【それってパクリじゃないですか?】3話・北脇(重岡大毅)がスパイ?衝撃展開に視聴者ざわつく!

当サイトのリンクには広告が含まれます
それってパクリじゃないですか

【それってパクリじゃないですか?】3話・北脇()がスパイ?衝撃展開に視聴者ざわつく!

【それってパクリじゃないですか?】3話が4月26日に放送されました。

・亜季()が北脇(重岡大毅)から任された仕事は?

・衝撃展開!北脇がスパイ?

日本テレビ【それってパクリじゃないですか?】3話のストーリー・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【それってパクリじゃないですか?】の全話はHuluで配信します。

あわせて読みたい
【それってパクリじゃないですか?】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の結末と恋愛要素は? 【それってパクリじゃないですか?】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の結末と恋愛要素は? 芳根京子主演ドラマ【それってパクリじゃないですか?(それパク)】のネ...
目次

【それってパクリじゃないですか?】3話の視聴率

【それってパクリじゃないですか?】3話の視聴率は、4.3%でした。 )

【それってパクリじゃないですか?】3話のストーリー

【それってパクリじゃないですか?】3話のストーリーです。

北脇から侵害予防調査の指示

高梨()が開発した新ドリンクができた。時間経過とともに色と味が変化する飲料だ。

試飲をする亜季(芳根京子)は「ぱらららって感じ」「ぐぐぐって感じ」と表現。

この技術を月夜野の特許として出願することに。北脇(重岡大毅)は知財部もあり得る協力をすると言う。

亜季は、北脇から侵害予防調査を頼まれる。

侵害予防調査は、他社の特許権を侵害していなか特許庁のホームページから、新商品に関するキーワードを調べる仕事。

ピンとこない亜季や高橋(松尾和樹)木下(相島一之)にボールペンとえんぴつなどを例にして、北脇が説明する。

「悪魔の証明」と称され、かなりの時間を費やす作業だ。

時を同じくして、さやか(朝倉あき)が新作スムージーを完成させる。オレンジリーフカフェとの共同作品だ。うまくいけば、オレンジリーフカフェ全店で販売できる。

高梨がドリンクを開発するとき、さやかはチームから外され窪地(豊田優大)が任された。後輩に抜かされてしまったさやかはスムージーに気合いを入れていた。それがやっと完成したのだ。さうかを慕う亜季は、ともに喜ぶ。

知財部の経費問題

相島らが知財部が予算を超えていると抗議。

北脇は知財にはお金がかかることだと凛として答える。営業部を筆頭にしてどの部署も経費の無駄が多いと指摘する。

社長の増田(赤井英和)は、前回の業務委託の件で北脇を気に入り、知財に関することを全面的に任せている。つまり、北脇のいうことは社長のいうこと。
相島は何も言い返せず亜季に八つ当たり。

五木(渡辺大知)と亜季は休憩室で会う。
五木は、北脇の言っていることは間違ってない、と言う。そして「知財の事を勉強しないといけない、頑張ろう」と励ます。

亜季が開発のお手伝い

亜季はスムージーの侵害予防調査をしてみる。すると、特許権侵害がみつかる。北脇は亜季のパソコンをのぞき込む。

来週のプレゼンを中止にしろと言う北脇。
それができなければ…

1、他社の特許を無効化させる
2、他社にライセンス料を払う
3、製造方法を変える

そのいずれかだと言う。

亜季は頭を抱えてしまう。

いつものように、亜季はゆみ(福地桃子)のカフェに。
亜季は、北脇から初めて仕事を任されたと嬉しそうにゆみに話す。


「ふてぶてリリィ」の件では、相手の会社に闘う姿勢を見せたら何も言ってこなくなったというゆみ。現在、商標の権利を取り返す段階になっている。

高梨は、さやかに「スムージーは中止にし、来週のプレゼンには窪地の案を提出する」と告げる。

さやかは「チャンスをください」と頭を下げる。

高梨は許可。こうしてさやかはもう一度開発をし直す。亜季はさやかを手伝うことに。

北脇と高梨がバトル

特許侵害の問題が起こる。
川上化成に使われているキャップの技術は月夜野の技術だ。これは悪質な特許権侵害。月夜野の利益を損なうもの。
川上化成はお得意様。貴子らは、警告を取り消して欲しいというが、北脇は警告すると譲らない。

高梨は、開発に関することは社長から任されていると言い出し、北脇と対峙する。とりあえず、高橋が先方に話すことでおさまる。

北脇は、自分たちが持つ財産にもっと自覚をもつべきだと考えているのだが……。

**

さやかの開発の手伝いをする亜季は、数値のことばかり気にしていた。さやかの試作品を口にもせず、パソコンに向かう亜季にさやかは
「もう手伝わなくていい。北脇さんと一緒だ」と怒る。

さやかとはすぐに和解できた。そして、試飲したが「何かが足りない」と素直に感想を伝える。

亜希とさやかは、スムージーの原材料を作っている有機農園に行くことに。五木らも一緒だ。

農園を運営する人の言葉から亜季はあることに気づく。
それは、スムージーはそのままでよく、説明文の一部分を変えれば特許侵害にならないということだ。
牛乳をライスミルクに置き換えるという方法だ。北脇に申し出ると「それでいい」と許可がでた。

こうしてカフェとのプレゼンにさやかのスムージーを出すことができた。しかし、窪地のドリンクが選ばれた。

高梨はさやかに「あなたのドリンクが気にいった」と言う。
さやかは自分が役に立たないと思っていたが、そうではなかった。高梨は、さやかが自分と考えが似ていたから、安心して別の開発を任せたのだと打ち明ける。

3話の結末

亜季は侵害予防調査を終えることができた。その時、高梨から「報告書、よく書かれていた」と言われ愕然とする。

北脇に報告書を提出する亜季は「どういうこと?報告書ってもう出していたんですか?私がやったことって…」
「練習です」と北脇。

調査結果は重要なもの。新人に任せることはできなかった。しかし、亜季に練習だと告げたら本気でここまではやらないと思ってのことだった。

亜季は「北脇さんが私を信用して仕事を任せてくれたと思った。だから嬉しかったのに」と言う。

ひとり泣いている亜季にさやかがスムージーを持ってやってきた。

ふたりでスムージーを飲む。

知財の仕事は必要なことだと分かってきた。けど、私には向いてない。北脇のことが全然わからない。開発部に戻りたい

さやかは噂だけど、と爆弾発言。

「知財部は親会社が突然作れと言って作られた部署。そこに北脇がやってきた。親会社が月夜野の特許を盗むために北脇を送りこんできたのかも」

つまり、北脇はスパイということだ。

その頃、北脇は書棚からカメレオンティーの書類をひろげていた。

<続く>

【それってパクリじゃないですか?】3話の感想

3話の結末に北脇のスパイ疑惑が!Twitterには「スパイなんて嘘だよね」など『北脇スパイ説』否定の声が!

【それってパクリじゃないですか】3話の感想を紹介します。

【それってパクリじゃないですか?】3話は侵害予防調査のストーリー。北脇は相変わらず表情を崩さず厳しいですが、亜季が「仕事を任されて嬉しかった」と話した時に、表情が変わります。微妙な変化ですが、北脇の心に亜季の気持ちが響いているのだと感じ場面です。
北脇のスパイ疑惑で終わった3話。北脇は良い人、スパイじゃないと思うのですが……。
果たして?

次回予告

・スパイと噂される北脇が姿を消す!?
・亜季が月夜野イメージキャラクターの商標出願の担当に!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【それってパクリじゃないですか?】公式サイト

それってパクリじゃないですか

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次