガールになり、事態は一転。

プロモデルとなったミヤジ(真木よう子)がどうのし上がっていくのか、『ヴァニティ』を去った南城(リリー・フランキー)とハマユカ、編集長になれなかった洵子(板谷由夏)が今後どう動くのか。

後半に入ってグンとおもしろくなってきました。

原作では、奈央が南城と不倫するという場面があるのですが、ドラマでは人間愛寄り? それだけにラストに2人が不倫!となったら、衝撃でしたが…。原作とは違う結末になりました。

ドラマ【セシルのもくろみ】は、ドロドロというより、サバサバとカッコいい女たちの生き様の物語にまとまった感じでした。

ミヤジ、ハマユカや舞子、洵子たち美女に会えなくなるのは寂しいです。

いろいろと話題を呼んだ【セシルのもくろみ】。みなさんはどのように感じられたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク