【東京タワー】ネタバレ6話と感想!耕二(松田元太)と喜美子の不倫結末は大修羅場?

東京タワー6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【東京タワー】6話ネタバレと感想!耕二(松田元太)と喜美子(MEGUMI)の不倫結末は大修羅場?
2024年5月25日放送永瀬廉主演【東京タワー】6話のあらすじネタバレ・感想を紹介します。
King & Princeの永瀬廉とTravis Japanの松田元太の共演作。
透(永瀬廉)×詩史(板谷由夏)と耕二×喜美子、2組の不倫恋愛を描く江國香織小説をテレビ朝日オシドラサタデー枠で放送。6話は耕二(松田元太)と喜美子の怖すぎる不倫恋愛を描きます。

【東京タワー】6話ネタバレと感想をお届け!

【東京タワー】ネタバレあらすじ全話!原作小説と違うドラマの結末予想!永瀬廉主演

ドラマ【東京タワー】キャスト相関図!永瀬廉主演で実写化・登場人物一覧まとめ |

配信情報:動画配信「TELASA(テラサ)」では、オリジナルスピンオフドラマ【東京タワーアナザーストーリー】を配信中です。透と耕二の高校時代を描いた「第2話高校生編」が大好評です。

【東京タワー】6話のあらすじネタバレ

耕二(松田元太)の不倫恋愛がとんでもない展開に!修羅場の前触れを描く恐怖のストーリーです。

【東京タワー】6話のあらすじネタバレを紹介します。

 あらためて、浅野詩史(板谷由夏)といる時間に言いようのない幸せを感じるほどにのめり込んでいく小島透(永瀬廉)。その夜も、透を残し夫のもとへ帰ろうとする詩史から、唐突に「来月、軽井沢の別荘に行かないか」と誘いを受ける。透は、初めて一晩中一緒にいられることに喜びを噛みしめ、胸を躍らせる。

 一方、川野喜美子(MEGUMI)との情事を娘の比奈(池田朱那)に目撃されてしまった大原耕二(松田元太)。比奈からスマホで撮影した2人の動画を見せられた耕二は、喜美子には言わない代わりに「私と付き合って」と迫られる…! 困り果てた耕二から相談を受けた透は、比奈に知られてしまったことよりも、「もう喜美子に会えなくなるかも…」と切なそうな表情を浮かべる様子に、思っていた以上に真剣な思いを垣間見る。
 しかしそんな耕二の思いを知る由もない比奈は、大学の教室にまで現れ、「私とも寝てよ」と、再び耕二に迫る! 透にも助けを求め、もう喜美子にも全てを打ち明けて終わりにしようと心に決める耕二だったが、すでに事態はそう簡単には片付かないところまで進んでいて…!?

ドラマ【東京タワー】公式サイト

耕二と喜美子の不倫現場を動画に撮る比奈

東京タワー6話ネタバレ

詩史(板谷由夏)から軽井沢に行こうと誘われる透(永瀬廉)。

「昼間からお酒を飲んでゆっくり過ごしましょう」

詩史さんと一晩中一緒にいられる。透は嬉しさでいっぱい。

一方、母の喜美子(MEGUMI)と耕二(松田元太)の不倫現場を目撃した比奈(池田朱那)は、それを動画に撮りその場を離れる。

なかなか帰って来ない比奈を心配する喜美子と耕二。

喜美子は夫が帰ってくるからと耕二に帰るように促す。

おれはお邪魔虫かよとふてくされて歩く耕二の前に比奈が現れた。
動画を見せ「こんなことしてたんだ。なにこれ、不倫だよね。お母さんには言わないでおく」と言う。

条件は比奈と付き合うこと。

「私、耕二君のことが好きなの」という比奈は怪しく笑う。

耕二に肉体関係を迫る比奈

東京タワー6話ネタバレ

耕二は透に相談する。
ヒステリックな喜美子には言えないという耕二。
比奈に謝って許してもらうしかないだろうとアドバイスをする透。

比奈は大学にまで現れ「私と付き合って」と言い出す。耕二は土下座をして「喜美子さんには会わない。だから動画を消してくれ」と懇願。

比奈は耕二に肉体関係を笑って求める。
「大好きだよ、耕二君」という比奈に耕二は恐怖を感じる。

何も知らない喜美子は耕二に会いたい想いが募り、耕二の家の近くにまで来ていた。「夕飯を作る」という喜美子に「頼むから構わないでほしい」と言う耕二。
耕二は喜美子を拒絶し家に駆け込む。

「どうすりゃいいだよ」とベッドに倒れ込むとそこに比奈がいた。

比奈は合鍵を作って入り込んでいたのだ。
比奈は「早くセックスしよう」とブラウスを脱ぎ耕二に迫る。

耕二は透に助けを求める。
急いでやってきた透は比奈を説得しようとするも、比奈は帰らずベッドで眠ってしまう。

透は思う。
不倫の代償、いつか僕にも待ち受けているのだろうか。

耕二と森山由利(なえなの)のデート現場にも現れる比奈。

耕二は思う。
「どうして俺は由利だけを愛せなかったのだろう」

耕二は比奈に帰るように頭をさげる。
由利にお母さんのこと知られるのが怖い?だったら最初から浮気なんかしなければいいのに、と最もなことを言う比奈。

耕二は頭を抱える。
由利は比奈に紹介してもらえなかったことに腹を立てる。
耕二はここでも「ごめん」と頭を下げる。

俺は初めて知った。こんなにも無力で情けない男だと

結末:耕二と喜美子の不倫恋愛に修羅場!?

透は比奈に会う。

「別に解決したいわけじゃない。ぶっ壊してやりたい。不倫した人間が幸せになるなんて有り得ないでしょ」

耕二を許してやってほしいという透に「私が許せないのはお母さんだよ」という。

比奈は耕二を恨んでいるわけではなかった。

それを知った耕二は自分が恨まれたほうがよかったと思い、喜美子を心配する。

一方、浅野秀雄(甲本雅裕)は、透がプレゼントしたピアスを見て「それどうしたの」と詩史に訊ねる。詩史にしては「可愛い」ピアスだったからだ。

透「詩史さんと僕の未来は明るい未来であってほしい」と願う。

すべて喜美子に話して終わりにしようと考えていた耕二が帰宅すると、そこには喜美子、由利、比奈がいた。

「助けて」
透のスマホに耕二からのSOSが。

【東京タワー】6話の感想

【東京タワー】6話の感想を紹介します。

耕二役の松田元太「ハマリ役」

追い詰められる耕二を松田元太さんが好演。苦悩の表情もよく、いつしか喜美子のことを本気で好きになっていた耕二の繊細な心のひだを演じあげています。
それにしても耕二はモテモテです。女3人を泣かせちゃう耕二って相当な魅力の持ち主です。松田元太さんハマリ役ですね。視聴者からも絶賛の声が寄せられています。

耕二と喜美子の不倫結末は大修羅場?

比奈がめちゃくちゃ怖かったですね。母を恨むのは当然ともいえますが…。
かなり怖い展開になってきました。ラストに女3人が揃ってるって恐怖でしかないですよね。これ、原作にはない展開です。これはもう待っているのは修羅場でしかありません。

結局、耕二は女3人と別れることになりそうな予感がします。

【東京タワー】6話ネタバレと感想のまとめ

【東京タワー】6話のあらすじネタバレ(耕二と喜美子の不倫恋愛ストーリーなど)
【東京タワー】6話の感想(松田元太ハマリ役など)
以上を紹介しました。

耕二の苦悩を描いた6話。この先耕二が気になります。
原作の耕二は懲りずに次の恋をしますが、果たしてドラマはどう描くのでしょうか。
次回も楽しみです。

次回は透と詩史さんの軽井沢デートです。お楽しみ♪♪

記事内画像:【東京タワー】公式サイト