【すきすきワンワン!】のあらすじネタバレ・キャスト・相関図!原作結末と最終回まで!岸優太と浮所飛貴がBL!?

すきすきワンワン
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【すきすきワンワン!】のあらすじネタバレ・キャスト・相関図!原作の結末と最終回まで!岸優太と浮所飛貴がBL!?

岸優太主演ドラマ【すきすきワンワン!】の最終回までのあらすじネタバレとキャストと相関図をまとめていきます。

2023年冬の日本テレビシンドラは、キンプリの岸優太さん主演の【すきすきワンワン!】を放送!

岸優太さんが主人公のクズ男=雪井炬太郎を演じ、そのクズっぷりが話題に!

炬太郎の愛犬が人間になって戻ってきたという奇想天外な物語で愛犬役の美少年の浮所飛貴さんには「カワイイ」の声が殺到中です。

「もしかして、BLなの?」と話題の【すきすきワンワン!】。

甘い恋愛シーンはあるのでしょうか。
放送後には甘い見どころシーンもご紹介!

日本テレビ【すきすきワンワン!】のあらすじ・ネタバレ・キャスト・相関図・原作の結末・最終回放送日などを紹介します。

ドラマ【すきすきワンワン!】
キャスト・出演者 岸優太、浮所飛貴、伊藤篤志、桜田ひより、おいでやす小田
主題歌

We are young(King & Prince)

原作 なし
脚本 水橋文美江
監督 中島悟、丸谷俊平
放送日 2023年1月23日スタート 毎週月曜深夜0:59 - 1:29(日本テレビ系)
公式情報 【すきすきワンワン!】公式サイト
公式Twitter公式Instagram
目次
  1. 【すきすきワンワン!】のあらすじネタバレ
    1. 全体のあらすじ
  2. 【すきすきワンワン!】第1話あらすじネタバレ
    1. 1話のあらすじ
    2. 1話のネタバレ
  3. 【すきすきワンワン!】第2話あらすじネタバレ
    1. 2話のあらすじ
    2. 2話のネタバレ
  4. 【すきすきワンワン!】第3話あらすじネタバレ
    1. 3話のあらすじ
    2. 3話のネタバレ
  5. 【すきすきワンワン!】第4話あらすじネタバレ
    1. 4話のあらすじ
    2. 4話のネタバレ
  6. 【すきすきワンワン!】第5話あらすじネタバレ
    1. 5話のあらすじ
    2. 5話のネタバレ
  7. 【すきすきワンワン!】第6話あらすじネタバレ
    1. 6話のあらすじ
    2. 6話のネタバレ
  8. 【すきすきワンワン!】第7話あらすじネタバレ
    1. 7話のあらすじ
    2. 7話のネタバレ
  9. 【すきすきワンワン!】第8話あらすじネタバレ
    1. 8話のあらすじ
    2. 8話のネタバレ
  10. 【すきすきワンワン!】第9話あらすじネタバレ
    1. 9話のあらすじ
    2. 9話のネタバレ
  11. 【すきすきワンワン!】最終回あらすじ・ネタバレ
    1. 最終回のあらすじネタバレ
  12. 【すきすきワンワン!】のキャスト
    1. 岸優太/伊藤篤志 役:雪井炬太郎(ゆきいこたろう)
    2. 浮所飛貴 役:木ノ宮天(きのみやてん)
    3. 桜田ひより 役:森川澪央
    4. おいでやす小田 役:柿田
    5. 前原滉/亀井海聖 役:比嘉光太郎
    6. 松本まりか 役:湊エリー
  13. 【すきすきワンワン!】の相関図
  14. 【すきすきワンワン!】の原作(漫画)結末は?
    1. 脚本家: 水橋文美江(みずはしふみえ)
  15. 【すきすきワンワン】の最終回ネタバレ・考察と予想
    1. 最終回までのネタバレポイント
    2. 最終回はハッピーエンド!?
  16. 【すきすきワンワン!】の見どころ
    1. 主演:岸優太の魅力
    2. 共演:浮所飛貴の癒し
    3. キスシーンはある?
    4. 最終回までの見どころネタバレ
  17. 【すきすきワンワン!】の最終回はいつ?
  18. 【すきすきワンワン!】のスタッフ
  19. 【すきすきワンワン!】の主題歌はKing & Prince!
  20. 【すきすきワンワン!】の見逃し配信

【すきすきワンワン!】のあらすじネタバレ

本記事ではドラマ【すきすきワンワン!】のあらすじとネタバレを最終回まで紹介します。

Q
【すきすきワンワン】の内容は?
A

ドラマ【すきすきワンワン!】は、今どきのクズ男=雪井炬太郎(岸優太)が昔飼っていた愛犬(浮所飛貴)と再会し、愛し愛されていく感動の物語です。

全体のあらすじ

主人公は、夢もなく、欲もない人生を諦めモードの雪井炬太郎(岸優太)26歳。

勤めていた会社も“なんとなく”辞めてしまい、自堕落な生活を送る。
そんな炬太郎の前に、元飼い犬の『てん』だと名乗る謎の男・木ノ宮天(浮所飛貴)が現れた。

天はどうみても普通の男。
犬であるわけはなく、そもそも、スピリチュアルなことは一切信じない炬太郎は、再会を喜び距離を縮めてくる天を拒もうと試みる。
ところが、天は明らかにてんではないかと思えることが。

・宝物の首輪
・小さかった頃の思い出
・てんにだけ話した悩み事

など、天は“てん”にしかわからないことを次々と言いあててきたのだ。

徐々に信じざる得なくなっていく炬太郎の複雑な胸の内を気にするもなく、天は再会に感動し、しっぽを振るように興奮。

・あの頃の輝いていたご主人様=炬太郎に戻って!
・僕は炬太郎のためならなんでも出来る!
・ご褒美になでなでしてください!
・一緒にお風呂に入ろう!

と、やたらとおせっかいと、強烈なスキンシップをかけてくる。

最初は天を鬱陶しく思っていた炬太郎だが、自分のためにとひた向きに尽くす天に、次第に癒されいく。
そして、心奪われていき……。

【すきすきワンワン!】第1話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
1月23日放送 『犬、生まれかわる』

1話のあらすじ

無職で無気力の炬太郎(岸優太)は、散らかり放題の部屋で、起きて食べて寝る、というダメ生活を送っていた。
そんな炬太郎の前にある日、謎の男・てん(浮所飛貴)が現れた。てんは「僕はあなたの元愛犬でした」と名乗る。さらに、てんの口からは、炬太郎の子供時代の「てんしか知らない真実」が飛び出す。本当に?と思いながらも信じざる得ない炬太郎。
こうして、ダメ男の炬太郎と元愛犬だというてんとの不思議な同居生活が始まる。

1話のネタバレ

モンモンでは、犬が亡くなったらしっぽを切り取って丘の上に埋めると人間に生まれ変われるという言い伝えがある。
炬太郎(岸勇太)は祖母からその話を聞いていた。

愛犬のてんが亡くなった14年後。
1戸建ての家の主の炬太郎は下宿人をさがしていた。その家賃収入で生活するのが目的。不動産屋の柿田(おいでやす小田)の紹介で下宿人として現れたのが木ノ下天(浮所飛貴)。
天(てん)は「多くを望まずそこそこの収入で生きていければいい」と言う。それは、炬太郎の考えと同じ。ただし、違う点がひとつ。天は「炬太郎君さえいればいい」というのだ。

