【18/40】最終回ネタバレと視聴率!結末がハッピーエンドで大好評!

18/40・最終回
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【18/40】最終回ネタバレと視聴率!

福原遥・深田恭子W主演のドラマ【18/40~ふたりなら夢も恋も~】(TBS)最終回が9月12日(火)に放送されました。

放送後、ハッピーエンドな結末が大好評で…。

今回はドラマ【18/40~ふたりなら夢も恋も~】最終回の視聴率・あらすじネタバレ・感想・出演者コメントについて。

【18/40】最終回の視聴率

18/40・最終回

ドラマ【18/40~ふたりなら夢も恋も~】最終回の視聴率は世帯6.2%、個人は3.6%。

【18/40】最終回ネタバレ

【18/40】最終回のあらすじネタバレです。

最終回の内容は・・・今よりも前に進むために同居の解消を決断してからも、有栖(福原遥)と瞳子(深田恭子)はいつもと何も変わらない時間を過ごしていた。

ある日、瞳子のマンションに貴美子(片平なぎさ)、祐馬(鈴鹿央士)、加瀬(上杉柊平)、市郎(安田顕)、薫(松本若菜)が集まり食事をしていると、瞳子が突然、地元の金沢に戻るかもしれないと話し出す。急な展開に驚く一同だが、瞳子には心に秘めたある考えがあった――。

一方、有栖は、瞳子の働くBVアートが主催する10周年プロジェクトに選ばれ忙しい日々に追われていたが、綾香(嵐莉菜)から祐馬への本当の気持ちを問われ答えられずにいた。しかし、瞳子や薫に背中を押され自分の気持ちに気づいた有栖が出した答えとは――。

後日、瞳子のマンションで貴美子や市郎が昔を懐かしむ話をしていると、話題は亡くなった有栖の母・真理(美村里江)のことに。市郎から真理の写真を見せてもらうと、瞳子は何かを思い出し慌てて自室からある写真を持ってきた。そこには、過去に秘められた奇跡が――。

とうとう、偶然出会った18歳と40歳が育んできた日々にも別れの時が。友情、家族、そして夢も恋も諦めずに決断し歩き出した有栖と瞳子。ふたりの未来に待ち受けるものとは――と展開。

ネタバレですが…

瞳子の心に秘めたある考えとは――金沢でアートギャラリーを開業すること。

有栖が出した答えとは――祐馬と恋人になること。

過去に秘められた奇跡とは――瞳子と真理(美村里江)が大学の社会人講座で夢を語り合っていた旧知の仲だったこと。

ふたりの未来に待ち受ける展開ですが――ラストで、瞳子がギャラリーを経営、有栖も学芸員になり、2人とも夢を叶えました

最終回の詳しいネタバレはこちら↓

【18/40】最終回の感想

【18/40】最終回の感想です。

結末がハッピーエンドで大好評!

結末がハッピーエンドで大好評でした。瞳子は加瀬と結婚し、アートギャラリーを経営するという夢を叶えました。一方、有栖も夢だった学芸員になりました。祐馬とも5年間ちゃんと付き合っているようです。

SNSでは、大満足な視聴者コメントが多くて大好評!

瞳子の子供の件は?

ただ、気になるのは、瞳子の子供がほしいという件はどうなったのか?という点。一時的に薬をやめて不妊治療をする選択もあると薫さんが意見していたはず。

5年後、瞳子と加瀬の2人だけということは、子供は諦めた?多分、そういうことなのでしょうね。

有栖と祐馬は結婚?!

あと、瞳子と加瀬の結婚式の時、有栖のお父さん(安田顕)は(結婚を)「まだ認めてない」と言っていましたが・・・有栖と祐馬は結婚できるのでしょうか。これも気になります。

5年後、学芸員になった有栖。ダンス動画がバズっている祐馬。共働きでいいので、結婚したらいいのに…。

と思って、ラストシーンを見返していたら、有栖と祐馬が薬指に指輪をしていました。SNSでも指摘が↓

婚約指輪かもしれないのですが、ここは結婚したと思いたいところ。学生のうちは大変かもしれないので、有栖が4年制大学を卒業したタイミングで結婚したのかな?なんて想像がふくらみますね♪

【18/40】出演者のクランクアップコメント

18/40・最終回

【18/40】出演者のクランクアップコメントです。

福原遥さんのコメント

4か月間本当にありがとうございました。撮影当初はプレッシャーというか、自分にこの役ができるかなと不安でしたが、キャストやスタッフのみなさんが撮影現場を温かくて楽しい空気にしてくださり、それにすごく支えられながらやり切ることができました。本当にこの作品は温かくて愛のこもった作品だなと思っていて、ゴールデン帯での連続ドラマ初主演が『18/40』で良かったなと思っています。そして、ドラマの中で有栖として生きられて本当に幸せな人生だったなと思える時間でし
た。みなさんありがとうございました。

深田恭子さんのコメント

連日猛暑が続く中、キャストやスタッフのみなさんと一緒にこの夏を乗り切れたことがうれしく、本当に感謝しております。今の時代の多様性を反映した作品でしたので、ドラマの内容としてシビアな部分もありましたが、私なりに瞳子というキャラクターを優しく演じることができたのではないかと思っております。このドラマに関わったみなさんと、またご一緒できる機会があったらうれしいです。本当にお疲れ様でした。

鈴鹿央士さんのコメント

4か月間本当にお世話になりました。プロのダンサーを目指す役でしたので、序盤は一人で踊るシーンが多く、みんなと喋りたいなと思っていましたが、福原さんや深田さんたちとも絡むシーンが増えてきてからはさらに楽しい現場になりました。スタッフのみなさんが本当に暑い中頑張っているのに、僕の方が撮影中に汗をかいてしまっていたのが反省点ではありますが(笑)、撮影を重ねるごとに自分にとってひとつの分岐点になると思える作品だなと感じながら現場に臨んでいました。本当にありがとうございました。

上杉柊平さんのコメント

みなさん本当に4か月間お疲れ様でした。今後自分の中で振り返ったときに、このドラマに出演していたことが自分自身のターニングポイントになると思える作品でした。何より、スタッフのみなさんが連日の撮影で大変な中でもプロフェッショナルな環境を作ってくださったおかげで、芝居に集中することができましたし、その姿がかっこよくて自分も頑張ろうと思えました。本当にありがとうございました。

画像出典「18/40」公式サイト