【シジュウカラ】8話のネタバレと感想!忍と千秋の再会は運命、それとも神様の悪戯?

シジュウカラ

【シジュウカラ】8話のネタバレと感想!忍と千秋の再会は運命、それとも神様の悪戯?

【シジュウカラ】8話が2月25日深夜に放送されました。

岡野(池内博之)と大人の関係になった忍()の前に、千秋()の妻だというみひろ(山口まゆ)が現れ……。

いよいよ、物語は佳境に。
テレビ東京・ドラマ24【シジュウカラ】8話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【シジュウカラ】全話はパラビで視聴できます。初回登録なら無料で楽しめます!
(2022年2月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

漫画【シジュウカラ】は【まんが王国】とeBookJapanのマンガ無料立ち読み で! 今なら1巻が無料で読めます!クーポンでお得にお買い求めも♪♪(2022年2月現在)

【シジュウカラ】8話のネタバレ

【シジュウカラ】8話のネタバレを紹介します。

忍は大人気漫画家

忍()の新作『悪いの誰』は大人気。

インタビューでは不倫についてを尋ねられ
「愚かですよね、パートナーに大事にされていないと感じていたら、優しく接してくれる相手がいたらそこに救いを求めることもある」
と語る。

もう一作『初恋ワンスモア』は18歳年下の男との不倫漫画。
メッセージはあるんですか、と訊かれる。

「あれは、ただ恋を描きたかったんです」と。

話題になった彼にはモデルはいるんですか?と聞かれ
「いいえ」と答える。

**

忍は岡野(池内博之)と不倫をしている。

**

一方、千秋()はみひろ(山口まゆ)と暮らしている。

みひろは千秋にすり寄るが、千秋は「バイトに行く」と冷たい。

千秋の結婚にショックを受ける忍

荒木(後藤ユウミ)は、忍の新作を「面白い」とほめる。
忍がやる気になったのは、古い友人と出会ったから、だと話す。

そのとき、SNSにDMが届く。

<橘千秋さんのことで話したいことがあります>

忍を呼び出したのはみひろ。

忍はみひろと会う。

本にサインを求めるみひろ。

『初恋ワンスモア』の男の子が千秋に似てる、と言い出す。

千秋はデビューしたが、そのあとがうまくいかない、と相談を持ち掛ける。

「橘君なら大丈夫」と答える忍。

みひろは、千秋と去年結婚したと告げる。

忍はそのあとの言葉が聞こえないほどショックを受ける。

**

歩道橋を歩く忍。
千秋も同じ歩道橋を歩く。

互いに空を見上げていて、気付かなかった。

**

みひろは千秋に、忍に会ったと話す。

「千秋、あの人の事好きなの?」

千秋は答えない。

**

岡野は
「俺と本気で付き合って欲しい。すぐにとは言わない。気持ちを知っておいてほしい」
と忍に告白。

忍を待つという岡野。
忍は「うん」と答える。

**

洋平(宮崎吐夢)は、冬子の店で働いていた御子柴涼子(和田光沙)と偶然出会う。

スナックに行き店を手伝う洋平。

冬子は、体調を崩して4年前に辞めたと聞く。

この時、忍の話になり、涼子はネットで忍のことを調べる。

洋平は、ヒットした忍の記事を見つけ、スマホの画面を直視する。

離婚の決意

忍はマリ(入山法子)に離婚をしようと思うと打ち明ける。

マリに背中を押され、悠太(田代輝)に電話をする。

悠太は「母さんが決めた事ならどっちでもいいよ」と言ってくれた。

**

忍は洋平に「話がある」と離婚を切り出そうとする。

すると、洋平は
「また浮気してるでしょ。今度は編集者。忍ちゃんは人の一度の浮気を根にもって。そもそも、あの浮気だって、忍ちゃんのせい。いつもイライラしてて、優しく構って欲しかったの。家で漫画家ごっこしてただけじゃないか」
と言い出した。

発作を起こす洋平。
薬を渡す忍。

「もういいよ、全部、水に流してやるよ」
と洋平。

忍は過去を思い出す。
これまでたくさんの言葉を吞み込んできた。

「忍ちゃん、気づかないとダメだよ」
洋平に離婚の意志はない。

「洋平さんはさ、いつも私のことを馬鹿にしてたよね。私のことを馬鹿にして自分のことを保ってきたんだよね」
忍の言うことに、洋平は
「なんで5年も怒ってるの」
と、全然言い出す。

「5年じゃない、20年だよ」

「お前、20年、幸せだっただろ」

「それ、本気で言ってる?」

言い争う二人。
忍は離婚届をだし「離婚してください」と言う。

離婚するなら死んでやる、という洋平。
それは脅し。

「あなたと並んで歩きたかった。顔を見合わせて、笑ったり怒ったり。分かり合えないのは、私もちゃんとめげずに向き合うべきだった。ごめんなさい。
だから、洋平さんも好きにして。死にたいなら勝手に死んで。迷惑かけないで」

忍は家を出る。
泣きながら歩きだす。

**

千秋は編集から電話がある。
みひろは千秋を引き止めるが「すぐに帰ってくる」と家を出る。

千秋が会っている編集者は岡野。
千秋は岡野から「エッセイ漫画を考えてくれ」と言われる。

千秋はここで岡野と別れる。

歩道橋。

千秋と忍は背中合わせで空を見ている。

**

みひろの家。
誰かがドアを叩いている。

「みひろ」男の声がする。

みひろは呼吸が荒くなる。

それは幻想だ。

千秋、千秋、といって泣きだす。

再会

歩道橋。

岡野が「佐々木」と呼ぶ。

忍は岡野の方へ。

その時、千秋が向きをかえる。

そして、忍と目が合う。

忍と千秋が再会する。

<続く>

【シジュウカラ】8話の感想

旦那は相変わらずで「無理」の声も多くあり、千秋を演じるさんに絶賛の声もTwitterに。

【シジュウカラ】8話の感想を紹介します。

【シジュウカラ】8話のまとめ

【シジュウカラ】8話は、忍が離婚を決意、そして、千秋と再会するまでを丁寧に描いています。旦那と忍の会話はリアル。これまでの蓄積された二人の思いがぶつかり合います。

描写がとても粋。歩道橋で忍と千秋がすれ違い、そして、やっと互いの存在に気づく過程が素敵です。

みひろは、トラウマを抱えているようです。千秋が忍と再会したことで、みひろがどんどんと狂ってしまいそうな予感。

物語はいよいよ終盤に向けて走り出します。
忍と千秋。歳の差不倫の行方が気になります。

次回予告

・忍と岡野の姿を見た千秋は複雑な気持ちに。
・千秋は思いのありったけを漫画にたくすのだが……。

次回もお楽しみに♪♪

 

記事内画像:【シジュウカラ】公式サイト

コメント