【シジュウカラ】9話のネタバレと感想!純愛不倫を貫く千秋の想いに忍が涙!

シジュウカラ

【シジュウカラ】9話のネタバレと感想!純愛不倫を貫く千秋の想いに忍が涙!

【シジュウカラ】9話が3月4日深夜に放送されました。

・忍()と千秋()が再会!

・岡野(池内博之)との関係を重ねる忍は、千秋とのことを「過去」だと思おうとするのだが…。

・みひろ(山口まゆ)と千秋の関係が明らかに!

テレビ東京ドラマ24【シジュウカラ】9話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【シジュウカラ】全話はパラビで視聴できます。初回登録なら無料で楽しめます!
(2022年3月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

漫画【シジュウカラ】は【まんが王国】とeBookJapanのマンガ無料立ち読み で! 今なら1巻が無料で読めます!クーポンでお得にお買い求めも♪♪(2022年3月現在)


ADVERTISEMENT

【シジュウカラ】9話のネタバレ

【シジュウカラ】9話のネタバレを紹介します。

忍と千秋の再会

歩道橋で再会した忍()と千秋()。

忍のほうから声を掛けた。
「結婚したんだね、おめでとう」
という忍に千秋は
「結婚?」と聞き返す。

そこに岡野(池内博之)が。
岡野は千秋からネームを見せてもらっていると紹介。

千秋は、忍と岡野が連れだって歩く後ろ姿を見つめる。
帰宅してすぐにみひろ(山口まゆ)に、どうして結婚していると嘘を言ったのかと責める。

みひろは結婚してるようなものだというが、千秋は「違うでしょ」と。
その言葉にみひろは泣きだし千秋にすがる。

**

岡野と忍。

岡野は「うちに来ればよかった」というが、忍はまだ離婚していないし、一人暮らししてみたかったと話す。

岡野は千秋に本の続きを書いて欲しいと思っている。
しかし、千秋は頑固で「YES」と言わないのだと忍に話す。

本のタイトル「となりのおばさんに買われていました」
忍は、傷をえぐるようなもの、と千秋をかばう。

**

千秋は、星宙(榊原有那)に忍と会ったことを伝える。
星宙は、忍が離婚したのかも、と。
星宙には子どもがいる。

岡野の罠

岡野は千秋の原稿をチェック。
どうしても「となりのおばさんに買われていました」の続きを描いてほしい、という。

忍も描いて欲しいと言っていたと嘘をいい、さらにこのままでは、忍との差がひらくばかりだと挑発する。

**

洋平(宮崎吐夢)は離婚届に判を捺し、お金の話を始める。
貯金は貰う、悠太の学費はお任せ、と。

マンションは忍の名義。
2か月以内に出ていって、と忍。

それも承諾する洋平。
あまりにも理解を示している洋平にびっくり。

**

マリ(入山法子)に岡野と付き合っていると伝える忍。
千秋のことを聞かれが「これでいい」と自分に言い聞かせるように言う。

**

千秋の過去(本ができた時)

千秋は執筆。
本ができ手にしてアシスタントをしていた頃の忍の家にいくと、そこは違う人が住んでいた。

**

家にもどるとみひろが待っていた。
そのとき冬子(酒井若菜)から「助けて」と電話が。

酔っぱらって男ともめてる冬子をおんぶして家に連れて帰る。

冬子は、スナックルージュを顔はいいけど頭が悪いから使えない、と言われクビになっていた。

千秋とみひろの関係

千秋はレストランでバイト。岡野の言葉を思い出す。
夜中に執筆をする。その姿をみひろは見ている。

みひろと千秋の出会い

<千秋さんと同じ傷を持っている。千秋さんの本を読んで家を飛び出した。
でも、行くところがない>
とメッセージを送ると、千秋は、みひろを家に呼んでくれた。
肉体関係はしなくていいんだ、と千秋は言ってくれ、その日からみひろは千秋の家に寝泊まりしている。

**

忍がSNSでディスられている。
不倫を正当化いてる、若い男をボロボロにした、など。

忍は、みひろがやったかも?と思うが、心当たりはないと岡野に言う。

**

千秋は岡野に話の続きの原稿を見せる。
それは、千秋と忍が逃げようとした会の出来事が描いてある。
岡野は、千秋がネームを忍に送っていると知り
「これは、恋愛ですかね?母親を求めているようにも見える。そこを直していけば、連載もできる。一発屋で終わりたくないだろう」
とすごむ。

千秋は今でも忍を想う

千秋はみひろに
「俺たちこのままじゃダメだ」と告げる。
みひろは、忍が「若い男を買ってる」とネットで騒がれているとスマホを見せる。

「私を抱いていいよ。私が千秋に一度も触れないのは、私が汚いから?」
「違う」
「でも汚いのは千秋も一緒だよ。一緒にいれば、誰も私たちを傷つけない」
千秋にキスをするみひろ。

千秋は反応しない。
「ごめん」

「千秋も私を傷つけるの?」
というみひろを置いて千秋は家を出ていく。

そして、忍の家に。
そこには岡野がいた。

「先生、外で話せませんか」
千秋と忍は久しぶりに話す。

「ネーム読んだよ、あれ、岡野さんも読んでる?すごくよく描けてると思う。
でも、今は大事な人がいる」と忍。

千秋は、みひろと結婚していない。
「みひろは僕のところに逃げてきた。僕も先生みたいにみひろを助けようと思った」
と思いを告げる。

忍は、千秋のことを助けようなんて思ったことない。過去の事に、千秋は悪くないとも。
「だから、自分を責めないで。前を向いて幸せになって欲しい」

千秋は、それは同情かといい「先生にとってあの時、僕は何だったんですか」と問いかける。

「好きだった。もう終わったことなの」
立ち去ろうとする忍を千秋が抱きしめる。

「僕にとっては過去じゃない。ずっと、先生に会いたかった。先生が好きなんです。もう黙ってどっかに行ったりしないで」

忍の瞳に涙が!

**

みひろは電話をとる。
「みひろ」と男の声。

動揺するみひろは、千秋に電話。

千秋の電話は鳴るも、その時、千秋は忍と抱き合っていた。

<続く>

【シジュウカラ】9話の感想

忍、千秋、みひろ、岡野、それぞれの想いが辛すぎる、千秋が可愛そう、など視聴者の声がTwitterに。

【シジュウカラ】9話の感想を紹介します。

【シジュウカラ】9話のまとめ

【シジュウカラ】9話は、千秋とみひろの関係も描かれ、忍との再会に重みが伝わるストーリーでした。岡野の嫉妬、みひろの嫉妬。それぞれが違う形で相手を繋ぎとめようとしていくのが、心苦しくもありますが、やはり、千秋の純真さにドキドキします。

洋平がすんなりと離婚したのにはかなり驚きましたが、忍にとっては、幸せへの一歩というところでしょう。

千秋の想いがあふれたラストシーン。忍の瞳にキラリと涙。
現実を生きるオトナの忍と純愛に生きる千秋。二人の想いは重なり合うのでしょうか。

次回予告

・みひろが忍と暮らす!

・千秋と忍の関係に焦る岡野はある行動に!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【シジュウカラ】公式サイト

コメント