【優しい音楽】の原作ネタバレ!千波(土屋太鳳)の秘密って何?

優しい音楽
https://www.amazon.co.jp/

【優しい音楽】の原作ネタバレ!

土屋太鳳 主演のドラマ『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』の原作は、瀬尾まいこの小説「優しい音楽」。

家族に彼氏を紹介しない千波(土屋太鳳)の秘密って何?時々おこるデジャヴとは…?

今回は【優しい音楽】の原作ネタバレについて紹介します!


ADVERTISEMENT

【優しい音楽】の原作ネタバレ

ドラマ『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』の原作小説『優しい音楽』のあらすじネタバレです。

千波(土屋太鳳)は秘密がある?

永居タケル(永山絢斗)と鈴木千波(土屋太鳳)は恋人だ。

しかし千波はいつもタケルが家に行くことを嫌がる。タケルは不満だった。

そろろそ彼氏を家族に紹介してくれてもいいのにと思うが、なぜか会わせてくれない。

デートのあと、家の前まで送って行ってもそそくさと家の中に消えてしまう。

どうして千波はタケルを家族と会わせるのを拒むのだろうか…。

タケル(永山絢斗)と千波(土屋太鳳)の出会い

タケルと千波の出会いは、ある日の混雑した駅の構内だった。

千波はタケルの方へ、人をかき分け、迷わずやってきた。

タケルには千波に見覚えがない

しかしそのとてもキレイな女の子は、まぶしそうにタケルを見つめた。

タケル:「どうかした?」
女の子:「えっと、えっとその。私は鈴木千波です」
タケル:「そうですか」
千波:「えっと、ごめんなさい」
タケル:「謝らなくていいんだけど。何か用事?」
千波:「いえ、その、あまりにも、びっくりして…」
タケル:「びっくり?」
千波:「その。とにかく。その、すみません」

タケルは彼女の挙動不審さに戸惑う。

だが翌日も千波はホームでタケルを必死で探している。

ストーカー?キャッチセールス?宗教?…タケルは不審に思って隠れる。

その翌日。タケルから千波に話しかけると、彼女は「一目惚れ」と言ったが、明らかに嘘だった。

千波:「私、怖くないから安心してください」

千波は学生証を見せた。英文科に通う19歳で、女子大の2年だった。

その後。千波は正体を明かしたからか、堂々とタケルに声をかけてくるようになる。

毎朝、電車を待つ10分間だけ、駅で話すようになった。

千波は辞書を3冊持ち歩いていた。和英・英和とドイツ語の辞書らしい。

タケルが23歳と聞き「ぴったりだ」と驚いた。

平日の朝、毎日会っているうちに、タケルは千波を好きになっていった。

けれどデートに誘う と「毎朝会えてるのにナゼ?」と千波は言う。

タケル:「嫌なの?」
千波:「嫌じゃないけど変な感じ」
タケル:「僕はもっと鈴木さんと仲良くなりたいんだ。鈴木さんのこと好きだし」

千波はハッとした顔になった。

千波は、タケルがそんなこと言うなんて「ピンとこなくて、ホントわからなかった」という。

千波:「永居さんってそういうんじゃないから」
タケル:「まあいいや。どうなの?付き合ってくれる?」
千波:「恋人にならないと一緒にいてくれないの?」
タケル:「友達でいたいってこと?」
千波:「別に友達になりたいわけでもないけど」
タケル:「鈴木さん変だよ」
千波:「ごめん」
タケル:「俺だってどうしたらいいか、わかんないよ」
千波:「わかった。恋人になる。永居さんと付き合うよ

タケルは無理矢理かと思ったが、千波は否定する。

千波は「明日から恋人ね」と、にっこり笑った。

千波(土屋太鳳)の努力

千波にとってタケルと恋人になるのは困惑だが、努力しようと思った。

存在を確かめるだけで良かったが、そんな虫のイイ話はない。

タケルとは恋人になるのが一番適切だと千波は思った。

タケルの「仕方ないな」と笑ったとき、千波は「前にもあったね」と言った。

タケルは「デジャヴじゃないの?」と言った。

千波は<デジャヴ>をこれから何回も体験するだろうと思った。

土日のデートも、お互い気を配れるのが上手いからか心地よかった。

しかし初めてのキスのとき、千波は集中できず、うまくいかなかった。

タケルは「僕たちはキスするような関係でもない気がするね」と笑った。

千波は前に男と付き合ったことがあり、キスも性交渉も自然に、段階を踏んで体験したのに…。

千波は、この距離感をどうしたらいいか悩む。

そして次のデートで千波は「そうそう、私はタケル君の味方だよ」と切り出す。

「実は私、書道3算段だからスゴイの」とギャップで魅了させようともする千波。

「会話が取っ てつけたようで変」とタケルは言った。

「これはね、男を虜(とりこ)にする5つのポイントなの」と千波が明かした。

男を虜にする5ヶ条

①:彼女には味方になってほしい

②:彼女には弱いところを慰めてほしい

③:彼女のギャップに弱い

④:彼女の生活をすべて明かさない(秘密に惹かれるから)