愛犬だと名乗る天(てん)はあれこれと炬太郎のことを言い当ててくる。祖母の言い伝えのことも話す。モンモンというのはモンゴルのことで、炬太郎はうまく言えずにモンモンと言った事も知っていた。
そして、庭にある物を埋めたことを言ってくる。それは誰も知らないことだ。

炬太郎は庭をほりおこす。出てきたのは、てんのあひるのおもちゃ。天はそれも言い当てる。
炬太郎はその頃、野球チームに入っていた。しかし、万年補欠。もう野球なんてやめてやると思った炬太郎は、庭に野球ボールを埋めた。しかし、後悔をして野球ボールを掘り出し、てんのおもちゃを埋めたのだった。犬のてんは、その一部始終を見ていたのだった。

「こたくん、僕のことを信じてくれますか」いう天(てん)。炬太郎は天のことを認め「一緒に暮らそう」と笑顔になる。

実は、炬太郎はてんが亡くなった時、大好きなてんのしっぽを切ることはできなかった。それでも、てんが会いに来てくれることを願っていた。そうすれば、自分はもう一度、小学生の頃のように『頑張れる自分』になれると思っていた。

てんは保護犬だった。そのてんを選んでくれたのが炬太郎だった。
てんにとって炬太郎は命の恩人。そして、人のあたたかさを教えてくれた唯一の人。てんは炬太郎が大好きだから会いにきたのだった。

ふたりの生活が始まる。
天(てん)は炬太郎の寝顔をみて「ぺろぺろしたい」と顔を近づけじゃれまくる。

<続く>

【すきすきワンワン!】第2話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
1月30日放送 『犬と元カノ』

2話のあらすじ

元カノの森川澪央(桜田ひより)に未練タラタラの炬太郎(岸勇太)は、借りたお金も返さず連絡も無視していた。
炬太郎は「お金を返してしまったら、今後電話もメールも来なくなって完全に終わってしまう」という屁理屈をこねる。そこに澪央との唯一の繋がりを感じている炬太郎を見かねた天(てん・浮所飛貴)は、澪央とちゃんとケジメをつけるようにと促す。しかし、炬太郎は踏み切る勇気が出せない。
実は、その思いの裏には、炬太郎なりの澪央への思いがあったのだ。

2話のネタバレ

天(てん・浮所飛貴)は洗濯物たたみ部屋を片付け綺麗にするが、炬太郎(岸優太)は落ち着かない。散らかった部屋のほうが居心地がいいのだ。わざわざ、綺麗になった部屋を散らかしてしまう。
そんな中、てんにお届け物が届く。中身は食べ物らしいのだが……。

澪央桜田ひより)へお金を返さない炬太郎はてんに自分の思いを打ち明ける。

澪央との出会いは大学のコンパ。
ひとりの女子が「彼氏にふられた」と遅れて入ってきた。周りはその女子を慰めるのに必死。そんなとき、炬太郎の前にいた澪央「あーゆうコ苦手」と言った。ふたりはそこを抜けだしカラオケに行き盛り上がった。カラオケは苦手だったが炬太郎はその時は最高に楽しかった。それから付き合ってみたものの、炬太郎は何を話していいかわからない。デートであちこち行ったけれど、会えば会う程、空回りしてしまう。
炬太郎は澪央を好きで大事にしたいと思っていたのに、その表現がわからず、どうにもならなくなってしまったのだ。

天(てん)に全てを打ち明けた炬太郎のもとに澪央から電話があった。澪央は「私を好きになったのじゃなくて、彼女がいる自分を好きになったんだ。コタくんは自分が好きなんだ」と言う。炬太郎は走って澪央に会いに行き、5万円を返す。炬太郎の想いは届かず、澪央との恋は終わった。

天(てん)は思う。
炬太郎は澪央を本当は好きで、本気で好きで、一生懸命に好きだった。
本当は泣きたかったんじゃないかな、と。

ふられた炬太郎をてんが待っていた。
「おかえりなさい」と笑顔で迎える。

天(てん)はお寿司を作る。お届け物はお寿司を作る型だったのだ。そして、てんはケーキも用意。
天(てん)が犬のころ、小学生の炬太郎がおいしそうにお寿司とケーキを食べるのをみて「一緒に食べたい」と思っていたのだ。その願いを叶える日がやってきたのだ。
お寿司とケーキは特別な日の食べ物だ。こうして、お寿司とケーキでこの日を特別な日にする。
天(てん)は炬太郎を励まそうと「特別な日」にしたのだった。

ふたりは楽しくお寿司とケーキを食べる。
炬太郎が本気で好きになった相手をてんに訊ねるが「言えない」という天(てん)ははしゃぎだす。
ふたりは仲良くダンスをする。

<続く>

【すきすきワンワン!】第3話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
2月6日放送 『犬と小説と大リーグ』

3話のあらすじ

パッとしない野球少年時代、同じチームで炬太郎(岸優太)が唯一気を許していたのが光太郎(前原滉)だ。その光太郎から文学賞を受賞したと突然の連絡があり、受賞パーティーに招かれる。
炬太郎は、てんに背中を押され、気乗りしないまま受賞パーティに出向く。光太郎から、不器用だがひたむきな努力を続けられたのは炬太郎のおかげだと感謝され、炬太郎は輝いていた少年時代を思い出す。

3話のネタバレ

小学校時代
炬太郎(伊藤篤志)は比嘉光太郎(亀井海聖)とともに同じ野球部に所属していた。
ふたりは同じコウタロウという名前というのもあり二人合わせて「ダブル太郎」と名付けていた。
野球では補欠のふたりは「ダブルダメ太郎」でもあったのだ。
ある日、炬太郎はてんの散歩中に光太郎がいじめられているのを目撃する。
炬太郎は迷うも一旦、その場を離れてしまう。
しかし、炬太郎はその場に戻り、いじめっこたちをやっつけた。

パーティー会場では光太郎(前原滉)がインタビューを受けていた。そして、いじめられていたときに炬太郎に助けてもらったことを話していた。
光太郎は炬太郎が来たことをとても喜ぶ。会場には友達として来ていたのは炬太郎だけ。
光太郎は他に友達はいないと話す。ふたりだけになり、子供時代と同じよう「ダブルダメ太郎!」とポーズを決め、懐かしむ。
炬太郎は光太郎に負けずにやっていこうと語る。光太郎は笑顔で「ありがとう」と何度もお礼をいう。

光太郎は、炬太郎がいつも自分を励ましてくれていたことを胸に「誰に何を言われても、諦めたくなかった。自分のことを自分が諦めたらおわり」だと、ずっと小説を書き続けていたのだ。そして、小説家になったら炬太郎に会って「ありがとう」ということが目標だったのだ。

炬太郎が光太郎を励ました言葉、それは……
「1951年、ボビー・トムソンが放った本塁打。ニューヨークジャイアンツの大逆転優勝。僕らも奇跡を起こすんだ」

帰宅した炬太郎は、光太郎の本「嗤う肖像画」を天(てん)と見る。そこには、光太郎が書き綴った小説のタイトルがびっしりと記されていた。

炬太郎は、光太郎がずっと諦めずに努力をしていたことに感動し刺激される。そして、働こうと決意する。翌日、柿田(おいでやす小田)がやってきた。炬太郎は洗濯物をキチンとたたんみながら「仕事をさがして働く」と話す。その姿を見て、柿田は驚く。
「本当に働くのか」という柿田に、炬太郎は本気だと話している。

そんなふたりのやり取りを聞きながら、天(てん)は微笑む。

【すきすきワンワン!】第4話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
2月13日放送 『犬、怒る』

4話のあらすじ

光太郎から刺激を受けた炬太郎(岸優太)は、無職からの脱出の一歩として、フードデリバリーのバイトを始める。天(てん・浮所飛貴)は心配するも炬太郎はバイトなんて楽勝だと軽く見ていた。しかし、現実はそう甘くはない。配達ミスや、不本意なクレーム対応などの試練に見舞われる。炬太郎は不満をてんにぶつけしまう。そんな炬太郎に天(てん)は激しい言葉をぶつける。炬太郎は衝撃を受ける。

4話のネタバレ

炬太郎(岸優太)は天(てん・浮所飛貴)と朝から体操に励む。体操といってもダンスに近く、てんは嬉しそうに炬太郎とダンス。占いで体操をしたらいいコトがあるというので、動画からチョイスした体操だ。ところが、動画を確認するとそれは、『マンネリした夫婦が愛を取り戻す「愛の体操」』だった。

炬太郎はこの日からデリバリのバイト。つまり「デリバリマン」。てんはプロムラミングの仕事をリモートでする。つまり「リモートマン」。心配なてんはデリバリを頼む、炬太郎が届ける。
「心配するな」という炬太郎だったが…。

サラリーマン男性ふたりに配達する炬太郎は、先輩社員が新人社員にお説教しているのを目撃する。その姿を見て、営業マンとして働いていた頃を思い出した炬太郎は、その夜、天(てん)にサラリーマン時代のことを語る。

先輩の山吹さんはとても優しく、営業のことを教えてくれた。炬太郎は山吹さんみたいになりたいと思っていた。ところが、山吹さんは異動になってしまった。
成績が良すぎて上司に疎まれたらしい。炬太郎は辞めちゃえばいいというが、山吹さんは家庭があるので辞められないと言う。
炬太郎はその後半年は頑張ったが、山吹さんがいない日々は辛く、辞めてしまった。
その時、頑張ったって意味ある?その先に何がある?と思ったのだ。

天(てん)は黙ってその話を聞いていた…。

炬太郎はバイトに励むも「頼んでない」と言われたり、置き場所に文句を言われたり。さらに、ユーチューバーから注文があり届けると動画を撮られる。彼らの目的はネット炎上。炬太郎は「遅い」などと言いがかりをつけられ、大学を出てこんな仕事をしているとバカにされる。

帰宅して動画を見た炬太郎は腹を立てる。天(てん)はその話を聞き「どうせこんな仕事ってコタくんも思ってたよね」と辛らつな言葉。そして、炬太郎自身が、デリバリの仕事を馬鹿にし、仕事に誇りをもってなかったと指摘する。

「どうせこんな仕事しかできない!」と炬太郎は怒鳴る。
天(てん)は卑屈になる炬太郎に「そんなコタくんは好きじゃない」と言い放つ。

そこに、柿田(おいでやす小田)が差し入れを持ってきた。それは焼き芋だった。

炬太郎は、小学生時代に、犬のてんと一緒に焼き芋を食べたことを思い出す。そして、天(てん)に焼き芋をたべようと誘う。天(てん)は、犬の時に一緒に食べたことを覚えていた。「よく食べたよね」と話す。
そして、さっきは言い過ぎたと謝る。
炬太郎は「俺も、お前なんか好きじゃない」と笑いながら言い、天(てん)をからかう。こうして、二人は仲直りをする。

デリバリマンには配達評価があり、ネットでその評価を見ることができる。ふたりは焼き芋を食べながら、評価を見ることに。すると、炬太郎の評価に星がついていた。悪くはない。さらに、お知らせメールが届いていた。

配達の途中炬太郎は自転車を倒してしまったおばあさんを助けてあげた。そのおばあさんからのお礼のメッセージだった。

「配達評価じゃないけどコタくん評価。星5つ。満点評価です。頑張ったら何かありますよ。頑張って意味ないなんてことないと思います」と天(てん)

「うん、かもな」と炬太郎は微笑む。

ふたりは焼き芋を食べてから体操をする。

<続く>

【すきすきワンワン!】第5話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
2月20日放送 『犬と片想い』

5話のあらすじ

炬太郎(岸優太)は天・てん(浮所飛貴)に心を許し始め二人の生活は楽しく過ぎていた。
そんな中、家を管理している不動産屋の柿田(おいでやす小田)の頼みで、炬太郎は飲み会にしぶしぶ参加。ところが、財布を自宅に忘れたことに気がつくいた炬太郎は天(てん)に持ってくるように頼む。
天(てん)が財布を届けてくれ事なきを得た炬太郎は、天(てん)を寒い路上に待たせまま次の店へと向かってしまう。慌てて天(てん)の元にもどった炬太郎は、天(てん)の想定外の行動を目の当たりにし驚き戸惑う。
なぜなら、このとき、思いもよらなかった感情が沸き上がってきたからだ。
炬太郎の葛藤が始まる…。

炬太郎に湧き上がった感情とは?
ふたりの関係が動きだす!

5話のネタバレ

光太郎との再会、デリバリのバイトの経験などから前向きなった炬太郎(岸優太)は、「これからのことを考える」と天(てん・浮所飛貴)に伝える。「ゆっくりマイペースで」とアドバイスする天(てん)は、「ありがとな」という炬太郎の言葉に満面の笑み。

片思いをすると世界がキラキラするという天(てん)は、好きな人がいると言う。
「誰?」と興味津々の炬太郎。てんは「大好きなんです」と言いながら、どんどんと炬太郎に近づいていく。炬太郎は片思いを叶えてあげようと思うのだが、天(てん)は相手が誰かを打ち明けない。「好きな人がいるだけで奇跡だから、片想いのままでいい」と言う。
お菓子を食べる炬太郎と天(てん)。ふたりは「アーン」としながら食べている。そんなふたりを見た柿田(おいでやす小田)は「ただならぬ関係」だと疑る。

炬太郎は「単なる家主と間借り人の関係だ」と柿田に弁解。天(てん)は、その言葉を聞き寂しそう。
柿田は、片思いをしているミクちゃんをカラオケに誘ったところ「誰かがいれば行く」と言われ、炬太郎を誘いに来たのだった。炬太郎は柿田の誘いを断れずカラオケボックスに行く。

カラオケボックスでミクちゃんを待つ間、「これがミクちゃん」と犬の写真を見せる柿田。炬太郎は、犬を好きになったのかと信じてしまいそうになる。もちろん、そんなことはなく、柿田はこんなイメージの女性だと言うのだった。
結局、ミクちゃんは来なかった。カラオケボックスを出ると、財布を忘れた炬太郎のために、天(てん)がお金を持ってきてくれていた。炬太郎はお金を受け取り、天(てん)に向かって「まて」と言う。
それは犬にとっての「まて」の合図であり、天(てん)はその場で起立をする。
炬太郎は柿田に付き合いバーに行く。柿田は酔いつぶれてしまい、そこに、ミクちゃんから電話がある。ミクちゃんは彼氏と一緒だと言ってきた。
炬太郎は柿田にちゃんと伝えてほしいとお願いをするが、10秒も待つことなく電話は切れてしまった。

疲れ切って帰宅した炬太郎はこたつで寝てしまう。目を覚まし、天(てん)をさがすが家にいない。電話をかけると、天(てん)のベッドの上で着信音が鳴る。

炬太郎は「まて」と言ったことを思い出し、急いでカラオケボックスまで走る。すると、天(てん)が寒空の下で炬太郎を待っていた。

酔いが冷めた柿田は付き合わせて悪かったと電話をくれた。炬太郎は、柿田と話すうちに、天(てん)への想いがこみあげてくる。
人間のミクちゃんは10秒さえも待ってくれなかったのに、天(てん)は自分の「まて」という指示に従い、ずっと待っていてくれたのだ。
「飼い主に忠実に待ってくれる。飼い主が忘れても誠実に待ってくれている。ホント、ばかみたいだけど」と言いながら、涙をこぼす。

「てん、好きだよ。大好きだ」という気持ちがわきあがり、炬太郎は我に返る。

なんだ?これは?友情?兄弟愛?親子愛?
頭を抱える炬太郎。天(てん)は炬太郎を見つけ「コタクン」と叫んで手を振る。

そんなてんを見た炬太郎は、迷いも葛藤も捨て去る。
「何、待ってんだよ。こんなことで。ホント、バカだ俺は。こんなに待たせて」
とてんに駆け寄る。

「コタクンのためなら僕は待てるよ」とてん。
炬太郎はてんを抱きしめる。

帰宅。
天(てん)がお風呂からあがる。
ドライヤーをかけてあげると言う炬太郎は、天(てん)に膝の上に来るようにいう。
天(てん)はドライヤーが苦手。犬のころ、いつも逃げ回っていた。
それでも天(てん)は、少しだけ、と炬太郎の膝の上に頭をのせる。
くすぐったがる天(てん)は、あとはタオルで乾かすと言い、夜空を見上げる。

空には満月。
天(てん)の後ろ姿がキラキラして見える炬太郎の瞳にじんわりと涙が…。

<続く>

5話の感想
炬太郎は天を好きだと思い始めました。ひたすらに炬太郎のためにと行動する天(てん)の愛は無償です。たまらなく可愛くて、炬太郎が好きになる気持ちがわかりますね。
愛があふれるふたりにほっこりしましたが、もしかしたら、天は空にかえってしまうのでは?と思わせるラストシーン。ちょっぴり切なくなりました。
6話は猫役で松本まりかさんが登場します!

【すきすきワンワン!】第6話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
2月27日放送 『元ネコ vs 元イヌ』

6話のあらすじ

炬太郎(岸優太)はてん(浮所飛貴)に対し、元飼い主としての想い以上の愛を感じ始めた。天(てん)も、炬太郎からの愛を感じ、喜びを隠しきれない。
そんなある日、炬太郎の元にエリー(松本まりか)突然現れた。エリーは、炬太郎が高校生の時に一時的に知人から預かったセレブ猫のエリザベスの生まれ変わりだという。家の中を勝手にうろつき回り、上から目線で好き勝手なエリーに天(てん)は、敵対心と嫉妬心を抱く。
元犬と元猫との三角関係にたじろぐ炬太郎。そんな中、エリーは「私の会社で働かない?」と炬太郎を誘う。

6話のネタバレ

仲良くなった炬太郎(岸優太)と天(てん・浮所飛貴)。湯豆腐を食べながら、缶ビールを半分ずつ飲む。炬太郎は思わず「間接キスじゃん」と思う。

ふたりがよく行っていた和菓子屋のベンチにいつもいた猫のブー子の話をする。天(てん)は猫は苦手。炬太郎も犬派だと話していたその時、外から物音がした。猫の鳴き声がして悲鳴をあげるふたり。

翌日、縁側の下に猫がいて死んでいるかも、と話すふたりは、怖さのあまり手をつないで縁側をのぞこうとする。その時「ちゃお」と現れたのがエリー(松本まりか)だ。

エリーは「懐かしい」と庭を歩きまわる。次に家にあがりこみ、炬太郎の卒論を読む。天(てん)は、エリーの自由気ままな行動に思わず小言を言ってしまう。
すると、エリーは「お前は番犬か」と言い放つ。

炬太郎は女王様きどりのエリーから「エリザベス様」だと気づく。エリザベスは母の知人から預かっていた猫。その頃の炬太郎は高校生。炬太郎は、エリザベスと3か月だけ生活をしていたが、エリザベスは全くなついてくれなかった。
エリザベスは港区のタワマンに住む猫。炬太郎は「エリザベス様」と様づけ呼んでいたが、別れる時に「エリー」と呼び「バカバカ、サヨナラなんだよ。ホントは大好きだったよ」と告げたのだ。この時、エリーは初めて「ニャー」と鳴いた。

そのエリーがなんで家に来たのかと不思議に思う炬太郎。エリーは炬太郎に会いたかったからだと言う。そっけない態度をとっていたエリーだったが、心の中ではいつも炬太郎のことを「可愛い」と思っていたと打ち明ける。
エリーは、仕事をしていない炬太郎を自分が働く会社に勧誘する。

エリーが勤める会社【XAC】はなかなかの規模であり、社員の条件も良すぎて「怪しい」と炬太郎は疑う。炬太郎は入社を断るつもりで会社に行き、面接をした代表取締役の月野に「辞退します」と告げる。炬太郎は自分には力もなく、戦力にならないと考えていたのだ。
月野は、炬太郎があまりにも自己肯定感が低いことに驚く。実は、エリーは炬太郎の卒論を事前に月野に見せていた。月野はそれを読んで、炬太郎を雇いたいと思っていたのだった。
月野もエリーも炬太郎なら「アイデアも素晴らしく、仕事ができる」と言う。

炬太郎は、自分のことを認めてもらったことで、気持ちが変わり、働くことに決めた。

帰宅して天(てん)にそのことを伝えると、天(てん)は反対する。天(てん)がエリーにヤキモチを焼いているように感じた炬太郎は「片思いしてる人がいるんだよな?なんか、エリザベスに嫉妬してるみたいだ」と言う。

天(てん)のご機嫌を直そうと、お土産に買ってきたと「いもようかん」を出すも、天(てん)は「今はいい」と立ち上がってしまった。

背を向けた天(てん)は振り返って告白する。
「僕の片思いの相手はコタクンだよ。僕の好きな人はコタクンだよ。ばか~」

炬太郎は突然の告白にビックリする。
口をあんぐりと開け目を見開く。

<続く>

6話の感想
ついに天(てん)が炬太郎に告白しました。炬太郎はかなり驚いている様子。天(てん)にとっては、飼い主である炬太郎への想いは絶対的ですが、炬太郎は天(てん)の気持ちをどう受け入れていくのか、次回も楽しみです。松本まりかさんのエリーははまり役!気まぐれな中に、ちらりと愛情をみせくれたりして、炬太郎とエリーの関係も気になります。

【すきすきワンワン!】第7話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
3月6日放送 『犬と38.2℃』

7話のあらすじ

炬太郎(岸優太)は、エリー(松本まりか)の勤めるコンサル企業にお試しインターンとして働くことに。エリーに背中を押され、炬太郎は期待に応ようと連日遅くまで働いていた。そのせいで、てん(浮所飛貴)とはろくに会話もできない日が続いた。
そんなある日、てんが熱を出して寝込んでしまう。かつて、てんを失った日の悲しみを思い出した炬太郎は放っておけず、仕事を休み看病をすることにする。
すると、欠勤を知ったエリーは「たかが同居人のために仕事を休むなんて!」と乗り込んで来た。炬太郎はてんをかばう。てんは自分のせいで責められている炬太郎を見て、いたたまれない気持ちになり、ある行動に出る。

7話のネタバレ

炬太郎(岸優太)は天(てん/浮所飛貴)から片想いの相手が自分だと聞き、その想いにこたえるようになる。朝の出勤時にはハグをするほど仲良しになっていく。

XACで働きだした炬太郎は、ロマネコンティがワインだとわからず、月野(増田昇太)が話すことにクビを傾げてしまう。XACはロマネコンティ独占契約を結ぶ会社のコンサルに入ろうとしている。かなり、大きな案件だ。そこで月野から「ワインの味も知って欲しい」と言われ、エリー(松本まりか)からは案件をもう一度練り直すように指示される。

そんな中、残業に励む炬太郎にエリーは、高校生の炬太郎が勉強をしているとき、本当はスリスリをして応援したかったのだと打ち明ける。そして「ずっとこうしたかった」と言い、炬太郎の背中に頬を当て「頑張れ」と言う。

炬太郎の仕事が月野に認められた。エリーはご褒美にとロマネコンティを持って炬太郎の家に来る。てんも一緒になって乾杯をする。シリコンバレーにいたてんはしっかりとロマネコンティを分析。天は、ニューオリンズで雷にうたれたとき、前世が犬だと気づいたと話す。てんとエリーは相変わらず張り合うも仲良く3人で飲む。しかし、その夜、天は熱を出してしまった。

炬太郎は天の看病をし目覚めると出勤時間に。急いで会社に行くが「同居人が風邪をひいた」と言い、休みをもらう。月野が認めてくれ家に舞い戻炬太郎は、必死で天の看病をする。

炬太郎の看病の甲斐があり天の熱が下がる。
安心した炬太郎は、もじもじしながら「(天は)片想いじゃない。俺も犬とか人とか、そんなの関係なく家族でも恋人でも友達でもなくてんを大切に思ってる」と打ち明ける。
てんは大喜びで炬太郎に抱き着く。

炬太郎の休みに怒るエリーは、家にまできて炬太郎に謝罪を求める。エリーは、何があっても仕事に行くという主義だ。だから、炬太郎の行動に納得ができないのだ。さらに、てんが炬太郎の足を引っ張っているとまで言い出す。

その話をこっそり聞いていたてんは、寝ている炬太郎のオデコにオデコをつけ「さようなら」と告げて家を出ていく。
コンビニ帰りの柿田(おいでやす小田)が、夜の街を歩く天(てん)を見かける。

<続く>

【すきすきワンワン!】第8話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
3月10日放送 『犬と猫がんばる』

8話はエリーの秘密が明きらかになります。

8話のあらすじ

てん(浮所飛貴)の行方が気になりつつも炬太郎(岸優太)は仕事に向かう。だが、仕事第一主義のエリー(松本まりか)は、炬太郎の事情などおかまいなしだ。
仕事に励む中、炬太郎はてんに帰ってくるよう言葉を尽くす。
そんな最中、エリーの意外な私生活を知った炬太郎は驚くべき行動にでる。

8話のネタバレ

炬太郎(岸優太)が目覚めると柿田(おいでやす小田)がいた。
てん(浮所飛貴)がいないことにに気づいた炬太郎。電話をかけるも出ない。てんをマンガ喫茶で見かけた柿田から、てんが家を出て行ったと聞かされる。

出勤した炬太郎は、エリー(松本まりか)にてんがいなくなったと告げる。その時、てんから電話がある。てんはシリコンバレー時代の友達を迎えに成田空港にいると言う。それは嘘だ。嘘を見抜かれたてんは、インターンシップが終わるまで帰らないと話す。

どんよりする炬太郎を見かねたエリーはてんに電話をして「このまま、一緒に暮らすのをやめたらいい」と言い出す。炬太郎は慌てて電話をとりあげ「『おかえりなさい』とてんが出迎えてくれることが一番の癒しで幸せなんだ、いてくれるだけで十分だ」と話す。てんは炬太郎の気持ちを受けとめ帰る決意をする。

炬太郎も交えた大事な商談が終わる。次の会食の予定はキャンセルになったと知るエリー。実は、月野(増田昇太)の娘の誕生日で月野がキャンセルしていたのだ。エリーは月野が結婚して子供がいたことを知らなかった。しかも、子どもができた時は仕事がめちゃくちゃ忙しい時期だったと知りショックを受ける。実は、エリーはバツイチ。仕事が忙しくて行き違いがあり離婚していたのだ。
そんな元夫からの電話にエリーはうんざりしていた。エリーは元夫が自分に未練があると思い込んでいたのだが…。

その夜。エリーも炬太郎の家に。てんと3人でピザを食べることになる。
炬太郎は今度、元夫から電話があったら、恋人のふりをして電話に出てやると息巻く。そして、元夫からの電話が!
炬太郎が電話に出て「エリート結婚するつもりだ」と告げると、元夫から想定外の話が出てきた。元夫からの電話は、再婚するという連絡だったのだ。しかも、相手はとても優しいエリーとは正反対のおとなしい女性だという。炬太郎はエリーにうながされ、すべてを伝える。

エリーはビールを飲みながら、元夫のことや結婚生活のことを話す。タワマンに住み幸せなはずだったのに、一緒に暮らすうちに次第に心が冷めてしまったというエリー。そのうちに、エリーはすっかり酔ってしまい、炬太郎に絡んでくる。こたつに伏してしまうエリーは「大丈夫」と言いながら眠ってしまった。

炬太郎はエリーが猫の時、抱きしめてあげたかったと呟く。そして、エリーの背中に頬を寄せ「がんばれ」と言う。しかし、エリーはめざめて「キモい」と言い出し家を出て行った。

エリーは帰りのタクシーの中から炬太郎にメッセージを送る。
『このままずっと二人でイチャイチャしてろ。私は大丈夫。猫だから。ありがとう』

てんが空を見ている。炬太郎が話しかけるもすぐに返事はない。
何度か声をかけられてやっとその声に反応した。

<続く>

8話の感想
エリーが離婚していたと判明した第8話。エリーは結婚生活のことを話します。その中に「ふたりでご飯を食べるのが嫌になった。ひとりがいい」と語っています。炬太郎とてんは決して贅沢な食事をするわけではありませが、ふたりでいること、ふたりで食事をすること、そんな日常がとても幸せなことなのだとしみじみと感じます。何気ない会話の中に、大切なことを伝えてくる素敵な物語になっています。

【すきすきワンワン!】第9話あらすじネタバレ

放送日 サブタイトル
3月20日 犬の涙

9話のあらすじ

インターン経験を経て、一回り成長した炬太郎(岸優太)。「普通の小さな幸せと、たったひとり、自分のことをわかってくれる人がいればいい」と気づき、背伸びせず身の丈にあった今の生活、てん(浮所飛貴)と共に暮らす穏やかで楽しい日々の大切さを改めて噛み締めていた。そんなある日、炬太郎は、どこか、てんの様子がおかしいことに気づく。てんから犬の記憶が消えてしまうかもしれない!?

9話のネタバレ

炬太郎(岸優太)がてん(浮所飛貴)にインターンの結果を報告しようとしたところに、柿田(おいでやす小田)がお祝いにとお酒を持ってやってきた。しかし、炬太郎は「不採用」だったと告げる。その後、3人で飲むが柿田は酔っぱらってしまう。
「金もないどうしょうもない人生だけど、でも、てんくんがいて良かった、1人じゃないっていいな」と柿田は炬太郎の肩を叩く。

柿田が帰った後、炬太郎はてんに話す。
炬太郎は、インターンに落ちて落ち込むどころかほっとしていた。インターンの人たちと、銀座のフレンチレストランに行き、2980円のランチを食べた。飲み物は別代金。炬太郎は「もったいない」と思う。さらに、炬太郎は暗号資産の会話にもついていけず、大金を動かすコンサルタントの仕事は、自分には向いていないと思ったのだ。自分のことを理解してくれる人がひとりいれば、幸せなんだと語る。

一方、てんは柱の傷が気になっていた。炬太郎とふたりで思い出を辿る。

(回想シーン)炬太郎はクラスで一番モテル男の子の足の長さを知り、自分の足の長さを比較してみる。そん時に柱を使って傷をつけたのだ。さらに、てんの尻尾の長さを図っていた。

「思い出せてよかった」とてん。

2人でコロッケを買いにいくが、1個しかなかった。ふたりで半分コして食べる。
遠回りして散歩して、家に帰って、てんが洗濯物をたたむ。今夜は何をしようかとか考える。そんな些細なことが幸せだと思うふたり。

てんは柱の傷をみて「この傷どうしたのかな」とまた聞いてきた。
炬太郎は驚く。炬太郎は、傷の理由を説明する。しっぽの長さをはかったことも必死で話すがてんは全く覚えていない。

炬太郎とてんはちゃんと話すことにする。
てんは犬だった頃の記憶が薄れてきていた。

記憶が薄れることは忘れることだ。
「そんなの有り得ない」と動揺する炬太郎。

炬太郎は思う。
犬の記憶がなくなったら、自分のことを好きじゃなくなる。ということは、今のように一緒に過ごすことはなくなってしまう、と。

「俺が大事にしてた今の小さな幸せがなくなってしまう」
と涙ぐむ炬太郎。
「僕、忘れない。忘れたくない」とてん。

小学生の炬太郎と犬のてんがにボールで遊んだ公園に行き、キャッチボールをする。
再びコロッケを買いにいくが、今度はお金が足りなくて1個になる。また半分コして食べる。
歩きながら半分ずつにして食べるのが幸せだと思うふたり。

そして、朝になる。
てんはまた柱の傷のことを聞いてきた。
さらに、てんが好きだったおもちゃのことも覚えていなかった。

<つづく>

次回はいよいよ最終回です。てんはいなくなってしまうのでしょうか。

【すきすきワンワン!】最終回あらすじ・ネタバレ

放送日 サブタイトル
3月27日 犬、去ぬ。

最終回のあらすじネタバレ

てん(浮所飛貴)の記憶は日に日に薄らいでいく。このままてんの記憶がなくなったら……。それならいっそ、残りの日々はたくさん笑って楽しく過ごそうと決めた炬太郎(岸優太)は「やりたいことリスト」を作る。そして、昔を懐かしみながら今までのように過ごす。
ついに訪れた「その日」。てんは思いがけないプレゼントを炬太郎に残していった。

【すきすきワンワン!】最終回のネタバレと感想!ラストの炬太郎(岸優太)の涙に感動号泣!
【すきすきワンワン!】最終回のネタバレと感想!ラストの炬太郎(岸優太)の涙に感動号泣!岸優太主演ドラマ【すきすきワンワン!】の最終回が3月27日深夜に放送。炬太郎(岸優太)と元愛犬の生まれ変わりのてん(浮所飛貴)の物語がついに最終回!ふたりの同居生活の結末は?日本テレビ【すきすきワンワン!】最終回のネタバレと感想を紹介。

【すきすきワンワン!】のキャスト

【すきすきワンワン!】のキャスト・登場人物のプロフィールを画像付きで紹介します。

キャスト・登場人物一覧表

  • 岸優太(King & Prince)……役:雪井炬太郎
  • 浮所飛貴(ジャニーズJr./美 少年)……役:木ノ宮天
  • 伊藤篤志(関西ジャニーズJr/Boys be)……役:雪井炬太郎の幼少期
  • 桜田ひより……役:森川澪央(1話、2話)
  • おいでやす小田……役:柿田
  • 前原滉……役:光太郎(3話)
  • 亀井海聖(関西ジャニーズJr/Boys be)……役:光太郎の少年期(3話)
  • 松本まりか……役:湊エリー(6話、7話、8話)
  • 増田昇太……役:月野(6話、7話、8話)

岸優太/伊藤篤志 役:雪井炬太郎(ゆきいこたろう)

岸優太

岸優太さんの幼少期をBoys be/関西ジャニーズJrの伊藤篤志さんが演じます。

登場人物:雪井炬太郎(26歳)

「俺の人生のピークは小5!」

  • 人生を諦めネガティブ思考のクズ男。
  • 幼少期は野球に頑張っていたが、その後はパッとしない。
  • そこそこの大学を卒業し、そこそこの会社に就職。
  • すべてイマイチなスペック。
  • 1日3千円あれば食っていける、と居直りに近い考えで会社を辞めた。
  • 現在は無職。
  • 親の残した1軒家に住み、空き部屋を貸して収入を得ている。
  • 夢もなく、欲もなく、自信もなく、かといって焦りもない。
  • 自分のことは放っておいてと言いながらも、実は誰よりも愛を求めている!?
  • ある日、元飼い犬と言い張る木ノ宮天(浮所飛貴)が押しかけてきた。
  • 天との同居生活で何かが変わっていく……。
  • 犬のてんは小学校時代(8才から12才)に飼っていた。

キャスト:岸優太(きしゆうた)

1995年9月29日生まれ。
埼玉県出身。
ジャニーズ事務所所属。
King & Princeのメンバー・リーダー。

2009年7月20日ジャニーズ事務所入所。
2018年5月 King & Princeとして「シンデレラガール」でCDデビュー。
2022年11月、King & Prince脱退とジャニーズ事務所退所を発表。
出演ドラマ:【仮面ティーチャー】でドラマデビュー。【ナイト・ドクター】で深澤新役を好演。主演作は【お兄ちゃん、ガチャ】【Rの法則】に次いで本作が3作目。

キャスト:伊藤篤志(いとうあつし)

伊藤篤志

2009年7月15日生まれ。
大阪府出身。
ジャニーズ事務所所属。
関西ジャニーズJr.内ユニット「Boys be」のメンバー。
出演ドラマ:【年下彼氏】12話、【すきすきワンワン!】で連ドラ初出演。

浮所飛貴 役:木ノ宮天(きのみやてん)

浮所飛貴

登場人物:木ノ宮天

「僕は昔、コタくんの犬だった!」

  • 頭が良く自立心も持ち合わせている。
  • フリーのプログラマーで食べていけるだけの収入は確保しているしっかり者。
  • 20歳までは普通の人生を送る。
  • 20歳の誕生日に、「自分は昔、てんという犬だった」という記憶が蘇る。
  • てんは保護犬だった。自分を救ってくれ、ぬくもりを教えてくれた人が、元飼い主である炬太郎。
  • たくさんの愛をもらって過ごした日々が忘れられず、日本中探し回り、炬太郎を見つける。
  • 炬太郎に恋焦がれている。
  • 「全てはご主人様のために!」と、お節介をやきつつも、炬太郎と一緒にいられるだけで幸せを感じている。
  • てんの目に映る炬太郎は、いつだって『かっこいいスーパーヒーロー』。
  • たまに犬時代の癖が出てしまう。

キャスト:浮所飛貴(うきしょひだか)

2002年2月27日生まれ。
愛知県出身。
ジャニーズ事務所所属。
ジャニーズJr.の6人組ユニット・美 少年のメンバー。

2016年、ジャニーズ事務所入所。
出演ドラマ:【真夏の少年~19452020】【ザ・ハイスクールヒーローズ】【トモダチゲームR4】と美少年としての主演を務めている。
「VS魂」では岸優太と共演。

桜田ひより 役:森川澪央

桜田ひより

登場人物:森川澪央(もりかわみお)

  • 雪井炬太郎(岸優太)の元カノ。
  • ピザ屋でバイトをしている。

桜田ひよりが語る森川澪央の印象

芯が強、思った事をきちんと相手に言える。

キャスト:桜田ひより(さくらだひより)

2002年12月19日生まれ。
千葉県出身。
研音所属。

モデル、子役から活躍。

2022年は5作のドラマに出演。今は引っ張りだこの桜田ひよりさん。
【メンズ校】でなにわ男子、【彼女、お借りします】では大西流星さん、【silent】では目黒蓮さん、など、ジャニーズ事務所のメンバーと共演作も多い。【生徒が人生をやり直せる学校】では岸優太さんがメンバーの「King & Prince」の平野紫耀さんとも共演。

おいでやす小田 役:柿田

おいでやす小田ねt

登場人物:柿田(かきた)

  • 雪井炬太郎(岸優太)の家の管理不動産屋。
  • 近所のスーパーのレジをするミクちゃん片思いをするがふられてしまう。

おでやす小田が語る柿田の印象

昭和の匂いが残るお節介な不動産屋。
炬太郎のことをほっておけない人間味のある男。

キャスト:おいでやす小田(おいでやすおだ)

1978年7月25日生まれ。
吉本興業所属。
お笑いユニット「おいでやすこ」のメンバー。

岸優太さんと浮所飛貴さんとはバラエティー番組で共演。
柿田は関東圏の不動産屋というので、関西弁を消してのチャレンジ。
バラエティーで活躍するおいでやす小田さんと違う“役者のおいでやす小田”の魅力に期待大!

前原滉/亀井海聖 役:比嘉光太郎

前原滉さんの少年時代をBoys be/関西ジャニーズJrの亀井海聖さんが演じます。

登場人物:比嘉光太郎(ひがこうたろう)

  • 野球少年時代の炬太郎の親友。
  • 当時、ふたりはパッとせず「ダブルダメ太郎」と言われていた。
  • 20年後、大作家になる。

キャスト:前原滉(まえはらこう)

1992年11月20日生まれ。
宮城県出演。
トライストーン・エンタテイメント所属。

出演ドラマ
【まんぷく】【祈りのカルテ2話】など。

キャスト:亀井海聖(かめいかいり)

亀井海聖

2008年2月8日生まれ。
大阪府出身。
ジャニーズ事務所所属。
関西ジャニーズjrユニット「Boys be」のメンバー。
本作がドラマ初出演。

松本まりか 役:湊エリー

松本まりか

登場人物:湊エリー(みなとえりー)

  • セレブ猫・エリザベスの生まれ変わり。
  • 炬太郎が高校時代、知人から一時的に預かっていた猫の記憶を持ち、好き勝手にふるまう。

キャスト:松本まりか(まつもとまりか)

1984年9月12日生まれ。A-team所属。

2000年にドラマ『六番目の小夜子』で女優デビューした松本まりかさん。『ホリディラブ』の怪演が話題に。『妖怪シェアハウス』ではお岩さんを好演。可愛い女性から怪しく怖い女性まで演じ分ける松本まりかさんが本作では猫役に挑戦します。
主演の岸優太さんとは5年ぶり、2度目の共演。撮影では笑いがとまらなくなったというおふたりの掛け合いも見どころです。

【すきすきワンワン!】の相関図

【すきすきワンワン!】の相関図

すきすきワンワン

【すきすきワンワン!】の原作(漫画)結末は?

【すきすきワンワン!】に原作となる漫画や小説はありません。 水橋文美江さんが脚本を手掛ける完全オリジナルドラマです。
原作がないドラマなので結末も全くの白紙状態。いったいどんな結末になるのか、楽しみな作品です。

脚本家: 水橋文美江(みずはしふみえ)

水橋文美江さんの近作

  • 連続テレビ小説 スカーレット(2019年 - 2020年、NHK)
  • 世界は3で出来ている(2020年、フジテレビ)
  • #リモラブ 〜普通の恋は邪道〜(2020年、日本テレビ)
  • 生徒が人生をやり直せる学校・24時間テレビドラマスペシャル(2021年、日本テレビ)
  • 古見さんは、コミュ症です。(2021年、NHK)
  • さよならの向う側(2022年、読売テレビ・日本テレビ)
  • すきすきワンワン!(2023年、日本テレビ)

【スカーレット】を始め、どれも話題の作品。すきすきワンワン!も面白いこと間違いなし!

【すきすきワンワン】の最終回ネタバレ・考察と予想

【すきすきワンワン】の最終回などうなるのでしょうか。最終回までのポイントを考察・ピックアップ!

最終回までのネタバレポイント

・天は本当に犬のてんなの?

人間の天(浮所飛貴)は犬のてんにしか分からない事を知っていることから、炬太郎(岸優太)はその現実を受け入れていきます。どうやら、天は本当に愛犬のてんのようです。

・天の役割は?

てんは、ダメ男となった炬太郎を改善すべく、人間となって現れたのでしょう。
炬太郎がやる気になり、仕事を見つけ、再起することがてんの役割だと思います。

・炬太郎はダメ男から抜け出せる?

てんと暮らすうちに、炬太郎は徐々に自分にとって“大切な物”を見出していくのではないでしょうか。生きることの意味や働くことの意味などに気づき、ダメ男から抜けせると思います。

最終回はハッピーエンド!?

【すきすきワンワン】は、炬太郎がダメ男ではなく仕事も見つけ頑張ろうと思えるまでを描くと思います。最終回は、元気になった炬太郎の姿が描かれるのでは。
気になる点は、炬太郎がダメ男でなくなった場合、天の役割は終わってしまうこと。そして、犬のてんは天国に戻ってしまうかもしれない。

つまり、天の中によみがえった「犬のてん」の記憶は消えてしまい、天はプログラマーとして元の生活に戻るような気がします。

天と炬太郎の共同生活は一旦は終わりを遂げますが、再び、天と炬太郎はどこかでめぐりあう。今度は、人間同士として仲良き友人として過ごしていくと思わせる展開で最終回を迎えると予想します。

King & Princeの歌声が流れ、最終回はきっとハッピーエンドでしょう!

【すきすきワンワン!】の見どころ

主演:岸優太の魅力

主演を務める岸優太さんは【すきすきワンワン!】が連ドラ単独主演は初めて。
キンプリとして活動しているキレキレのダンスを披露する岸優太さんがいかに「クズ男」になりきれるかは大き見どころ。
「僕が演じる雪井炬太郎は、職なし、彼女なし、やる気なしのクズ男ですが、役と共に少しずつ成長できるように頑張りたいです!」とコメント。
岸優太さん演じる雪井炬太郎の成長を暖かく見守りましょう。

共演:浮所飛貴の癒し

浮所飛貴さんが演じるのは人間でありながら「犬」というかなり難しい役。犬として飼い主の雪井炬太郎に甘える姿に愛らしさと癒しを貰えそうです。
「このドラマを通して視聴者の皆さんにまた新しい僕の一面を見せられたらなと思っています。ぜひ楽しみにしていてください!」と意気込みを語っています。

キスシーンはある?

【すきすきワンワン!】は、飼い主と犬の愛情物語。けれど見た目は男同士というので「BL」要素満点になりそうです。キスシーンもあるかも!?
岸優太さんと浮所飛貴さんのあま~いラブシーンにキュンキュンしそうな予感!

最終回までの見どころネタバレ

1話の見どころネタバレ

いぬのてんが真っ白なので浮所飛貴さんの衣装は真っ白です。純粋なてんのハートを象徴するような衣装が素敵です。
天(てん)は犬なので炬太郎を見ると舐めまくりたくなります。浮所飛貴さんが下をペロリとする場面はかなりカワイイ。ラストシーン、炬太郎に天がキスをしそうに!キュンキュンの場面が見どころです。

2話の見どころネタバレ

ラストシーンで、失恋した炬太郎を元気づけようとてんはふざけてお尻フリフリ。炬太郎も陽気なてんと一緒にお尻フリフリ。縁側でふたりがダンスをします。さすがジャニーズと思わせるダンスを披露。短い時間ですがカワイイふたりのダンスは見どころです。

3話の見どころネタバレ

天が炬太郎に「抱いてもいいですよ」と迫ります!炬太郎は押し倒されてオロオロとする場面。かなり激しめに迫る天に注目!

抱いてもいいというのは、犬としても言葉。何かあると炬太郎はいつもてんをぎゅっと抱きしめて勇気を貰っていたのです。だから、光太郎のパーティーに出向く炬太郎に勇気を与えようとした天の思いやりのセリフです。

4話の見どころネタバレ

・サラリーマン時代の炬太郎はスーツ姿!岸優太さんがかっこよくスーツを着こなしています。

・冒頭からふたりが仲良く体操(ダンス)!天がニコニコで嬉しさ満点の笑顔です。可愛い♪♪

5話の見どころネタバレ

・炬太郎が天(てん)を好きだと気づいた5話は、ふたりのイチャイチャぷりも今まで以上に描かれました。スナック菓子を食べる場面、そして、ドライヤーをかける場面は必見です!

・炬太郎が自分の気持ちに気づいて涙を流す場面はキュン。そして「コタクン」と手を振る天が可愛すぎてキュンキュンです!

6話の見どころネタバレ

・ラストシーンでてんが炬太郎に「好き」と告白する場面。「ばか」と叫ぶてんは子どものようです。犬の気持ちで叫んでいると思える「好き」も「ばか」も可愛いです!

7話の見どころネタバレ

・炬太郎の出勤場面!てんとのハグです。照れながらもハグしていいという炬太郎が最高。そして、喜びをいっぱいにして炬太郎に抱き着くてんがめちゃくちゃカワイイです。

・てんが家を出る時、炬太郎の顔に顔を近づけます。キスするの?と思うドキドキの場面です。

8話の見どころネタバレ

・エリーの背中に頬をよせる炬太郎。まさかのラブシーン?と思ってしまいました。エリーのことを励ます炬太郎は素敵です。

9話の見どころネタバレ

・てんの記憶が薄らぐことで自分との幸せの時間がなくなってしまうと話す炬太郎の瞳がウルウル。てんもまたウルウル。涙がこぼれる場面です。

最終回の見どころネタバレ

・最終回は全場面が見どころと言えます。中でもグッとくるのは、てんからの手紙!ありがとうの言葉とそして炬太郎に希望ある未来への言葉に号泣しました。岸優太さんがキラキラの涙を見せています。

・ラストシーンは犬のてんが登場!炬太郎を引っ張って走り出すモフモフのてんは可愛さ満点です。

【すきすきワンワン!】の最終回はいつ?

Q
【すきすきワンワン!】はいつから放送?
A

ドラマ【すきすきワンワン!】初回は2023年1月23日(深夜24時59分~)に放送されました。

Q
【すきすきワンワン!】は全部で何話あるの?
A

ドラマ【すきすきワンワン】の話数は全話10話です。

Q
【すきすきワンワン!】の最終回はいつ?
A

ドラマ【すきすきワンワン!】の最終回は2023年3月27日深夜に放送されました。

【すきすきワンワン!】のスタッフ

  • 脚本:水橋文美江
  • 監督:中島悟 丸谷俊平
  • 編成:安島隆 鈴木淳一 藤澤季世子 明石広人
  • チーフプロデューサー:三上絵里子 島本講太
  • プロデューサー:櫨山裕子 鈴木将大 大護彰子 伊藤美緒
  • 制作協力:オフィスクレッシェンド
  • 製作著作:日本テレビ ジェイ・ストーム

【すきすきワンワン!】の主題歌はKing & Prince!

【すきすきワンワン】の主題歌は、King & Princeの『We are young』に決まりました。

岸優太さんがメンバーの「King & Prince」の歌声がドラマを彩ります。

岸優太さんのコメント

「すきすきワンワン!」の主題歌をやらさせていただけることになりました。
この曲は何と言っても温かみのあるところがポイントです。これまでKing & Princeでは、歌ったことのない種類の楽曲ですので、披露するときの皆さんがどんな反応されるのか楽しみです。
夕暮れ時に聴きたくなるような背中を押してくれる楽曲になってます。是非聞いてください。

主題歌|すきすきワンワン!|日本テレビ (ntv.co.jp)

これまでのKing & Princeとは違うイメージのようで、ワクワクですね。
発売日時:2023年2月22日

【すきすきワンワン!】の見逃し配信

【すきすきワンワン!】の全エピソードは、[ad_tag id="388548"]で配信しています。

Huluは、会員向けの動画レンタル&購入サイト。
日本テレビ系の連ドラ「すきすきワンワン!」を始め「ブラッシュアップライフ」や「大病院占拠」などを配信中。また「死神さん」シリーズ「パンドラの果実」「君と世界が終わる日に」などHulu独占配信の人気ドラマも鑑賞できます。(2023年3月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

記事内画像:【すきすきワンワン】公式サイト