【卒業タイムリミット】7話|高畑あやね(桜田ひより)の告白カード

卒業タイムリミット7話

【卒業タイムリミット】7話

夜ドラ【卒業タイムリミット】第7話が2022年4月13日(水)に放送されました。

7話では、高畑あやね()の告白カードが新たに紹介されて…。

今回は【卒業タイムリミット】第7話のあらすじネタバレと感想について!

*本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【卒業タイムリミット】7話のあらすじネタバレ

【卒業タイムリミット】7話のあらすじネタバレです。

13時30分。15時に配信があると、犯人からの予告がきた。

黒川()たちはサッカー部顧問で体育教師の野上厚(池内万作)の行動を追うことに。

【荻生田の告白カードの続き】顧問が変わり全員の気持ちに火が付いた。というより、手を抜くと顧問に罵倒されるから真剣にならざるを得なかった。部の成績は上がった。都大会にも進むことができた。ただ…。

サッカー部の先輩がやってきて荻生田に話しかける。スポーツ推薦で決まった先輩たちで、恩師のもとに呼ばれてきたという。荻生田も大学決まったと報告した。だが、イライラする荻生田。

この日。野上は体調不良で早退。サッカー部も休みになった。

小松澪(紺野彩夏)の体調が悪いので高畑あやね()が彼女を送っていった。

帰り道。澪は女子大に受かったことをあやねに話す。恋愛に興味ないから女子大にしたという。

一方、黒川・荻生田が伊藤先生()の車で野上を尾行。

なぜか帰宅後すぐに居酒屋に直行していた。

家族と仲が悪いのだろうか…。

「年上の妻と娘2人がいる」と荻生田が情報を伝える。

「詳しいな。荻生田は元サッカー部の顧問か。2年の途中でケガ辞めたんだっけ?」と伊藤がいう。

黒川は初耳だった。知らなくてサッカーの話題ばかり言ってしまったのを謝る黒川。

黒川も自分が産まれてすぐ、父親が交通事故で亡くなったことを荻生田に話した。

あやねがやってきた。

動画配信時刻に姿を消す野上。いったいどこに消えたのか。

居酒屋の裏は川になっていた。船で逃げたのか?

と思ったらトイレから野上が出てきた。

昨日、妻の車をこすってしまったため家に帰ったら殺される、と店主に話す野上。

野上と宇部はシロだった。しかし単独犯の場合だ。

次は17時の配信だ。

3人は改めて水口(滝沢カレン)の自宅マンションで聞き込みをする。

【高畑あやねの告白カード】高校生活で一番悔しかったこと:私は帰国子女枠で高校に入学しました。5年間、ロンドンに住んでいたので、英語教師より英語に自信がありました。予想通り、英語教師のスペルミスなどの間違いが多々あり、授業後いつも指摘しに行きました。先生は「いつもごめんね」と言ってお菓子をくれました。目下の人の指摘を受けれ入れ謝るなんてなかなかできないと思います。実際その先生は人気を集めていました。教師は知識も大事ですが生徒との信頼関係は一番大事だと思います。その意味でその先生は理想的に見えました。でも…

3人はバラバラに聞き込みする。

電話がかかってきて、高畑()は「かけてこないで言ってるでしょ。みんなに嘘つくのがどれだけしんどいか、本当にわかってるの?」と感情を爆発させる。

その様子を荻生田が目撃してしまい…(つづく)

【卒業タイムリミット】7話の感想

7話では高畑あやね()の告白カードが新たに紹介されました。

人気者の英語の先生って、水口先生のことでしょうか。

間違いを指摘されてもおおらかな対応しそうですよね。「でも」の続きがキーポイントになりそう。

それは荻生田の告白カードも。サッカー部が強くなって良かったけど、でも…って悪いことですよね。

そしてラストは、あやねに何やら不穏な電話のやりとりが?!

少しずつ明かされていく生徒たちの本当の姿。続きが気になりますね。

6話<< >>8話

画像出典:NHK