『VIVANT』過激な制裁シーンを冒頭テロップで告知!?「絞首刑よりも?」とネット恐怖!

VIVANT
※当サイトのリンクには広告が含まれます

堺雅人主演ドラマ『VIVANT』(TBS)6話にて、過激な制裁シーンがあることを冒頭、テロップで告知していました。前回の「絞首刑よりも?」とネットを恐怖に陥れて…。

今回は『VIVANT』過激な制裁シーンを冒頭テロップで告知!?について。

『VIVANT』過激な制裁シーンを冒頭テロップで告知!?

公式Twitterでも告知がありました。

SNSでは前回の首吊りよりも?という声が↓

過激な制裁の内容とは?

過激な制裁の内容は3つありました。

ひとつはクーダン中央銀行のパウロの両耳や手首から上がテントのメンバーであるギリアムに贈り物として届けられるシーン。

パウロは、誤送金で手に入れたお金やダイヤを現金化する担当者です。

2つ目は拷問され自白に追い込まれたパウロが、首を切られるという映像シーン。

3つ目は…↓

ノゴーン・ベキ(役所広司)が資金着服の部下であるギリアムを日本刀で切り付けて制裁を加えました。会議でのこのシーンも過激な制裁です。

ギリアムとパウロは、最高値で金を売却したものの上への売却は低く報告。つまり嘘をつき、差額を自分の懐にいれてしまいました。ギリアムが折半(せっぱん)にしようとパウロを誘ったようです。

ギリアムは病気の妻がいるとのことですが・・・ベキには許してもらえませんでした。

なかなか、怖いシーンでしたね。

画像出典TBS