【イップス】10話のネタバレ&考察!森野(バカリズム)はイップス治った?

イップス10話
※当サイトのリンクには広告が含まれます
フジテレビ金曜9時の2024年4月期の連続ドラマは、篠原涼子とバカリズムがダブル主演する【イップス】(4月12日スタート、金曜午後9時、初回15分拡大)が登場します。映画「ウエディング・ハイ」(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演している2人ですが、役者同士としては初共演。篠原はミステリー作家、バカリズムはエリート刑事役で、お互いに、ある問題を抱えた“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーです。
この記事では【イップス】10話のネタバレ&考察をお届けします。
イップス

【イップス】はどんなドラマ

小説を書けなくなってしまったおしゃべりなミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を解けなくなった自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いに“イップス”を抱えた2人が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディー!
イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。
2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開け、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。
完全オリジナルストーリーで【古畑任三郎】(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。
そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としては初共演。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。
・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年4月12日スタート
脚本 オークラ 森ハヤシ
音楽 野崎美波
主題歌 AARON『フェイス』
演出 筧昌也
プロデュース 宮崎暖
プロデューサー 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 フジテレビ

【イップス】相関図

イップス

【イップス】10話あらすじ 6月14日放送

 

 

<あらすじ>

あるビルのエレベーター内で、神奈川県議会議員の串鉄昭(三上市朗)が何者かによって射殺される。壁には「令和のねずみ男」を名乗る犯人からの声明文が貼られており、「この男、10年前の剛谷トンネル崩落事故で多くの人間を殺した悪人の一人。法に代わり天誅を下す」と記されていた。 黒羽ミコ(篠原涼子)はこの事件に興味を示すが、森野徹(バカリズム)から「管轄外」と言われてシュンとなる。そんなミコに、森野は相談事を持ちかける。女性にプレゼントを贈りたいのだという。

数日後、都内のホテルの一室で、鍋鳥建設社長の鍋鳥幸三(川瀬陽太)が殺害される。そこにも「令和のねずみ男」による犯行声明文が貼られていた。鍋鳥建設は剛谷トンネルの工事を請け負った会社だが、串鉄に多額の賄賂を贈って工事を受注するも、手抜き工事のせいで崩落事故を引き起こしたという噂があった。

するとそこに、フリーのジャーナリスト・新正誠(野村周平)が現れ、取材をさせろと機動捜査隊の酒井純平(味方良介)らともめ始める。新正は、疑惑があっても裁かれていない権力者らを糾弾する記事ばかり書いている男だった。しかも新正は、警察発表されていない「令和のねずみ男」のことを何故か知っていた。新正のことを調べた森野は、「正義感が強すぎて危険な人物」だと判断する。 そんな折、森野は姪っ子の木原茜(松田るか)に会う。だが実は茜は、新正と恋人関係にあり……。

【イップス】10話ネタバレ!

今回の犯人役は野村周平!

エレベーター内で男性の遺体が見つかる。

書き置きの張り紙があり、そこには「10年前の剛谷トンネル崩落事故で多くの人間を殺した悪人の1人、法に代わり天誅を下す。

令和のねずみ男」と犯行声明が書かれていた。

犯人は新正誠(野村周平)。

犯行を終え、家に帰ると恋人の木原茜(松田るか)が家に来る。

茜は、新正と縁のある、神奈川県議会議員の串鉄昭が銃殺されたことをニュースで知っていた。

イップス10話

スマホだけバスに乗せてアリバイを

茜は、新正がいない間に、新正のスマホのパスワードを開き、東京プリマスホテルの館内図を検索していたことを知る。

新正と茜はスマホで位置情報を共有している。

新正は深夜バスで大阪へ行くふりをして、バスにスマホを置いていく。

そして、東京プリマスホテルへ。ホテルのドアマンになりすまし、トンネル崩落事故の際の建設会社社長の部屋へ。そして、銃を向ける。しかし、二発目が出ず、銃で殴りつけて死なせる。

新正は深夜、茜に誕生日おめでとうとメールを送る。

イップス10話

殺害現場へトンボ帰り

翌朝すぐに新幹線で大阪へ。

スマホをなくしたみたいだと連絡して、茜にスマホの位置情報を調べてもらい、バス会社へ取りに行く。これでアリバイ成立だ。

社長殺害の現場へ、森野(バカリズム)とミコ(篠原涼子)が到着。

そこへ新正が取材をさせろと、やってくる。

新正は疑惑の人物を糾弾するジャーナリストでトンネル事故も記事にしていた。

そして公表されていない、犯人が「令和のねずみ男」を名乗っていることを知っていた。

ミコは、新正がネズミ男だと睨む。

イップス10話

森野の姪の彼氏が!

森野は姪の茜に会う。

彼氏のことで相談がある、と言いながら、ミコも同席していて、帰ってしまう茜。

その後、ミコは茜を見かけるが、一緒に歩いている彼氏らしき人物が新正であることを知り、尾行する。

その後、新正は茜に別れを切り出す。

警察では、新正が大阪へ行っていたことの裏が取れる。

ミコは、森野に連絡。すると、森野は新正の家へ突入を指示する。

ミコは茜に用事があるといい、新正の家へ。

15時に東急プリマスホテルで会ったことを聞き、茜は驚く。

新正は、大阪で午前中に仕事が終わり戻ってきたと主張する。

イップス10話

ねずみ男のクイズ

なぜ、犯人はねずみ男と名乗ったのか。

ミコは新正にクイズを出す。

江戸時代、盗みをして庶民に還元していた義賊の名前は?

「ねずみ男」

「正解はねずみ小僧です。

犯人はねずみ男と勘違いしている。

ちなみに盗んだ金は酒や女に使ってただけ」と指摘。

茜は、新正に女ができたと思い、ミコを連れて家を出ていく。

イップス10話

怒りを露わにする森野

遅れて入れ替わりに森野が来る。

犯人は銃で撃たれた社長をどうして殴ったのか、と質問すると、新正は「一発で死ななかったのでは」。

森野は、普通は殴って怯ませた後に撃ったと思うはずと、不自然な見解を指摘する。

新正は、茜がスマホの位置情報でアリバイを確認しているといい、

森野が茜を呼ぶ。

そしてバスに乗っていたのは、スマホだけ。

メッセージを何度かやりとりしたというが、それはタブレットがあれば可能。

バスの旅が好きだが、茜の誕生日に間に合うように急ぐため新幹線で帰ったといい、バスは快適だったという新正。

しかし、名神で渋滞があり、1時間遅れの到着だったことを新正は知らなかった。

「自分が令和のねずみ男と認めてください。

殺人のアリバイ工作に彼女を利用した。

お前が貫きたい正義って何だよ!」

談合して手抜き工事を認めなかった。

それを暴くためにジャーナリストになったが、ペンの力では及ばず、犯行に及んだことを認める。

「何が天誅だ!

ただの復讐だろ。

人を殺していい理由なんてないんだよ」と怒る森野。

「過去に囚われた人間は今を愛せない。

でもアカネさんのことは大切に思ってたのでは」とミコ。

その後、新正は、ミコの弟で弁護士の黒羽慧(染谷将太)のことも調べていた。そして慧が会った女性が、十字架で殺害されていた。

その現場に、慧が居合わせていたのだが。

【イップス】10話考察&感想

 

ついに、森野(バカリズム)はイップス脱出ですかね。
疑ってるんですか?と言われても
姪っ子をアリバイに利用した犯人が許せなかったのでしょう。
今回はアツい森野でしたね。
そして、犯人役の野村周平。悪役はぴたりとはまりますね。
いよいよ最終回。ミコの弟は、十字架事件の犯人なのか?
真相がついに明かされますね。
記事内の画像出典:フジテレビ「イップス」公式サイト