スポンサーリンク

【七人の秘書】7話のネタバレと感想!不正選挙議員のモデルはあの人!?

【七人の秘書】7話のネタバレと感想!不正選挙議員のモデルはあの人!?

サラン(シム・ウンギョン)は裏切り者!?萬()と五月(室井滋)の過去が判明!
千代()の兄・一男(マキタスポーツ)も登場。最終回直前に怒涛の展開!

この記事のポイント
  • 【七人の秘書】7話の視聴率
  • ターゲット
  • あらすじネタバレ
  • 感想

ADVERTISEMENT

【七人の秘書】7話の視聴率

【七人の秘書】7話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【七人の秘書】7話のターゲット

【七人の秘書】7話のターゲットはこの方!

凰稀かなめ(役:椎名奈津子)

椎名奈津子…衆議院議員で内閣府特命担当大臣に任命される。粟田口チルドレンの1人。

【七人の秘書】7話のあらすじ

【七人の秘書】7話のあらすじです。

サラン(シム・ウンギョン)が粟田口の秘書に

衆議院議員の椎名七津子(凰稀かなめ)が内閣府特命担当大臣に任命された。粟田口(岸部一徳)の秘蔵っ子だ。

慶西大学病院病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」に顔を見せなくなってしばらくが経つ。東都銀行 常務秘書・望月千代()はメッセージを送るが返事もなく心配する。

その頃、サランは粟田口の秘書として働いていた。

由加里(伊原六花)の内定取り消しの犯人は!?

千代(木村文乃)は霧島頭取(小林隆)と人事担当常務・高松新(相島一之)の話に粟田口の名前が出たので聞いているが高松に追い払われる。

東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、ラーメン店「萬」に大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてくる。由加里はなぜか東都銀行の内定を取り消されてしまったという。千代はその経緯を調査することにする。

パク・サラン(シム・ウンギョン)がいたらすぐに人事部のデータベースをハッキングしてもらえるのに、と千代が考えていたとき、東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れる。

知事のことで病院に連絡したら、サランが一身上の都合で退職しており、アパートも引っ越していたという。

サランは粟田口の秘書になっていた。一方、千代は人事部から採用試験の情報を得る。由加里の内定を取り消したのは人事担当常務・高松新(相島一之)の仕業だった。

頭取・霧島和夫(小林隆)と高松から、粟田口との会食をセッティングするよう指示され、粟田口の事務所に電話するとサランが出る。千代はサランだと思うが、相手は名乗らずに電話を切った。

内定取り消しは不正選挙がらみ!

由加里が父親の紹介で衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。高松、七津子ともに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘蔵っ子。千代はこの内定取り消しには、政治が絡んだ裏があるとにらむ。

12日間で120万円という法外なアルバイト代が支払われ、怖くなった由加里は七津子の事務所にお金を返した。そこを張っていたフリーライターの黒木(坂口拓)に「不正だ」と言われる。由加里の内定が取り消されたのはそれが原因、裏には粟田口がいるに違いない、と千代。

萬に「このままだと犠牲者が増えるばかりだから、決着をつけよう」と訴える。しかし、人を人とも思わない粟田口の非情な手口によって奈落の底に突き落とされた過去をもつ萬は、千代を止める。

すでにサランがその危険なところに飛び込んでいるかもしれない。千代はサランが粟田口の秘書になっていることを萬と五月に告げる。

パク・サラン(シム・ウンギョン)は粟田口(岸部一徳)を見送るために車を待っていると、車の運転手は千代の兄・一男(マキタスポーツ)だった。千代の兄であることを確認しようとするが、一男はとぼける。

バラ撒き選挙議員を懲らしめよう

千代(木村文乃)は、萬と五月の仇を取りたい。でも勝ち目はない。だから力を貸してほしいと秘書たちに頼む。

高松常務ら選挙違反をしている悪人たちもまとめて懲らしめてやりましょう!