⑤:彼女も自分の時間を持つこと。(いつも彼氏に時間を割く女は魅力なし)

タケルは明かしたら「効き目ないんじゃない?」と笑った。

千波の誕生日

やがて千波の20歳の誕生日になった。

タケルは「重そうだから家用に」と3冊の辞書を千波にプレゼントしてくれた。

千波の兄も入学祝いに辞書3冊くれた。

同じことをする人がいたことに千波は驚き、「すごくすごく嬉しい」と喜んだ。

なぜか逆にタケルが「ありがとう」と言った。

「どうしてありがとうって言うの?」千波は聞いた。

タケル本人も「なんでだろうね」と首をかしげていた。

千波とタケルはキスをした。

プレゼントはそっくりでも、今日は千波にデジャヴが起こらなかった…。

千波とタケルが進展

千波とタケルは仲が深まっていく。

デートもあちこち出かけなくなった。2人で話したり触れ合ったりして家にいる方が楽しくなった。

男女の関係にもなって、身体も心も馴染んだ。

千波は思う。動機は不純だったけどタケルの恋人になれて良かったと。

わらび餅を手作りして食べるのは楽しかった。

タケルは、買ってきた寿司すべてに醤油をかけた。生活習慣の違いに驚く千波。

ある日。タケルの太ももの付け根に湿疹ができた。

タケルは千波に見せたくなくて10日間も性交渉をしなかった。

「10日もしてないよ」と千波が問い詰め、湿疹が発覚。

千波は病院から薬をもらってきて、風呂場でタケルの股間を洗って、薬を塗ってあげた。

千波:「家族みたいだね」
タケル:「まさか。母親や妹にだって絶対、俺こんなことできない。千波ちゃんだってお兄さんにこんなことできる?」
千波:「確かに無理。タケル君だからできる…すごいね、恋人って
タケル:「何でもありになっちゃうんだね」
タケル・千波:「愛してる」

千波は「早く治りますように」と言ってタケルの股間にキスをした。

その日は遅くなった。タケルが家の前まで送って「両親に挨拶した方良くない?」と言った。

しかし千波は「タケル君、いい気しないと思う。…父は酒乱で母は酒豪なの」と嘘とわかるようなことを言って断った。

結末

タケルは、付き合って半年。ついに千波の家族へ挨拶に行けることになった。

千波のお母さん(安田成美)はタケルを見るなり固まった

千波のお父さん(仲村トオル)は何も言わずタケルの顔をまぶしそうに見つめた。

両親は、タケルの食の好みや家族構成・趣味などを質問。

両親のそのまなざしは最初の頃の千波そっくりだ。

夕食後。リビングでケ ーキを食べることになって、タケルはピアノの上の1枚の写真を見た。

タケルはその写真をみて、千波がタケルへ近づいた理由、家族に会わせてくれなかった理由、両親の親し気な態度などの疑問が一気にわかった。

タケルは千波に「お兄さんはどこにいるの?」と問い詰めてしまう。

千波は「いない」と言った。

タケルから「一緒に暮らしてるんだろう。どうしていないの?」と聞かれても「いないものはいない」と言い張った。

帰り道。千波がタケルを送った。

千波は、千波が大学入学してすぐに兄が亡くなったことを白状する。

千波は「聞かれなかったから言わなかった」と言い訳した。

「変だと思ったよ」というタケル。

「変じゃないよ。どういう出会いだったら正しいの?…きっかけなんて何でもいいじゃない?」と千波はいった。

タケルは気持ちを整理

タケルは何に腹を立てているのかわからなかった。

翌日千波は駅にいた。タケルとまた会った。

千波は辞書を持ち運んでいた。タケルは大学用と家用のつもりだったが、千波は「合理的なのはつまらない」と言った。(*当記事筆者の注:大学に私物を入れるロッカーってあるのでしょうか?)

