【トリリオンゲーム】6話の感想と視聴率!面白い展開にこの先どうなるの?とワクワクの声!

トリリオンゲーム・6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【トリリオンゲーム】6話の感想と視聴率!面白い展開にこの先どうなるの?とワクワクの声!

TBS金曜ドラマ【トリリオンゲーム】6話が8月18日(金)に放送されました。

6話は、ハル(目黒蓮)がメディア帝国を目指し、ガク(佐野隼人)はゲーム開発に挑戦します。

放送後「面白い展開」「この先どうなるの?」の感想が。「蛇島めちゃいい人」と鈴木浩介さん演じるおっちゃんキャラも話題に!

【トリリオンゲーム】6話の感想・視聴率・出演者を紹介します。

【トリリオンゲーム】のネタバレあらすじを最終回まで!原作漫画の結末と違うラストでハルが結婚?
【トリリオンゲーム】のネタバレあらすじを最終回まで!原作漫画の結末と違うラストでハルが結婚?目黒蓮主演・TBS金曜ドラマ【トリリオンゲーム】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで、原作漫画のネタバレと結末、最終回結末について。原作は漫画【トリリオンゲーム】。ハルを目黒蓮、ガクを佐野勇斗が演じるエンターテインメント。

【トリリオンゲーム】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

【トリリオンゲーム】6話のあらすじ

ハルからの誘いでドラゴンバンク社の蛇島透(鈴木浩介)がトリリオンゲーム社のゲーム開発のアドバイザーとして来社する。お金にするためのゲームを思案する蛇島は、桜らに稼げる方法を説明するのだが…。
ハル(目黒蓮)は、芸能界に手を広げようと計画。祁答院(吉川晃司)とともに、芸能プロダクション買収のため奔走する。

【トリリオンゲーム】6話の感想

【トリリオンゲーム】6話の感想を紹介します。

蛇島さんがめちゃいい人

トリリオンゲーム・6話

ハルに誘われやって来た蛇島。ドラゴンバンクの人気ソシャゲの開発者。稼ぐことしか頭にないようなお金の亡者と思われたが、実は、ゲームに熱い思いをちゃんと持っている人。

最初は桜ともバチバチだったけど、ゲームを作る中で、いい関係になっていく。黒龍からのドラゴンバンクに戻るという美味しい話を蹴って、トリリオンゲームを選んだ蛇島。「おっちゃん」と自らを呼び、桜らに「俺達は仲間」と言われ瞳をウルウルさせる姿が素敵。鈴木浩介さん熱演のハマリ役。

今後、蛇島は、桜らとともにゲーム開発をしていくので、先々にも登場すると思われ、楽しみが増えました。

視聴者から「蛇島さんいい人で良かった」「おっちゃん最高」の感想が!

ハルの笑顔が可愛い

ゴップロの株主総会ではハルの計画が大成功。ヒムロが事故の件を持ち出し神を脅しにかける。すべてハルの計画。途中、ハラハラする場面もありましたが、無事にゴップロ買収に成功する。祁答院がハルに「失敗したらどうするつもりだった」と言われも、ハルはガクが自分を突き動かしたという発言。その時、遠くにいるガクを見つめて笑うハルは可愛い。そして、ラスト。トリリオンゲームが大成功を収め、みんなで祝う。ハルはガクに笑顔を向ける。そう、それもまた可愛い。
目黒蓮さんのくしゅっとした笑顔。人たらしのハルだけど、チラリと可愛さが垣間見え、視聴者を魅了。そしてふと思うのです。キリカはハルのこんなところに惚れているのでは、と…。

面白い展開にこの先どうなるの?とワクワクの声!

想像以上にテンポよくストーリーが展開中。面白さは増していき、先が気になって仕方ない。漫画に追いつきそうな勢いで、もしかしたら、オリジナル全開になるかも!?視聴者からも「面白い展開」「この先どうなるの?」のワクワクの感想がたくさん♪♪

主題歌Snow Manの「デンホリ」も話題

主題歌は目黒蓮さんがメンバーのSnow Manの『Dangerholic』(デンホリ)。毎回「いいところでデンホリが流れる」と話題になっています。さらに6話はトリリオンゲーム社の開発したゲームが9月6日にリリースされるというハルの台詞があり、大反響!

9月6日は、主題歌のリリース日。まさかの同日に、感激の声も。偶然じゃなく、これは粋なシナリオといったところでしょう。

6話で2章の【ゲーム&芸能編】は終わり。ソシャゲで成功し芸能プロダクションも手中に収め「何より」ですが、さらなる一波乱が!?次回からは【テレビ編】に突入します。津田健次郎(ツダケン)がゲストというので楽しみ倍増のファンは多し。楽しみな展開ですが、ひとつ気がかりな点が。ハルが現在いないことの原因はまだ不明です。ハルは何をしているのでしょうか。これは最後まで見ないと分からない感じがしますね。

次回は8月25日放送です。

【トリリオンゲーム】6話の視聴率

【トリリオンゲーム】6話の視聴率は、5.0%でした。

【トリリオンゲーム】の視聴率は低い?最新予想と目黒蓮ドラマ『silent』と比較!
【トリリオンゲーム】の視聴率は低い?最新予想と目黒蓮ドラマ『silent』と比較!目黒蓮主演の【トリリオンゲーム】の視聴率を一覧にて紹介!視聴率が低いと話題になっていますが、果たして挽回できるのか?目黒蓮出演の人気を集めた【silent】の視聴率と比較、歴代金曜ドラマ枠、目黒蓮出演作品の視聴率も掲載!

【トリリオンゲーム】6話の出演者

レギュラー出演者
目黒 蓮(Snow Man)…ハル/天王寺陽
佐野勇斗…ガク/平学
今田美桜…桐姫/黒龍キリカ
福本莉子…高橋凛々
竹財輝之助…長瀬忠則
吉川晃司…祁答院一輝
國村隼…黒龍一真
あかせあかり…水樹風華

ゲスト出演者
原嘉孝…桜(トリリオンゲーム社のゲーム開発部員)
前野朋哉…斜森太郎(トリリオンゲーム社のゲーム開発部員)
安斉星来…二葉小梢(トリリオンゲーム社のゲーム開発部員)
小平大智…巨椋優人(トリリオンゲーム社のゲーム開発部員)
曽田陵介…ヒムロ(ゴップロのタレント)
塚本高史…神(ゴップロの社長)
鈴木浩介…鮫島(ドラ娘の制作者)
伊藤正之…金子(金子プロモーションの社長)

【トリリオンゲーム】キャストと相関図!目黒蓮が実写ドラマ化で佐野勇斗と初タッグ!
【トリリオンゲーム】キャストと相関図!目黒蓮が実写ドラマ化で佐野勇斗と初タッグ!TBS金曜ドラマ【トリリオンゲーム】のキャストと登場人物の紹介。主演は目黒蓮。目黒蓮(Snow Man)が主人公の天王寺陽を演じます。相手役の平学に佐野勇斗がキャスティング。漫画の実写ドラマ化。目黒蓮:天王寺陽役、佐野勇斗:平学役、吉川晃司

記事内画像:【トリリオンゲーム】公式サイト