【特捜9season6】の第4話のここに注目・いじめが背景の事件の中、矢沢の息子福太郎が万引!

特捜9
※当サイトのリンクには広告が含まれます
2023年4月からテレビ朝日系水曜ドラマ【特捜9season6】が始まりました。難事件に挑む個性派刑事たちの活躍はもちろん、背景にあるそれぞれの人生模様を描き上げてきたシリーズ。『警視庁捜査一課9係』(2006年スタート)時代から17年間、ともに過ごしてきた“家族”のような特捜班は、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)ら個性派刑事の捜査をまとめる主任として、そして昨シーズンより加わった若手警察官・三ツ矢翔平(向井康二)、高尾由真(深川麻衣)の先輩として、井ノ原演じる浅輪直樹が引き続き活躍します。
この記事では【特捜9season6】の第4話ネタバレ&あらすじをお届けします。

特捜9season6

特捜9】配信情報
【特捜9】シリーズを視聴するなら、U-NEXTがオススメ。
※本ページの情報は2023年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。

【特捜9season6】4話はこんなお話

住宅街にある階段の植え込みから、弁護士・上原弦太(平埜生成)の遺体が見つかり、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が臨場する。被害者は何者かに殴られた勢いで転落し、頭部を打ったものと思われた。そんな中、青柳靖(吹越満)が植え込みの中から、小さなバッジを発見。現場近くの私立高校の校章だとわかる。
もしや生徒による犯行なのか…!? 直樹たちが副校長・下川修三(佐伯新)に事情を聴いたところ、上原は学校で起きた問題に法的立場からアドバイスする“スクールロイヤー”を務めており、最近ではダンス部のトラブルに対応していたことが明らかになる。ダンス部顧問・石上仁美(吹越ともみ)によると、1カ月ほど前から校外の練習場所に部員たちの活動をのぞき見するような不審人物が現れるようになり、上原に相談し追い払ってもらったという。だがその際、男ともめたようで、以来、上原はダンス部の放課後練習を毎日のように見張っていたらしい。
その矢先、現場に落ちていた校章バッジは、足のケガで休部中のダンス部部長・畑中美玖(長澤樹)のものと判明。美玖はどこで校章を落としたのかもわからないと関与を否定するが、やはりダンス部が事件と関係しているのか!? それとも上原を逆恨みした不審な男の犯行なのか!?

【特捜9season6】4話のここに注目!

スクールロイヤーが殺害される!

浅輪(井ノ原快彦)が現場へ駆けつける。死後半日、男性の遺体があった。

身元は弁護士の上原。携帯が見つからないが、近くの豊並高校の校章バッヂが落ちていた。解剖の結果、死因は殴られた勢いで、階段を転落したとみられ、手の爪に繊維片がついていた。

上原はスクールロイヤーで午後7時ごろ学校を出た。常勤の義務はないが、ここ2週間は毎日来ていたという。

副校長の下川に話を聞くが、スクールロイヤーは保護者を安心させるただのパフォーマンスで、問題が起きたわけではない。

しかも、実務的なことは何もしていないというが、浅輪は、何かを隠している雰囲気を嗅ぎ取る。

特捜9

 

現場に落ちていた校章バッヂの持ち主は

校章バッヂをつけることは校則で厳しく、失くした生徒が購入していたことが判明する。ダンス部の3年生だという。

上原のパソコンはロックがかかっていた。

教員の石上が相談に乗ってほしい、と青柳(吹越満)に近寄ってくる。石上は、練習場所に不審な男がよくきており、上原に相談した。2種間前に、上原が男に話をしに行き、ふざけるなと掴み掛かられているのを目撃しており、何かあったのではrと話す。

上原の弁護士事務所の上司は。やる気のないタイプが急にやる気を出していたが、副校長からは代えてくれ、と言われていたという。

その際、上原は隠蔽しようとしているだけだと、話していた。

特捜9

何かを隠している副校長

バッチを買ったのはダンス部部長の畑中(長澤樹)。

最近は部活を部を休んでいる。

部員たちは畑中が殺してたらどうする?などと噂をしている。

パソコン復旧すると、副校長のパワハラを訴えるデータが多数出てきた。繊維片はウール生地でグレー。副校長のカーディガンか。

矢沢(田口浩正)は息子福太郎が万引きしたことを青柳に相談する。魔がさしたというが、女の子が使うリップクリームだった。

青柳は、親としては寄り添うしかないが、刑事としては見過ごせないね、と話す

畑中に話を聞く浅輪。しかし、バッヂ失くしただけでなぜ、と拒絶反応を見せる。

不審な男は上原の中学の同級生だった。

上原にカンニングの濡れ衣を着せられた過去があった。

謝罪を受けたが、部活でいじめがあることを伝えると驚いていた。

特捜9

携帯を持っていたのは

副校長が自身のパワハラを隠蔽するために、上原を代えようとしていた。しかし、上原の携帯が見つからない。

副校長に会い、浅輪は携帯が見つからないが、上原は電源を切ってても見つかるアプリを入れてたらしいと一芝居打つ。

副校長はゴミ箱に捨てようとするが、国木田(中村梅雀)がその場面を抑える。

副校長は亡くなる直前に、上原に電話をしたが、

階段で見た時にすでに死んでいたという。

携帯を奪い、パソコンのデータを消去した。

畑中の母親が、上原弁護士と揉めていたと話す。

母はいじめをした全員退学にするようにアピール。

上原は、娘が何を望んでいるかわかりますか?と言い、

口論になっていたのだが。

特捜9

 

母の犯行ではと、気にする娘

畑中は一人で踊っていた。

浅輪は、君のお母さん犯人じゃないと告げる。

母にはアリバイがあった。母のことを心配していた。

畑中が部長になったことで部の雰囲気が悪くなり、ケガを理由に休むようになり、退部届も、ダンス部を守るためだった。

事件当日の夜は、上原に階段で話しかけられていた。

母に自分の気持ちを伝えるように、言われたが、遠巻きに母の

カバンが見え、走り去ったという。

母と同じカバン、グレーの繊維片も同じ。

それは教員の石上だった。

貯金がないのに、部費を使い込んで借金を返した。

いじめを知ってて、畑中に濡れ衣を。

それを上原に気づかれたと思った。

学校長には黙っておいてほしいと伝えたが、

上原は生徒の人生がかかっている、と副校長に電話をしようとした際、背後から石で殴りつけたのだった。

畑中は、もう諦めないと浅輪に言い、ダンス部に復帰するのだった。

【特捜9season6】4話の感想とまとめ

今回はちょっといじめ要素が絡んだ学園が舞台の事件でした。

そんな中、矢沢が、青島に息子の悩みを相談。息子が万引きしたというのですが、これもいじめが関係しているような。幸せな家族像の矢沢にもこんな悩みが。

この先、ストーリーの伏線になりそうな予感ですね。

 

記事内の画像出典:「特捜9season6」公式サイト