タケルは一晩考えて気持ちの整理ができていた。

千波が自分の兄にタケルが似てるから声をかけてきた。それは事実だとしても、今は彼女に愛されている、と…。

千波のお母さんは、タケルに千波の兄の好きなリゾットを出しきたが、タケルは受け付けない

千波のお父さんはタケルと登山へ。けれど、お父さんもタケルが息子じゃないと再認識する。

鈴木家は音楽一家

ある日。千波の家にピアノがあったことから、実は千波の家が音楽一家だとわかった。

ピアノの上のフルートは、千波の兄のもので、千波はピアノ、お母さんがボーカル、お父さんがギターを弾いていた。

しかしもう演奏はしなくなったという。

タケルはお父さんの誕生日を目標に、フルートを買って練習をする。

千波の父の誕生日

千波の父の誕生日当日。

食後。「何か演奏しませんか?」とタケルが切り出した。

タケル:「僕はお兄さんとは違う。似ていることを光栄に思うし、悲しくも思う。ただ僕は千波さんが好きだし、お父さんやお母さんがうれしそうな顔をされるのを見るのは 嬉しい」

今まで、誰も兄・“”の存在に触れなかった。

そのタブーをタケルが崩した。

タケル:「まだ2,3曲しか吹けないので、クランプトンはどうですか?」

千波が時々口ずさんでいた曲 ティアーズ・イン・ヘヴン だった。

「ティアーズ・イン・ヘヴン」(Tears in Heaven)…1992年に発表されたエリック・クラプトンの曲で、亡き息子への鎮魂歌。

タケルのフル ートはひどかったが、みんなの演奏は美しかった。素晴らしかった。

帰り際、お父さんはちゃんとタケルの顔を見て「また来てね。タケル君」と名前を呼んだ。

結末

帰り道。千波は「兄はフルートは吹けなかったわ」と明かした。

フルートを友達にもらったけど難しくて、吹くのを投げ出したのだという。

タケルは意外な事実に、どっと疲れた。

千波は「素敵だった。あんな素敵な曲、お父さんもお母さんも私もきっと聴いたことないと思う」と言った。

タケルはリビングの空気が動き出した気がしていた。

家族がよみがえ ったからじゃなく、新しくなったからだったのだろうか…。

千波:「タケル君は兄とは全然違う。フルートだって吹ける…私、タケル君が好き

タケル:「うん」

嬉しそうな千波に、タケルはうなずいた。(おわり)

【優しい音楽】の感想

千波(土屋太鳳)の秘密って何?

小説『優しい音楽』は、不思議な出会いから始まるラブストーリーです。

千波(土屋太鳳)の秘密は、タケルが兄とそっくりだから近づいたことでした。

私(筆者)は、千波が幽霊かな?タケルの兄弟かな?と当初思ってたのですが、いや違うぞ、と読むうちに思わされます。

なるほど!そういことね!と納得な真相でした。

だから「友達になりたいわけでもない」けど「存在を確かめたい」と思ったのですね(笑)

作者は、表現に気を遣ったことでしょう。

結末に感動

結末は感動しました。

出会いはどうであれ、違いを受け入れて、タケル本人を好きになったってことですよね?

「合理的はつまらない」と、千波が言ってましたが…

不自然な、ちょっと不思議な出会いだったとしても、愛を育めるんだなと心温まりました。

過去にくよくよ悩む私(筆者)なので、今が大事だよ!と教わった気がしました。

ドラマは音楽があるので楽しみ

小説それ自体も素晴らしい出来栄えのヒューマン作品なんですけど、

ドラマは音楽が聴こえるメリットがあります。

クラプトンの曲をぜひ活かして、盛り上げて欲しい!

(瀬尾まいこさん得意の食事シーンは、視覚的に魅了してほしい)

そしてドラマ版は、タケルの方も何やら事情があるようです。

ドラマオリジナルな展開も期待してます♪

【優しい音楽】原作の登場人物

永居タケル(ながい・たける)(演:永山絢斗)…23才。設計事務所で働く社会人。4年も付き合った恋人と別れたばかりのころ、千波に出会う。ピアノが弾ける。※ドラマでは造船所では働いている。

鈴木千波(すずき・ちなみ)(演:土屋太鳳)…女子大の2年生。7月15日生まれの19才。英文科。学籍番号012078。混雑した駅の構内で突然、永居の前に現れた女性。※ドラマでは北鎌倉の洋館に家族と住み、江ノ電でタケルと出会う。原作では地名や電車名は不明。

鈴木誠(すずき・まこと)(演:ー)…千波の兄。フルートを吹く。

千波の母(演:安田成美)…歌を歌う。※ドラマでは鈴木桂子という名。原作では名前が不明。

千波の父 (演:仲村トオル)…ギターを弾く。※ドラマでは鈴木雅志という名で、大学教授。原作では名前や職業不明。

*****

広木克彦(演:佐藤浩市)…ドラマオリジナルキャラクター。タケルが勤務する「広木造船」社長。

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント