【17才の帝国】3話のネタバレと感想!山田杏奈の一人二役に反響!

17才の帝国3話

【17才の帝国】3話のあらすじネタバレと感想

主演ドラマ『17才の帝国』第3話が5月21日に放送されました。

放送後、山田奈の一人二役の演技に大反響で…。

今回は【17才の帝国】3話のあらすじネタバレと感想について!

*本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【17才の帝国】3話のあらすじ

3話のあらすじ↓

真木()の改革に、前市長の保坂(田中泯)らが反発し、市議会復活を直談判する。しかし真木は権威に屈せず、サチ(山田奈)と一緒に住民の声を聴き始める。商店街の再開発に反対する鈴原()の「一度失われた風景は取り戻せない」の言葉に感動し、真木はソロンを駆使し再開発の決議を住民投票に託す。ピュアな心で政治に向き合う真木の姿に、魅かれていく平()。真木の志の原点にあるものとは…

【17才の帝国】3話のあらすじネタバレ

住民の声を聴く

真木()の改革で、AI化による職業の合理化が進む。市職員削減を検討する閣議にて、「50パーセント職員削減」のトリ案が採択される。しかし旧守派に味方する照()が「明日から仕事がなくなる、そのつらさが分かってるんですか? 17才の君にクビを切られる人々の痛みが理解できるんですか」と批判。

平()は再雇用の調整もあるので3年間で50%削減を提案。真木は平の案を採択。そして照の指摘も受け入れて、退職勧奨者の全ての面談へ同席すると告げる。人々の声を聴くために。

ありがとうユキ?!

サチ(山田奈)は市職員削減の決定で支持率を落とした真木を心配して「大丈夫だよ。 下がっても きっと持ち直す。」と励ます。だが、その際「ありがとうユキ」と名前を間違えてしまう真木。サチは、真木が自分をユキの代わりとして補佐官に選出したとわかってショックを受ける。翌日以降、ユキは体調不良を理由に閣議を欠席する。

サチの母で中学教師のタエ()もリストラの対象となる。不要なものは切り捨てる、その政策に、住民の不満が噴出。真木の支持率は低下し、総理罷免ラインの30%ギリギリに近づく。

10歳で亡くなった白井雪

そんな中、母のことで真木への不信感を抱いていたサチは、平()とともに真木のある秘密を知る。真木の現在の友人でもあるAI・ユキは10歳で亡くなった白井雪の姿をしていた。唯一、味方になって声を聴いてくれた少女だ。

白井雪の父は鷲田総理()の第一秘書だったが、不正献金疑惑を闇に葬るため、一家心中した。雪も一緒に亡くなった。平は葬儀のとき、泣いていた少年を見かけていた。その彼が少年時代の真木だった。

・・・平は真木と白井雪・鷲田総理の繋がりを知って愕然とする。

3話の結末

一方、サチは雪と鷲田総理の繋がりは知らない。しかし、教師であるサチの母・タエが退職を受け入れたことから、サチは真木に母の退職の取り消しを陳情するため官邸に向かう。熱で寝込んでいた真木に黙って、AI・ユキを呼び出すサチ。すると、サチそっくりのユキ(山田奈)が自分のことを「スノウ」と言って…。

(つづく)

【17才の帝国】3話の感想

山田杏奈の一人二役に反響!

茶川サチ役の山田奈さんが、なんとスノウ(白井雪の姿をしたAI)も演じていました。

一人二役ですね!

本編後のエンドロール(エンディング)ではユキ役として山田奈さんが登場。

まるでMV(ミュージックビデオ)のよう・・・と大反響です。

亡き初恋相手をAIユキとして蘇らせて、話をいつも聞いてもらってたなんて・・・

なんだか切ないというか、センチメンタルな、なんとも言えない感情になりますね。

さあ。残り2話。鷲田総理とのつながりも分かって来て…面白くなってきました。

おそらく平()の決断がキーになってくると思います。次回も注目ですね。

画像出典NHK

コメント