【青天を衝け】39話のあらすじと視聴率!半海一晃の小村寿太郎が高評価!

aeitenwotuke

大河ドラマ【青天を衝け】39話のあらすじと視聴率!

吉沢亮主演の大河ドラマ【青天を衝け】第39話が2021年12月12日に放送されました。

戦争と慶喜の言葉によって引退を決意する栄一。半海さんの小村寿太郎の高評価でした。

ここでは【青天を衝け】第39話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】39話の視聴率

39話の視聴率は11.9%でした!

前回より0.7ポイントの減少です。

【青天を衝け】39話のあらすじ

栄一(吉沢 亮)は、ホワイトハウスでルーズベルト大統領と会談。日本の軍事面のみが注目され、経済への評価がまだまだ低いことを痛感する。やがて、日露戦争が勃発。財界の代表として戦争への協力を求められた栄一は、公債購入を呼びかける演説をするが、その直後に倒れてしまう。栄一の見舞いに訪れた慶喜(草彅 剛)は、“生きてくれたら、自分のことは何でも話す”と、涙ながらに語りかける。栄一たちは、慶喜の功績を後世に伝えようと、伝記の編纂(へんさん)を始める。

【青天を衝け】39話のネタバレ

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)、そして淳忠(田辺誠一)は今の世を平九郎(岡田健史)の仏壇に報告し、栄一の誘いで慶喜(草彅剛)に会いに行く。慶喜から労いの言葉をもらった淳忠は感激に胸を振るわす。

アメリカに渡った栄一はルーズベルト大統領と会談し、経済の評価が低いことを痛感する。

一方、ロシアの南下政策を脅威に感じた政府は栄一に協力を求め、栄一は「戦争は経済を妨害するものではない」と演説。経済界に公債の購入を求める。日露戦争が勃発する中、栄一は倒れてしまう。

病床の最中でも日本の心配をする栄一を篤二は心配する。栄一の病状はさらに悪化。兼子は医師に覚悟するようにと言われる。

栄一は親族に遺言を残し始める。「あとは頼んだ」と言われた篤二は、その重さにうろたえ慶喜に「僕も逃げたい」と取り乱す。

栄一の枕元にきた慶喜は「生きてくれ、生きてくれたら何でも話す。もっと話がしたいのだ。だから死なないでくれ」と告げる。

その後、みるみる栄一の病状は回復する。

日本海海戦で連勝した日本の戦力を警戒したアメリカは万が一を考え、海軍の強化を計る。

戦争によって国力が大幅に低下した日本はイギリス、アメリカの支援を得てロシアと輪を結ぼうと画策。1905年、日本とロシアはポーツマス条約を結ぶ。しかし、ロシアへの賠償金要求を取り下げたため、国民は怒り、暴動が起こっていた。栄一も売国奴と呼ばわれ、襲われそうになる。財界を焚きつけたことに責任を感じる栄一だった。

そんな中、慶喜の伝記の制作のため歴史学者や昔を知る人などが集められた。栄一や喜作、学者たちの前で当時の状況を語る慶喜。政権を返上する間際の統制が取れない大阪城のひどい状況に愕然とする学者たち。慶喜は「汚名を返上しようとは思わない」と言い、これまで控えめな余生を送ってきたことを話した。「人は引きづられ、戦争を始めてしまう」と人の弱さを語り、「人の生まれついての役割」と言う言葉は、栄一や篤二の胸に焼き付いた。

栄一は、これまでの自分の歩みを振り返り、「今の日本は心のない張りぼてだ。そうしてしまったのは私たちだ。私が止めねば」と篤二言うと、「篤二。私は近く実業界を引退する」と言い放つ。

【青天を衝け】39話の感想

小村寿太郎役の半海一晃さんが高評価でした。

記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ

コメント