スポンサーリンク

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜のネタバレと感想!犯人は分っていた豊川悦司にモヤモヤ!

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜のネタバレと感想!犯人は分っていた豊川悦司にモヤモヤ!

第2夜(完結編)は事件の真相と真犯人との決着が描かれます。

豊川悦司さん演じる追跡者・保坂は最後に「犯人は分っていた」とも取れる発言をしていましたがその根拠はなんでしょうか。

今回の記事では【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)の視聴率、ネタバレと感想をお伝えします。


ADVERTISEMENT

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)の視聴率

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)の視聴率は分かり次第、お伝えします。

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)のネタバレ

義手の男を追え

3年前、妻・陽子(夏川結衣)殺害の濡れ衣を着せられて死刑判決を受けた加倉井一樹(渡辺謙)。一樹は自らの無実を証明するために逃亡者となり、保坂正巳(豊川悦司)ら警視庁特別広域捜査班の追跡をかわし続けていた。

一樹は漁船に乗り込み東京へと舞い戻っていた。まずは妻を殺害したと思われる左腕が義手の男を捜すことが先決だ。

大久保礼芸(火野正平)が営む古着店で衣服を手に入れ、簡易宿を取った一樹は大学時代の恩師・沢村八郎(山本學)に電話を掛け助けを求める。だが、沢村は自首を勧め協力をしてくれなかった。

次に一樹は大学の山岳部時代からの親友である宮島光彦(杉本哲太)を頼り、金を工面して貰う。その後、その金でノートパソコンも購入する。

疑念

一方、保坂たちは沢村や宮島との接触から一樹が東京に戻ってきたことを突き止める。しかし、東京は大都会であり一樹の行方を追うのは困難、警視庁特別広域捜査班は焦っていた。

保坂「なぜリスクを犯してまで東京に来たのか?」

一樹の行動と彼を逮捕した上司・浅野和志(篠井英介)の捜査の疑念を覚える保坂。

保坂たちは通報してきた宮島と話をする。宮島にも家族があり、自身も罪に問われる可能性があったからだ。

それでも宮島は一樹の無実を信じており保坂たちに告げる。

宮島「一樹はあなた方よりもはるかに頭のきれる男です。」

一樹は空き家になった自宅に戻ってくる。陽子の血や義手の男と争った後は生々しく残っていた。

陽子の笑顔を思い出していると保坂が資料を片手に徹底的に調べ始めた。一樹はベランダから逃亡する。

戻った保坂は部下達に3年前の事件の関係者を洗い出すように指示を出す。

一方、一樹はパソコンで東日本大学病院に義手を製作する工房があることを突き止める。出入りしている清掃員の社員証を偽造していると簡易宿に警察がやってくる。

宿の経営者の息子の覚せい剤容疑だったが一樹は宿から逃走する。

協力者

準備が整った一樹は清掃員に変装して東日本大学病院に侵入、男のおおよその年齢や義手の型などから5人まで絞り込む。

逃亡しようとしたら大勢の患者が運び込まれてきた。どうやら近くのマンションで家事があったらしい。一樹は苦しんでいる子供を見ていてもたってもいられずに診断、カルテのミスも書き換える。

だが、それを医者に見つかってしまい警備員に取り押さえられてしまった。

絶体絶命のピンチだがやってきた女医が「カルテは完璧だった」と庇ってくれたおかげで事なきを得た。その女医は松崎美里()で宮島の後輩と言う。

松崎は宮島から「一樹に協力してほしい」と頼まれていて、自宅に匿ってもらえることになった。

東日本大学病院に保坂たちもやってくる。松崎は「一樹が診断したとしても非常事態だったから気づく余裕は無かった」と誤魔化す。

翌日、一樹は松崎の自宅で話をする。

  • 宮島から上着を預かっていて自由に持っていっていい
  • 彼には妻と子供がいても大切な関係

一樹は松崎に義手の男について絞込みが進んでいることを打ち明ける。

保身に走った者

一方、保坂は刑事部長となった浅野から呼び出され一樹をまだ逮捕できないことを詰め寄られる。だが、保坂は浅野の捜査の杜撰さと出世欲のために資料も書き換えたことを追求する。

  • 壁に残った格闘の後は明らかに2人分
  • 凶器のナイフを(一樹が)2階のベランダから捨てたなら位置がずれる
  • 流産は事件の2年前の出来事、夫婦仲が冷えていたという証言としては乏しい
  • 一樹は優秀な医者であり妻の保険金など当てにしない

現場の痕跡と資料は一致していないことばかり、浅野の主張には根拠が無かった。

保坂「俺は逃げた奴を捕まえるだけだ。」

「だが、奴が何故逃げたのか良く分ったよ。」

出世と保身しか頭に無い浅野の胸倉を掴みながら保坂は吐き捨てる。

有力な手がかり

翌日、松崎が目を覚ますと「上着をお借りします」とメモが残されており、一樹は姿を消していた。

一樹は病院関係者を名乗りリストの人物に電話を掛ける。すでに死亡している人物などを除くと2人まで絞り込めた。

一樹は拘留されている男と面会するが違っていた。保坂も同じ考えてやってきており、一樹は鉢合わせてしまう。

保坂は問答無用で銃を向ける。「大変です銃を持った男が暴れています」と一樹は叫じ、混乱した隙に逃走する。

一樹は最後の一人である大磯智久()の自宅に向かう。留守のようだがある写真が気になり一樹は侵入する。

その写真には大磯と一樹が良く知る人物が共に映っていた。あの時、争ったのは大磯で間違いなかった。さらにオリエンタルという製薬会社のパンフレットが残されていた。

有力な手がかりで一樹は真犯人にたどり着く。

一樹は大磯の自宅から保坂に電話を掛ける。

一樹「謎は私が解きます。」

保坂にそう宣言して一樹は電話を切る。

保坂たちが逆探知して向かうと一樹はもう姿を消していた。受話器は上げたまま、これ見よがしに写真とオリエンタル製薬のパンフレットと一樹は手がかりを伝えているようだった。

そこに大磯が戻ってくる。保坂は一樹のことを聞き出そうとするが「経歴を知ってからものを言えよ」と追い返されてしまう。

その後の調べで大磯は警視総監賞にも輝いたことがある優秀な元警察官であったことが判明する。浅野も義手からたどり着いていたが元警官だったのでろくに調べていなかったようだ。

保坂は念のために部下の近藤俊也(藤本隆宏)と高田栄太(岩男海史)に大磯を張り込むように命じる。

真犯人の正体

一樹は松崎を通じて宮島に電話を掛ける。

一樹「陽子を殺した犯人が分った。」

実行犯は大磯で間違いなかったが、それを操っていた真犯人は同期の医師・石森卓(村田雄浩)だった。

  • 石森と大磯は共に写真を撮るような深い仲
  • オリエンタル製薬は新薬を開発し石森は使っていた
  • だがその新薬には副作用があり自分は見破っていた
  • 一樹が邪魔になり大磯に命じて陽子を殺害、その罪を自分に着せた
  • あの時、自分に手術を代わって欲しいと頼んだのは石森だった

一樹は宮島に石森の居場所を聞きだすも彼はすでに海難事故で死亡していた。

真犯人にはあの世に逃げられてしまったが一樹にはまだやるべきことが残っていた。沢村教授の教え子である若い女性準教授・菅野小百合に協力してもらい自分が副作用を調べた新薬のサンプルデータを調べて貰う。

やはりサンプルデータは副作用が無いように改ざんされていた。

だが、日付は石森が亡くなった三日後であり彼には改ざんは不可能であった。そもそもデータにアクセスできるのは大学病院の人間だけ。本当の黒幕は身近にいるのだろうか。

対決

一方で、保坂、柏木弥生()、鴨井航()は松崎から話を聞く。すでに宮島の愛人であることは調べがついていていた。

さらに保坂は「正直に話さないと関係を世間に公表する」と圧力を掛ける。松崎は宮島から頼まれて一樹に渡した上着にGPSを仕込んだことを認める。

「一樹を助けたかったから」と松崎は信じていたが、柏木は彼女が愛した男の操り人形であることを見抜いていた。

一樹は電車に乗って移動する。そこに張り込みの隙をついて追ってきた大磯が乗り込んできた。大磯はナイフで一樹に切りかかる。

一樹「そうやって陽子を殺したのか!!」

大磯「だったら何だ!!」

2人の拳がぶつかり合い、大磯の義手が外れる。大磯は拳銃を取り出すも一樹は怯まずに非常停止ボタンを押し、急停車で大磯が怯んだ隙に拳銃を奪い向ける。

黒幕の正体

一樹「正直に言え!!」

「全て宮島が指示したのか!!」

一樹はすでに一連の事件の黒幕が宮島であると気づいていた。

  • サンプルデータを改ざんできる人物は限られている
  • 親友だった男に合鍵を渡していた
  • 靴も同じものを簡単に用意できた

親友である宮島なら可能だった。大磯は宮島の関与を認め「殺さないでくれ…」と命乞いをする。

一樹は大磯を銃でなぐり気絶させた後、手錠で拘束する。そして、一樹は大磯の拳銃を手に電車を降りて黒幕の元に向かう。

最終決戦

宮島はオリエンタル製薬の新しい財団の理事に就任し、スピーチを行っていた。

そこに乗り込む一樹。気づいた宮島は逃げていく。さらに保坂たちも駆けつけた。

下へ下へと逃げていく宮島。地下二階の倉庫にたどり着くとブレーカーを落としてしまう。

一樹「何をやってんだ。どうしてだ。」

宮島は一樹の問い掛けに応えず、暗闇に乗じてナイフで襲い掛かる。一樹は間一髪かわすが倒れてきた棚の下敷きになって拳銃を落としてしまう。

宮島「お前は死刑囚、殺しても正当防衛だ。」

「お前はいい友達だったよ。最期を看取ってやる!!」

宮島はトドメを刺そうとする。その瞬間、一発の銃弾が宮島の肩を貫いた。撃ったのは保坂だった。

保坂「俺は少なくともあんたよりは頭がいいよ。」

「初めて会ったときから加倉井が犯人じゃないと理解していた。」

保坂はそう告げると宮島に手錠を掛ける。続けて一樹にも手錠を掛ける。殺人は無実でも逃亡に窃盗、不法侵入と罪は山積みだった。

入り口にマスコミが押しかける中、保坂は一樹に顔を隠す用の上着を差し出す。「私に気づく家族は誰もいない」と一樹は受け取らず、フラッシュを浴びならが車に乗り込む。

保坂「部下達は内緒だ。」

車に乗り込んだあと保坂はこっそりと一樹の手錠を外す。

一樹「俺の知ったことか。」

初めて保坂に追い詰められた言葉で返す一樹。

こうして長い事件は終わりを迎え、2人を乗せた車は夜の東京の街を走るのだった。

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)の感想とまとめ

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)アクションシーンは押さえられて、事件の真相の捜査、真犯人と黒幕の対決が描かれました。

徐々に事件の真相に迫っていく様子と伏線の回収、真犯人の対決と見どころ満載でハラハラするドラマでした。

犯人は最初から分っていた?

最後の真犯人(黒幕)は杉本哲太さん演じる宮島でした。哲太さん、相変わらず犯人役が良く似合っています。

ドラマだと動機が語られませんでしたが、原作では製薬会社から多額の金を受け取っていたからでした。

保坂は最後に「初めて会ったときから加倉井が犯人じゃないと理解していた。」=「犯人は宮島と気づいていた」と取れる発言をしていました。

保坂は優秀ですがその根拠がライターには分らずモヤモヤしてしまいました。

もしかしたら追跡者側を描いたスピンオフ【特別広域追跡班~ヒトリヨガリの科学捜査官~】で描かれるのかもしれません。

このことに関して何か分ったら追記します。

考察を追記

保坂が宮島と初めて会ったときの会話を見返してみましたが、宮島の言動に矛盾は無かったようです。

強いて言えば妻子の下りでしょうか。宮島は通報した理由を妻子のためとし保坂に写真を見せました。

必要以上の語りに保坂は刑事の勘で「怪しい」と感じたのかもしれません。(実際、宮島は松崎と不倫関係にあり妻子を裏切っていました。)

【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜(完結編)の関連記事

逃亡者(テレビ朝日)」配信情報
【逃亡者(テレビ朝日)】は TELASA(テラサ) で配信中です。

さらに第2夜の放送後、主演・ 三浦翔平のスピンオフ【特別広域追跡班~ヒトリヨガリの科学捜査官~】も配信予定です。

全て2020年12月4日(金)の情報です。最新の配信状況、価格については公式サイトをが確認ください。

第1夜<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました