【TOKYO MER~隅田川ミッション~】のネタバレと視聴率!青戸(伊藤淳史)が「いい人」で大好評!

TOKYO MER SPドラマ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】のネタバレと視聴率!

主演の【TOKTO MER】のスペシャルドラマ版が4月16日(日)に放送されました。

放送後、ポンコツ医師・青戸()が実は「いい人」で視聴者から大好評!

今回はスペシャルドラマ【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の視聴率・あらすじネタバレ・感想について!

【TOKYO MER】の動画はParaviで配信しています。
※本ページの情報は2023年4月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の視聴率

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の視聴率は分かり次第お知らせします。

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】のあらすじネタバレ

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】のあらすじネタバレです。

比奈のミス

「TOKYO MER」の正式認可から半年。全国の政令指定都市にMERを展開するため、チームを去ることになった音羽()の代わりとなるセカンドドクター問題に喜多見(鈴木亮平)は頭を悩ませていた…。

その日は喜多見の元妻・高輪千晶()の誕生日。喜多見は自宅で、赤塚知事()の助言を受けながら、告白の練習をしていた。しかしMERに出動要請が来る。喜多見は千晶に電話で「おめでとう」と伝えて災害現場へ向かう。

MERが出動。研修医の比奈(中条あやみ)が現場リーダーとなって対応する。しかしビルの中で落下物に当たり、右腕を負傷。それでも「TO1(オペ室搭載車両)」内で緊急手術を買ってでるが、右腕が言うことを聞かない。そんな時、喜多見が到着して執刀医を代わる。そして無事に手術は成功した。

その後、比奈は自分の判断の誤りを喜多見に指摘され、認めざるを得なかった。応急処置をして救急搬送すべきだったのだ。

青戸(伊藤淳史)がMERに

東京海浜病院の医師で、MERのセカンドドクターに名乗りでる者はいなかった。MERメンバーからは比奈の昇格を望む声も上がるが、音羽は比奈に循環器外科の道に進むべきだと断言。比奈も音羽の代わりになれるのかとプレッシャーを感じ、悩んでいる。

そんな中、サポートドクターとして青戸(伊藤淳史)がMERにやってくる。青戸は音羽と同じく厚生労働省の医系技官だ。

だが、青戸はポンコツ医師だった。

厚労大臣の蒲田(鴻上尚史)は青戸の実力不足を分かってて、あえてセカンドドクター候補として派遣した。派遣されている間に、青戸がミスをしてMERが潰れてほしいという思惑があるのだ・・・。

屋形船の衝突事故

そんな矢先、隅田川で大型水上バスと屋形船の衝突事故が発生。多数の負傷者を乗せたまま、コントロールを失った屋形船は暴走。

MERのメンバーたちは現場に急行。先に、千住()らレスキュー隊が船へ乗り込む。しかし船底内部での燃料漏れにより、多くの患者を乗せたまま爆発する可能性が発覚!

喜多見たちは船内の映像を見ながら、取り残された人々のトリアージをしていく。すると比奈の元担当患者・胡桃(くるみ)とその母親が被害者の中にいた。胡桃は先日手術をして退院したばかりだ。人工血管からの出血も見られた。

喜多見は危険を顧みず、爆発の危険がある屋形船へと乗り込む。

一方、MERカー「TO1(オペ室搭載車両)」に船長の男性が運ばれてくる。音羽がテント内で患者の処置をしているため、青戸がオペを担当。だが、オペ中に患者が出血をするが、手が震えて出血点を確認できない。そんな危機的状況に、比奈が現れて執刀を代わる。

やがて音羽が「TO1」にやってきて、執刀を代わる。比奈は胡桃に必要な医療器具を持って、青戸が運転するバイクに乗せてもらって移動。

橋で、比奈は器具を落としてレスキュー隊に渡す予定だったが、喜多見が煙の中でむせながら親子2人を診ているのを無線で聞いて・・・橋から船へと飛ぶ!

比奈は無事だった。そして船内に駆け付けて、胡桃のことを助けに入る。そして命を救う。

結末

船長の執刀は終わり、無事に搬送へ。青戸はMERカーに戻り、音羽に代わって手術室の消毒を懸命にする。音羽はオペの準備に入る。

その後、胡桃ちゃんを海上保安庁の助けを借りて、屋形船から最短距離で岸のMERカーに運ぶ。オペを実施する喜多見、音羽、比奈たち。

喜多見たちは見事に胡桃ちゃんの命を救った。

危機管理対策室では、「死者はゼロです」の報告がなされ、歓喜。一方、蒲田大臣は悔しがる。

赤塚都知事(石田ゆり子)は密かに勝ち誇った。

夜。青戸は差し入れを持ってきた。そして比奈のことを<研修医扱い>したことを謝罪。「まだ全然です」という比奈。

喜多見は他のMERメンバーや消防の名前を挙げて、「医者の力だけじゃないんですね。」とTOKYO MERに関わるみんなの力だと誇った。

その後、蒲田大臣がお金の問題で辞任した。青戸が告発したのだ。青戸は地元に戻って研修医からやり直すことにした。医者でありたいと思ったという。

ある日の会議で、比奈がMERのセカンドドクターに立候補する。MERの仲間たちも太鼓判を押して、決定に至る。高輪は残念がったが「応援する」と最後は背中を押す。

MERのスタッフルームにて。喜多見は音羽にこれまで助けられたことを感謝し、「最高の仲間でした」と告げる。

音羽は相変わらずツンデレで当然のことをしたまでだという。喜多見の握手を拒否し、他のMERがライバルになるかもしれないと告げる。だが、音羽は去り際、比奈が後任に適任だと伝えた。

1年半後。YOKOHAMAのMERカーの前に音羽がいた。そこへ久我山(鶴見辰吾)がやってきて、この車の性能を誇らしげに語る。だが、高性能のMERカーを誰が使いこなすのか。チーフの鴨居友(杏)が日本についたという。久我山曰く、鴨井は「昔のこれ」(小指=恋人)らしい。音羽は鴨居なら使いこなすと誇る。

(おわり)

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の感想

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の感想です。

青戸(伊藤淳史)が「いい人」で大好評!

ポンコツ医師の青戸が実は「いい人」でした。批判してごめんね!と多くの視聴者も謝っていました。(笑)

やってみたけどダメだと分かったら、自分の実力不足を認めて、自分ができることをやる。比奈先生にもちゃんと素直に謝る。…これってプライドが邪魔してしまって大人になると、なかなかできることではありません。

バイクでの移動を買って出たり、消毒・清掃を率先してしたり…。見習いたいなと思わされましたね。

そして弦巻比奈先生の成長とTOKYOMERセカンドドクター就任までが描かれたスペシャルドラマ版。ちゃんと物語としても意義があって、ただの続編ではなくて、ファン必見な回でした。

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の出演者

【TOKYO MER~隅田川ミッション~】の出演者↓↓

  • 鈴木亮平…役:喜多見幸太
  • 賀来賢人…役:音羽尚
  • 中条あやみ…役:弦巻比奈
  • 要潤…役:千住幹生
  • …役:冬木治朗
  • …役:徳丸元一
  • 佐藤寛太…役:深沢陽斗
  • フォンチー…役:ホアン・ラン・ミン
  • …役:蔵前夏梅
  • 伊藤淳史…役:青戸達也
  • 鶴見辰吾…役:久我山秋晴
  • 鴻上尚史…役:蒲田三郎
  • …役:駒場 卓
  • 仲里依紗…役:高輪千晶
  • 石田ゆり子…役:赤塚 梓

画像出典「TOKYO MER」HP