【35歳の少女】の視聴率と最終回ネタバレ!バッドエンドの予感しかない!

35歳の少女
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【35歳の少女】の視聴率と最終回ネタバレ!バッドエンドの予感しかない!

この記事でわかること
  • 日テレ土曜ドラマ【35歳の少女】の視聴率と視聴率予想
  • あらすじネタバレ記事一覧
  • 最終回ネタバレ&予想
  • バッドエンドの予感がする理由

【35歳の少女】の視聴率まとめ

ここでは、日テレ土曜ドラマ【35歳の少女】の視聴率と視聴率予想についてまとめます。

【35歳の少女】の視聴率

【35歳の少女】の視聴率を全話まとめていきます。視聴率は発表後に更新していきます。

内容 放送日 視聴率
1話 望美が目覚める 10/10 11.1%
2話 豆腐は悪くない 10/17 9.6%
3話 ママ、ありがとう 10/24 10.0%
4話 結人が教師を辞めた理由 10/31 9.1%
5話 結人とママ、どっちを選ぶ? 11/7 9.4%
6話 望美のファーストキス 11/14 7.6%
7話 ひとりで生きていく 11/21 7.7%
8話 望美が灰色のYoutuberに 11/28 9.4%
9話 多恵の死と家族の絆 12/5 7.2%
10話 みんなの夢と家族の再生 12/12 9.7%

初回は11.2%の好発進!まだまだ伸びていく…と予想しましたが、2話では1.5%減。でも望美の人生がどうなったかを見届けたい人が増えて最終回に向け盛り返すと思います。→最終回は9.7%に盛り返しました。

【35歳の少女】視聴率予想

「日テレ土曜ドラマ」、「主演ドラマ」、「遊川和彦脚本ドラマ」の過去作品視聴率から【35歳の少女】の視聴率を予想してみたいと思います。

日テレ土曜ドラマの視聴率

2019〜2020年の日テレ土曜ドラマの視聴率を調べてみました。

ドラマ名 主演 平均
視聴率
放送
クール
イノセンス 冤罪弁護士 坂口健太郎 9.1% 2019冬
俺のスカート、どこ行った? 古田新太 8.7% 2019春
ボイス 110緊急指令室 唐沢寿明 10.9% 2019夏
俺の話は長い 8.4% 2019秋
トップナイフ-天才外科医の条件 11.3% 2020冬
       −   −  − 2020春
未満警察-ミッドナイトランナー
9.4% 2020夏

2019年から2020年の2年間で見てみると2桁超えは「ボイス」と「トップナイフ」の2作品でした。

柴咲コウ主演ドラマの視聴率

柴咲コウ主演ドラマの視聴率を調べてみました。

ドラマ名 共演 平均
視聴率
放送
クール
オレンジデイズ 17.4% 2004春
○○妻 東山紀之 14.3% 2015冬
おんな城主 直虎(NHK大河) 高橋一生 12.8% 2019秋

ここで注目したいのは、【35歳の少女】同様・遊川和彦さん脚本の「○○妻」が平均視聴率14.3%を記録していることですね。最高視聴率は最終回の14.7%でした。

柴崎コウの民放主演ドラマが意外と少ないのに驚きました。

「Good Luck!」「信長協奏曲」、「ガリレオ」や「Dr.コトー診療所」シリーズなど人気ドラマのヒロイン役で出演していることが多いせいかもしれません。

遊川和彦脚本、おもなドラマの視聴率

ドラマ名 主演 平均
視聴率
放送
クール
魔女の条件
滝沢秀明
21.5% 1999春
幸福の王子 本木雅弘 11.6% 2003夏
女王の教室 天海祐希 17.3% 2005夏
学校じゃ教えられない! 6.4% 2008夏
曲げられない女 菅野美穂 14.6% 2010冬
リバウンド 相武紗季 11.1% 2011春
家政婦のミタ 松嶋菜々子 25.2% 2011秋
○○妻 柴崎コウ 14.3% 2015冬
偽装の夫婦 天海祐希 12.1% 2015秋
はじめまして、愛しています。 尾野真千子 9.9% 2016夏
過保護のカホコ 11.5% 2017夏
ハケン占い師アタル 杉咲花 10.6% 2019冬
同期のサクラ 高畑充希 10.9% 2019秋

