【スパイファミリー】22話のネタバレと感想!闇テニス大会は「テニプリ」を超える!?

スパイファミリー22話ネタバレ

【スパイファミリー】22話のネタバレと感想!闇テニス大会は「テニプリ」を超える!?

【スパイファミリー】22話が2022年12月3日に放送。

22話で合同任務を行うロイドとフィオネ。舞台はまさかの闇テニス大会!

「エースをねらえ!」のお蝶夫人や「テニスの王子様(テニプリ)」のパロディネタ連発。もはやテニスではなく、2作品を超えそうです。

今回の記事では【スパイファミリー】22話「地下テニス大会 キャンベルドン」のネタバレ、感想をお届け。

【スパイファミリー2期】配信情報

【スパイファミリー2】はAbemaTVで配信予定。

1期(1クール)も配信中。2期(2クール)に備えて復習するのはいかがでしょうか?

更に原作漫画は【DMM.com 電子書籍】で購入できます。

【スパイファミリー2期】22話のネタバレ

ロイドとフィオナは闇テニス大会に出場

ロイドへ想いを寄せる諜報部員・フィオナ。疑似家族を持ってからロイドは穏やかさを見せ、鋭さを失っていた。まるで引っ込むナイフ。

フィオナ「そんな先輩も好き!!」

でもそれは自分の役目。フィオナは次の任務で活躍して妻の座をヨルから奪おうとしていた

ロイドとフィオナは合同でミッションを行うことになった。狙いはキャンベルという美術収集家の絵画。そこに東西争い時代に葬られたはずの機密文章「ザカリス文章」の在り処を示した暗号が隠されている。

キャンベルの警備は厳重。そこでフィオナは闇のテニスクラブが主催する「地下テニス大会 キャンベルドン(違法なギャンブル)」に参加優勝賞品として絵画を手に入れる

そして、フィオナの願望と妄想により、ロイドとは夫婦として大会に出場する。

ロイド「他に方法はなかったのか?っていうか闇テニスって何?」

フィオナ「よっぽど好きなのでしょう。試合に勝つだけで任務達成です。」

ロイド・フィオナ疑似夫婦の快進撃

第一回戦は元プロのペア、2人は早速舐められてしまう。ところがロイドのテニスの腕は超一流。サーブだげで1ゲーム獲得。

相手はフィオナを集中的に狙うが、彼女もスーパープレーを連発。もちろんロイドに褒められる妄想も連発

一回戦はロイド・フィオナ疑似夫婦の圧勝となった。

その様子を見ていた主催者のキャンベルは「金になる」と悪巧み。

次の対戦相手は闇テニスクラブ会員の息子・ボリック兄弟。ドーピングで筋肉隆々となっていた。

ロイド「ノーリスクって言ったよね。」

フィオナ「頑張りましょう。あなた。」

一方、アーニャ、ヨル、ボンドは公園でテニス。(ロイドは病院の仕事仲間とテニス大会と説明。)

フィオナがテニス大会に参加しているかも、と思うとヨルは心配で上の空。

「悩むならいっそあの方を」と一瞬、殺し屋モードになるがすぐに引っ込める。

地下テニス大会では対戦相手のボリック兄弟の筋肉が更に盛り上がり、性格も凶暴に。会場も大盛りあがり。

フィオナ「この大会は反則など何でもありなので。あれは多分、筋肉増強剤でしょう。」

ロイド「いや、増強しすぎでしょう。」

ボリック兄弟はロイドを挑発。それに切れたフィオナはボリック兄弟を文字通り瞬殺。ボリック兄弟はスマッシュを何発も食らってノックアウト

謀略の決勝戦

その後もロイド・フィオナは勝ち進みあっという間に決勝戦。最後の相手はキャンベルの息子と娘ペア。幼少期からテニスを叩き込まれた。

控室でロイドはフィオナの手を取る。ボロボロになった手を見て気負い過ぎている、と心配していた。

スパイは冷静さを失ったら終わり。焦りのために死んでいった仲間たちと同じ道は辿って欲しくない

フィオナ「昔、スパイは消耗品と言っていたのに私の心配をしてくれる。」

好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き

フィオナのキュンキュンは止まらない。手のしびれも止まらない。だが、本当に手がしびれてきた。

控室には無色無臭のガスが流されていた。キャンベルはロイド・フィオナのオッズを釣り上げてから叩き潰し、大儲けするつもりだ。

22話の結末

試合開始、ガスのせいで思ったように力が出せないロイドとフィオナ。相手はエンジンを搭載した改造ラケットを使用、1セット取られてしまう。

体の調子が戻ってきたロイドは華麗なテクニックで反撃開始。ボリック兄は部下に命じてロイド・フィオナペアのコートの一部を下げる細工をする。

ロイド「こんなくだらん小細工で優勝をくれてやるつもりはない!!」

決意を新たにするロイド。

好き!!

フィオナの想いは留まることを知らなかった。

【スパイファミリー2期】22話の感想とレビュー

闇テニス大会は「テニプリ」を超える!?

【スパイファミリー】22話は闇テニス大会前半戦。フィオナの妄想などギャグ色が強いですがテニスの描写には気合が入っています。

フィオナの金髪カールヘアは「エースをねらえ!」のお蝶夫人のパロディ。とんでもない試合展開は「テニスの王子様(テニプリ)」のパロディでしょう。

「テニプリ」はボールが分裂したり、消えたりしますが、ドーピングは無し。もちろん賭けもしません。

【スパイファミリー】の筋骨隆々や改造ラケット、コートに細工と「テニプリ」を超えてしまったようです。

次週予告

次回の【スパイファミリー】は闇テニス大会決着。フィオナのロイドへの想いはどうなるのでしょうか?

2022/12/10(土)23:00~の放送をお楽しみに。

21話<< >>23話

画像の引用元:TVアニメ『SPY×FAMILY』

コメント