スポンサーリンク

【シグナル スペシャル】のネタバレと視聴率!大山(北村一輝)の衝撃結末に「続き気になる」の声!

SPドラマ-シグナル
https://www.ktv.jp/signal/

【シグナル スペシャル】のネタバレと視聴率!

坂口健太郎主演ドラマ【シグナル 長期未解決事件捜査班】スペシャルドラマ版が3/30(火)に放送されました。

放送後、大山()の衝撃の結末に「続きが気になる」の声が殺到!?

今回は【シグナル スペシャル】の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

【シグナル】連ドラとスペシャルドラマの動画はFODプレミアムで配信!

ADVERTISEMENT

【シグナル スペシャル】のネタバレ

【シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル】のあらすじネタバレを紹介します。

<これまでのドラマ「シグナル」>三枝健人()は古い無線機で、熱血刑事・大山剛志()と時空を超えて通信できるようになった。2人は、互いに協力して未解決事件を解決してきた。大山は現代で白骨死体で見つかった。しかし三枝は大山を殺害した人物を突き止め、無線で彼にその事実を伝えた。そして過去を変えることに成功。大山の死は回避されたが…。

婚約者が生きていた!?

2018年。健人はついに大山と対面するときを迎えようとしていた。その矢先、大山は入院中の病院から忽然(こつぜん)と姿を消した。

殺人の容疑で逃走中だった元警視庁管理官・中本慎之助(渡部篤郎)が殺された。大山は中本の殺害の濡れ衣を着せられ、2020年の今も行方不明。

健人は中本殺しの犯人を捕まえることこそが、大山を救う唯一の方法だと考えて、未解決班に入り、桜井美咲(吉瀬美智子)とともに真犯人の逮捕を誓う。

ある日、カメラマンの武田寿士()が長期未解決捜査班を訪ねてくる。20年前に自殺した婚約者・上杉胡桃()が生きているから見つけてほしい、という要望だ。

数日前、2人の思い出の場所で、寿士がカメラを構えると、レンズの向こうに歳を重ねた胡桃がいたという。撮影した写真を見ると、写っている女性は確かに胡桃によく似ていた。もし、本当に胡桃が生きているとしたら、20年前に貯水池で発見された遺体は別の人間なのか——。

健人と美咲たち長期未解決捜査班は、捜査に乗り出すが、遺族はなぜか非協力的で、捜査は難航。

ある晩の23時23分、再び無線機が鳴り出し、健人は2000年を生きる大山とつながる。健人から話を聞いた大山は、逃走中の身でありながら捜査への協力を申し出て、上杉胡桃の葬式で20年前の武田に接触するなどしていく…。

犯人は石川匠(青木崇高)

やがて大山は、女優の卵だった胡桃が、派遣のアルバイトで訪れたパーティーで、建設会社社長の石川匠()と出会っていたことをつかむ。石川は上杉胡桃をレイプし動画を撮っていた。

2020年。健人は石川と接触。石川は元警察官で、バックに大物政治家・野沢義男(西岡徳馬)がいる。健人が脅迫まがいの尋問をする。石川は「俺だよ。 あの女は生意気だったから 俺が この手で殺してやった。」と自白したが、「黙秘権や弁護人選任権を事前に告知しなかったから無効だ」とあざ笑う。

胡桃(桜井ユキ)の生存理由

一方、美咲は胡桃の友人・秋川里保を捜索。里保は一人っ子で両親は他界。2000年12月からドイツ留学中で、2週間前に日本に戻ってきた。美咲は里保が泊まっていたホテルを訪ねたが、先週チェックアウトしたという。ホテルの部屋の窓から見えたのはクリストファー病院。

クリストファー病院は、胡桃の母が4日前に肝臓移植を受けた病院。美咲はその病院へ行き、胡桃の姉を発見。その姉の制止を振り切って、入院中の上杉胡桃を発見する。胡桃はドナーとして20年ぶりに日本へ戻ってきた。これまで秋川里保として生きてきたのだ。

20年前、上杉胡桃はビデオを奪い返そうと石川の部屋に行ったとき、またも性的暴行を受ける。「地獄のようだった」と胡桃は振り返る。それでも、隙をついてビデオを探していると、拳銃を発見。それは中本(渡部篤郎)殺しの拳銃で、石川は「処分する」と誰かと電話していた。なぜか胡桃は拳銃を奪って逃走した。

その後、拳銃を奪い返しに胡桃の部屋へ来た石川は、人違いで秋川理保を殺害!胡桃は恐怖で隠れて見ているだけだった。そして秋川里保として生きていくことを決めた。

胡桃の姉は証拠のMDを保存していた。そのMDに録音されている内容は、胡桃の部屋で理保が殺害された日の出来事。オーデイションの前日だから里保が泊まりにきていて、一緒に練習していた。同じベットで寝ていたが、深夜、起きて台所で水を飲んでいた胡桃。そのとき玄関で音がした。石川が部屋に入ってきて、眠っている里保を胡桃と勘違いして殺害。「俺と交渉だと!お前が悪いんだからな。俺の銃を盗みやがって」という石川の声が録音されていた・・・

石川は警察の仲間から録音を入手し、弁護士に聞かせる。すると、この録音内容では「証拠不十分、未解決班の狙いは自白だから任意同行に応じないように」と弁護士は石川に助言する。

三枝健人と石川匠の対決

しかし健人は、「(石川は)衝動的な性格で劣等感の塊みたいな男だから、若造に負けたくないはず」とにらむ。健人は餌をまいたのだ。予想通り、石川はひとりで警察署へ乗り込んでくる。

健人は、今度は黙秘権と弁護人選任権を告知して取り調べる。山崎公安部長()も石川の取り調べを見守りにきた。

健人はMDの録音を聞かせた。石川は「殺害時に録音されたっていう証明はできますか?」とついてくる。

健人は、MDの録音の続きを紹介する。里保を絞め殺した後、拳銃を見つけた石川。そのあと、台所の方で音がした。風呂場に隠れて震える胡桃。石川が探しに行きかけたとき…玄関でノックの音が!「胡桃?胡桃いないのか」と武田寿士()の声がした。

この声のおかげで石川は台所を探すのをやめた。そして武田の声が録音されているということは、胡桃の部屋であるという証拠だ。

それでも石川は「これだけじゃ俺は逮捕できねぇぞ。」と強気だ。しかし健人は秘策があった。

取り調べ室へ、車椅子に乗る胡桃が入ってくる。

「なんで?何でお前がいんだよ。 何で? 確かに この手で殺したはずだろ お前!」と石川。

胡桃は「あなたが殺したのは私じゃない!あの日私の家に泊まりにきてた友人秋川理保よ!」と告げる。

健人は、石川から殺人を認める言葉を引き出した。今回は事前に黙秘権と弁護人選任権を告知したので法的にも有効だ。

気が動転して、健人を殴る石川。押さえつける刑事たち。美咲は「中本管理官を殺害したのもあなたですね?」と詰め寄る。

石川は曙署を退職する1週間前に拳銃を紛失。しかし本当は中本をその拳銃で殺害したから紛失したことにして処分した。

「お前ら証拠がないんだな。教えてやるよ。桜木町にあった知り合いの鉄くず屋で処分した。その知り合いは死んで、今はビルが建ってるよ」と笑う石川。

証拠がないならば難しい。中本殺害でなく、秋川理保殺害容疑で逮捕した。

大山(北村一輝)の逆転劇

健人は無線機で、2020年の大山に、中本殺害の拳銃を見つけるよう依頼した。大山が鉄くず屋に行くと、まだ拳銃があった。やがて石川は中本殺害の容疑で逮捕される。

翌朝、健人が起きると過去が変わっていた。<警察官殺しで逮捕された石川建設社長が別件殺人を自供>というニュースになっていた。20年前の石川(26歳)は中本殺害容疑で逮捕され、別人と勘違いして秋川里保を殺害したことも認めていた。

武田と胡桃は結婚し子供もいた。大山のおかげで幸せな方向に変化していた。健人は美咲に「いつか会えますよ。あの2人みたいに。あきらめなければ」と声をかける。

健人は無線機で大山と話す。石川は誰の指示で動いたのかは割っていないという。大山は城西署に復帰せず、飛ばされていた。だから美咲とは再会していないが、危険な目にあわせるからこれでいいと大山。

健人:「大山さん 俺は あなたに憧れて 2010年に 警察官になったんです。」
大山:「2010年ですか。」
健人:「これで ようやく あなたに会えるかもしれません。 」
大山:「じゃあ それまでに黒幕を逮捕しないと。 そしたら 必ず会いにいきます。 」
健人:「楽しみです。 」
大山:「でも 会ったら びしびし しごきますからね。 覚悟をしててください。」
健人:「 わかりました。 どうか そっちにいる俺のことも よろしくお願いします 大山巡査部長。 」
大山:「もちろんです 三枝警部補。」

悲劇の結末

2010年4月1日。健人は、警察学校の卒業式を迎えていた。

一方、大山は「今から投函します。またあとで」とどこかへ電話。大山はある写真を見る。内閣情報調査室次長・三谷宗久(杉本哲太)と警視庁公安部長・山崎聡史()の密会写真だ。大山は封筒に写真を入れた。あて先は毎朝ジャーナル。

そして封筒を持って外出した大山は、橋を渡っていた時に、銃撃される。「さえぐさ…警部補」とつぶやきながら、川に転落。封筒も川へ…。

そのころ、石川は留置所で首つり自殺。誰かが立ち去る姿も…。

23:23。無線機が光って…(スペシャルドラマ終わり)

【シグナル スペシャル】の視聴率

【シグナル スペシャル】の視聴率は6.4%

(ビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【シグナル スペシャル】の感想とまとめ

大山巡査部長(北村一輝)の衝撃の死(?)という結末に「続きが気になる」の声が殺到していて…

撃たれて川に落ちた大山さん。また亡くなってしまったのか?

それとも生きてる?

杉本哲太さん、田中哲司さんの悪事は映画で暴かれる?

と、続きが気になって仕方ありません(笑)

もちろんスペシャルドラマ単体でも見ごたえありました。青木崇高さん演じる石川の憎たらしいこと。

三枝健人との息詰まる心理戦、攻防戦の取り調べ室でした。

劇場版も期待しています♪

当記事画像出典:https://www.ktv.jp/signal/

コメント

タイトルとURLをコピーしました