以上の過去データから考えると、初回は9〜10%前後からスタートするのではないかと予想します。

ドラマ【35歳の少女】のネタバレまとめ

ドラマ【35歳の少女】全話のあらすじネタバレ記事をまとめていきます。ネタバレ記事は各話放送後にアップします。

【35歳の少女】1話のあらすじネタバレ

10歳の交通事故から眠り続けて25年。奇跡を願い続けた母が諦めかけたそのとき、目覚めた娘は10歳のままだった…。家族も学校も、25年前の世界と同じものは何もないのか、絶望しそうになった望美に初恋の人が意外な告白!

【35歳の少女】2話のあらすじネタバレ

多恵(鈴木保奈美)に「早く大人になれ」と言われるが戸惑う望美(柴咲コウ)。家族がみんな望美の事故は自分のせいと思っていることにも心を傷めていた。25年ぶりに同級生に会うが自分が思っていた友達とは別人になっていた。苦しむ望美に結人(坂口健太郎)は、「焦らなくていい、やりたいようにやれ」と言い…。

【35歳の少女】3話のあらすじネタバレ

望美(柴咲コウ)が目覚めてから、本当はいちばん楽しいはずなのにどんどんギスギスしていく多恵(鈴木保奈美)。家族からもひどいことばかり言われて孤独になる。多恵を救った望美の仲直り方法とは?相沢が諦めきれない愛美(橋本愛)はブチキレてとんでもない行動に走る。

【35歳の少女】4話のあらすじネタバレ

多恵(鈴木保奈美)は望美(柴崎コウ)が目覚めたらやりたかったことをいろいろ試すが、望美は反抗期にさしかかり、母をうざがる。進次(田中哲司)と愛美(橋本愛)はそれぞれ仕事で“いらない人”扱いされて苦しむ。中学生と友達になったと喜ぶ望美だが…

【35歳の少女】5話のあらすじネタバレ

望美(柴崎コウ)は急速に成長する。勉強も心も高校生くらいになり、結人(坂口健太郎)との恋愛のことばかり考える。愛美(橋本愛)はやっと相沢(細田善彦)と会社に見切りをつけ、進次(田中哲司)は左遷の辞令と加奈(富田靖子)の嫉妬に苦しむ。多恵(鈴木保奈美)に望美との交際許可を得ようとする結人だが…。

【35歳の少女】6話のあらすじネタバレ

望美(柴崎コウ)と結人(坂口健太郎)の同棲生活が始まる。アナウンサーの夢を追いかける望美、再び教師を目指す結人。愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)も就活中。またみんなに笑顔を取り戻したいと思う望美は空回り。愛美は望美につい「あのまま死んだほうがよかった」と言ってしまう…。

【35歳の少女】7話のあらすじネタバレ

結人(坂口健太郎)と結ばれ、幸せに浸る望美(柴崎コウ)はアナウンサーの夢を諦め、結人のために生きると決める。アルバイトも始める。せがんで会わせてもらった結人の両親にもう愛はなかった。愛美(橋本愛)はマッチングパーティで大荒れ。進次(田中哲司)は加奈(富田靖子)から離婚届の捺印と署名を迫られる。多恵(鈴木保奈美)の大きな決断が望美の運命も変えていく。

【35歳の少女】8話のあらすじネタバレ

結人(坂口健太郎)は望美(柴崎コウ)を探すが行方がわからない。進次(田中哲司)はやぶれかぶれで本心を伝えると加奈(富田靖子)は意外な行動に。時間を売買するYoutuberとなっていた望美の居どころを突き止めた家族は代わる代わる望美と話しにいくが、別人となった望美から容赦なく批判され、みな傷つき去っていく。そして最後の訪問者、多恵(鈴木保奈美)が意外な行動に…。

【35歳の少女】9話のあらすじネタバレ

望美(柴咲コウ)を殺そうとした多恵(鈴木保奈美)が倒れて意識不明に。多恵の日記とメッセージが望美の灰色の心を溶かす。望美と愛美(橋本愛)は多恵を目覚めさせるという奇跡を起こそうとするが…。最終回直前、時岡家、今村家、広瀬家が大きく揺れる、怒涛の展開!

【35歳の少女】最終回のあらすじネタバレ

多恵(鈴木保奈美)の49日が過ぎた頃、それぞれの新しい人生が動き出す。自立できずに結人(坂口健太郎)と会えずにいる望美(柴咲コウ)はあるきっかけで再会する。結人、愛美(橋本愛)、進次(田中哲司)、達也()も夢を諦めずに頑張ろうとするが…。

ドラマ【35歳の少女】の最終回ネタバレ

ドラマ【35歳の少女】の最終回結末予想をしていきたいと思います。

「○○妻」「純と愛」からバッドエンドの予感!

遊川和彦さん作品だと、どうしても思い出してしまうのが「○○妻」と「純と愛」のバッドエンド。ドラマが始まる前から嫌な予感がよぎります。

「○○妻」のラストでは、せっかくひかり(柴咲コウ)と正純(東山紀之)が本当の夫婦になってハッピーエンドになるかと思ったら、なんと最終回でひかりが死んでしまうのです。

「なぜわざわざ殺す」「驚かせたかっただけ?」「普通にハッピーエンドが見たかった」などと非難が殺到して大炎上したからです。

朝ドラ【純と愛】では、脳腫瘍の手術の後、目覚めない愛(風間俊介)に純(夏菜)がキスをすると愛の手がちょっとピクピクするのですが、その後、愛がどうなったかの描写が一切ありませんでした。

待田純ってヒロインの名前は愛を「待つ」ってとこから来てたのか!?なんて思った最終回でした。

【純と愛】では、勤め先のホテル崩壊、家族崩壊、ヒロインの夢である実家の宿焼失、両親の死など、これでもかってほどにヒロインに苦難が押し寄せたので、最後ぐらいハッピーエンドになるかと思いきや、モヤモヤさせるラストに最後まで酷評が続きました。

今回も、もしやあっと驚くバッドエンドになるのでは?と考えてしまいますよね。

望美と結人は結婚する!?

【35歳の少女】では、最終回で望美(の精神年齢)が35歳という実年齢に追いつく展開となるでしょう。

35歳になったとき、初恋の人・結人(坂口健太郎)と結ばれる、結婚するかどうかも物語の見どころになっていくのではないかと思います。

3話の予告で、愛美と結人が飲んでいるシーンがあり、三角関係にもなりそうです。愛美のような気の強い女の子は意外と結人のようなツンデレに弱いので…。

でもそこでまた気になるのが、遊川和彦さんの脚本にはいつも最後まで驚かせられることです。

・せっかく望美が35歳になったとき、結人が事故で眠りについてしまい、今度は結人の目覚めを望美が待つ。

・「○○妻」のように望美(柴崎コウ)が死んでしまう。

そんなバッドエンドにならないことを祈りながら、最終回まで見守っていきたいと思います。

8話で、多恵(鈴木保奈美)が倒れました。眠ってしまうのは多恵ですね。「自分ひとりで生きていく」と生き方を変えた望美ですが、やはり多恵の心まで救えるのは望美だけ。望美が25年間見守ることになるのか…。

25年経つと多恵は80歳くらいになってしまうので、最終回は10年後ぐらいになるのか。

でもそこは遊川さん脚本。このまま多恵が死んでしまい、その後の望美と家族の再生を描いていく…という展開もありそうです。

ハッピーエンドだけどうまく行き過ぎ!?

12月12日に放送された最終回では、畳み掛けるようにみんなの今後の人生が描かれました。

事故で眠っていたために家族を崩壊させてしまった望美。でも「たくさんの人の幸せを願う」ピュアな心、「夢を諦めない」まっすぐさが家族や結人たち周りの人を変えていきました。

遊川和彦さん脚本で心配されたバッドエンドどころか、すべてうまく行き過ぎなハッピーエンド。多幸感と感動にあふれましたね。

多恵(鈴木保奈美)と結人の父(西岡徳馬)が亡くなったのは残念でしたが、物語上必要だったのかもしれません。

3か月見守ってきた望美の怒涛の人生。1話から見直すとまた新たな感動がありますよ。

【35歳の少女】の動画配信は?

【35歳の少女】の動画は、[ad_tag id="388548"]で全話配信中です!