五月は椎名奈津子の選挙事務所に掃除婦として潜り込み、証拠となる領収書や金を配った記録を手に入れる。不二子()は、幼馴染みで地検特捜部に勤めている二瓶にそれを渡す。

由加里(伊原六花)の父親は、椎名議員から金を受け取っていた。なかなか白状しなかったが、七菜が割り込み、そのせいで由加里の内定が取り消しされたと訴える。

断りきれずに金を受け取り、後援会の票をとりまとめたことを告白した由加里の父・中川に協力させ、千代と萬はほかの議員の告発動画を集める。

【七人の秘書】7話のネタバレ

萬と五月の過去とサランの裏切り

7年前まで萬()は粟田口の優秀な秘書だった。五月(室井滋)の夫・鰐淵は後援会会長で、五月も粟田口の秘書を務めていた。

しかし萬は粟田口に嵌められ、切り捨てられた。

粟田口は萬に不正な献金を受け取った罪を着せて排除した。五月の夫は粟田口に利用された挙句、すぐに自殺した。萬を切り捨てるために夫は道具にされた。絶対許せない。五月は粟田口を刺して自殺するつもりでナイフで切りかかる。しかしSPが粟田口を庇ったため、復讐は遂げられなかった。

千代がセッティングした粟田口と椎名、東都銀行の霧島頭取と高松の会食が始まる。粟田口はいずれ椎名議員を都知事にしたいと言う。

高松(相島一之)が追加融資の話を匂わせると頭取(小林隆)が顔を曇らせたのを見逃さず、粟田口は「無理ならほかに頼んでもいい」と圧をかけて承諾させる。

会食後、サランが粟田口を見送ると、店の外には千代と萬が待っていた。

サランは粟田口の秘書になった理由を、報酬が高いことと10年後の自分を考えたからと説明。千代が粟田口は萬と五月にひどいことをした奴だというと、サランは驚くべきことを言い出す。

負け犬だからです。大臣に負けたんです。これからも絶対に勝てない。負け犬が何匹集まってもライオンに勝てないでしょ。

勝ったほうが正義。だから大臣についていくことにした。

千代は、サランを仲間だと思っていた自分が情けない、もう二度と顔を見たくないという。

萬はサランに帰ってこいというが、サランは涙目になりながら去る。それを見ている黒木。そして粟田口は千代たちの会話を盗聴していた。

サラン(シム・ウンギョン)が危ない!

千代(木村文乃)を待つ秘書たち。サランはもう帰ってこないという千代に萬はそんなことないという。

三和(大島優子)たちが苦労して集めてアップした不正選挙の告発動画がどんどん消えていく。しかし同時にすごい勢いで拡散されていく。こんなことをできるのはサランしかいない。喜ぶ秘書たち。

サランは非常階段で盗聴器のついたバッジを捨てて、動画をアップし続ける。すると黒木がノートPCを奪おうとしてもみ合ううちにサランは階段から転落する。それを目撃した一男(マキタスポーツ)はサランを助ける。

一男もまた粟田口のところに潜入していた。サランを助けたのも一男。病室でそのことを聞いた千代はいてもたってもいられずに一男を追いかけるが、一男はあえて去っていく。

椎名議員の事務所には捜査が入る。議員は粟田口に助けを求めるがもちろんスルー。マスコミが押しかけても「私には答える道理がない」と無視する粟田口だった。

【七人の秘書】7話の感想

【七人の秘書】7話の感想です。最終章だけにTLも盛り上がりましたね。

モデルはあの人とあの人?

これってモデルは河合案里か?

粟田口の「すべて秘書がやったことです」って政治家のよくある台詞。 鰐淵の夫も死・・・鰐淵が恨むのは分かる。 何だか安倍政権時のいろんな事件が浮かぶ・・・

「すべて秘書がやったことです」と粟田口に言わせるの、政治家の常套句とは言え、現実とリンクしすぎだな……。

ドラマの始めの頃はシムさん演じるサランのキャラが影が薄くて勿体なあと思ってたけど、回が進むにつれてキーパーソンになっていったのが、このドラマの重要な要素になったと思う。

ちょっと気になったのは、あの銀行の頭取、良い人じゃなかったのー?

「ウグイス嬢に法外なアルバイト料」「不正なバラマキ」→椎名議員は河井案里元議員がモデルですね。1日10万円は現実に寄せすぎないためですね。現実もこんなふうに1日でパパッと解決できればいいのに…。

「すべて秘書がやったこと」→これはたくさん例がありすぎて誰がモデルかわかりません(苦笑)。今で言うとあの人か・・。

清廉だったはずの霧島頭取も粟田口の手の内に取り込まれてしまうのか・・。

次週は早くも最終回!萬+秘書たちは粟田口を懲らしめることができるのでしょうか。

【七人の秘書】最終回は12月10日(木)よる9時から放送です。お見逃しなく!

【七人の秘書の動画配信

【七人の秘書の動画は、TELASAで全話配信中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました