『silent/考察』湊斗は最強の当て馬⁈コンポタ差し出す完璧さに「優男すぎる!」

鈴鹿央士
※当サイトのリンクには広告が含まれます

川口春奈さんが主演を務めるフジテレビ系木曜劇場「silent」。
10月13日に2話が放送されました。
高校時代の恋人が8年後に再会…。すると彼の耳は聞こえなくなっていた、という切ないお話ですが、主人公の青羽紬(川口)の彼氏・湊斗を演じる鈴鹿央士の優しさに涙する人が続出。

今回は戸川湊斗にスポットを当て、今後の話の展開を考察します。

彼氏としては完璧すぎる湊斗

湊斗が彼氏として完璧なポイントをご紹介。

紬の異変に気がつき、フォローする 

電話の声で、動揺している紬に気が付いて「パンダ・スペース・落ちる」で検索して動画を見て待っているように指示。
湊斗は迎えに行くまで、ほんの少しでも紬の不安を払拭しようとしています。
可愛らしいパンダ動画を見て、心を落ち着かせてあげたいと考えたのです。
常日頃から、紬が喜ぶような動画を検索しているのかもしれません。

好きな飲み物を把握

「コーヒー」「ココア」「コンポタ」と紬の好きな3種類の飲み物持参で登場。
「ぬるくなっちゃった」と言っているので、紬はホットドリンクが好きなのかも。
3本のドリンク冷めてしまうほどの距離持ち歩いたなんて、もう愛しかないと思います。

紬のファッションを常にチェック

買ったばかりの紬のスカートに一瞬で気が付き「それ、新しいね。」とサラリと褒める心配り。
女子は洋服や髪型の変化に気が付いてもらえると嬉しいですよね。
ただ、想に会うために新しいスカートをはいていった紬の心情が分かったら複雑ですよね…。

食の好みももちろん熟知

ファミレスで「ハンバーグにはライス」と自信をもって言い切っちゃうのも。紬の好みを熟知しているからこそ。
好きなものを知っているってことは、嫌いなものも分かっているわけですから、紬を不快にはさせません。

湊斗の当て馬フラグと結末

湊斗がここまで完璧に紬に尽くすのは、きっと今でも紬が想を好きなことを知っているから。
紬に賢明に尽くすことで自信を持とうとしていたのかもしれません。

湊斗は想と紬が出会う前から紬のことが好きでした。
だけど湊斗は紬と想の2人が運命的に惹かれ合うの見ていなくちゃいけなかった。
高校卒業後、紬と想が別れたことを知り、紬と付き合ったことを後ろめたく感じているのではないでしょうか。

自虐的に「もらった」と笑いながら話して、でも音信不通になった想を心配していて、ずっと紬を愛し続ける。

最後は想に紬を「返す」という結末を迎えるのではないでしょうか。

ただ、湊斗を紬と想を結びつける当て馬だと簡単に片付けてほしくない、と言うのが本音です。

当て馬とは
主人公に思いを寄せる2番手のキャラを指すのが一般的。
主人公と本命の間をかき回すものの、当て馬は本命の真意を探る役割のため、本命には勝てません。 主人公と本命の恋愛を盛り上げるだけで終わることが多いのです。

視聴者の意見と感想

溢れる優しさに胸が痛くなる…。でも、それが湊斗という人。
いい人だからこそ、誰よりも幸せになってほしいですね。

まとめ

最強の当て馬、とSNSで言われている湊斗(鈴鹿央士)についてご紹介しました。
これまでも「当て馬」と称される役は「いい人」であることが必須。
だけど湊斗の「いい人度」は高得点で、「当て馬」なんて言葉で表してほしくないくらい。
どうか、最終回まで優しい湊斗でいてほしいです。間違っても、嫉妬で豹変してしまうことなどありませんように!

【silent】は木曜よる10時からフジテレビ系で放送中です。