【雪国】のキャスト・登場人物!高橋一生・奈緒で川端康成の名作をドラマ化!

雪国

【雪国】のキャスト・登場人物!

で、ノーベル文学賞受賞者・川端康成の名作『雪国』をドラマ化!2022年春に放送予定です。原作の行間に隠された感情や行動を丁寧にときほぐし、映画テイストあふれる叙情的な映像でも魅せるスペシャルドラマです。

今回は【雪国】のキャスト・登場人物について。


ADVERTISEMENT

【雪国】のキャスト・登場人物

高橋一生(役:島村)

登場人物:島村…主人公。文筆家。親の遺産で自由気ままに暮らしている。東京に妻子あり。1年前に出会った芸者の駒子と親密な仲。

キャスト:高橋一生(たかはし いっせい)…1980年12月9日生まれ。東京都出身。2017年、大河ドラマ『おんな城主 直虎』では政次ロス現象を起こした。NHKでは連ドラ「恋せぬふたり」(2022年1月10日~ 、NHK総合)でも主演を務める。

奈緒(役:駒子)

登場人物:駒子…芸者。

キャスト:奈緒(なお)…1995年2月10日生まれ。福岡県出身。『半分、青い。』で主人公の親友役として出演。『あなたの番です』(2019)の尾野幹葉 役が「怖い」と話題に!以降、映画・ドラマに活躍中。

※駒子のモデルは芸者「松栄」(本名:小高キク)と言われています。
小高キク(こたか・きく)…7歳のころから長岡市や湯沢町で“松栄”の名で芸者として働く。昭和9年川端康成が湯沢町を訪れ、高半旅館・かすみの間に宿泊した際、執筆などの手伝いをし、「雪国」のヒロイン・駒子のモデルになったとされる。15年三条市に戻り久雄と結婚、和服仕立業を営んでいた。

※キャストは分かり次第更新します。

【雪国】のあらすじ

雪国に向かう汽車の中で、島村(高橋一生)は病人の男・行男に寄り添う若い娘・葉子を見る。ガラス窓に映る2人は夫婦のようにも見え、どこかこの世ならぬ幻灯のようでもあった。

そして、宿に入った島村が半年ぶりに再会した駒子(奈緒)は、芸者になっていた。一晩をともに過ごす島村と駒子。翌日、駒子の住む部屋を訪れた島村は、そこで葉子に会う。病の行男も同居しているようだった。

行男と自分が幼なじみであると語る駒子。しかも、駒子が芸者に出たのは、行男の治療費のためだったという。それなのに、なぜ行男に寄り添っていたのは葉子だったのか。

駒子、行男、葉子——。3人を結んでいる糸が次第に明らかになってゆく。だが、すべてが「徒労」であると感じる島村の目に映っていたのは…。

【雪国】の原作

原作は川端康成の小説「雪国」

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という冒頭が有名な作品です。

そもそもトンネルを抜けた先にある雪国とはどこなのでしょうか。

『雪国』の舞台は、新潟県の南魚沼郡にある湯沢温泉がモデルです。

湯沢町に歴史民俗資料館「雪国館」があり、『雪国』関連の様々なものが展示されています。気になった方は訪れてみては?

【雪国】のスタッフ

  • 脚本:藤本有紀(『ちりとてちん』『平清盛』『ちかえもん』ほか)
  • 音楽:三宅純
  • 制作統括:柴田直之(NHK)西村崇(NHKエンタープライズ)大谷直哉(ザロック)
  • 演出:渡辺一貴(NHKエンタープライズ)

【雪国】の放送日

  • 放送日:2022年春放送予定(単発・90分)
  • 放送局:NHK BSプレミアム・BS4K(単発・90分)、NHKワールドJAPAN(英語字幕)…2022年度放送予定(50分×2の前後編) 

当記事画像出典↓
Amazon
舞プロモーション
アービング