スポンサーリンク

【青天を衝け】15話の視聴率とネタバレ!円四郎の死亡フラグに視聴者動揺!?

青天を衝け

大河ドラマ【青天を衝け】15話の視聴率とネタバレ!

吉沢亮主演の大河ドラマ【青天を衝け】第15話が2021年5月23日に放送されました。
栄一と西郷吉之助(後の西郷隆盛)との接近。
そして円四郎の死亡フラグに動揺する視聴者が続出しました。
ここでは【青天を衝け】第15話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】15話の視聴率

15話の視聴率は15.3%でした!

0.2ポイント下がったものの15%台はキープ。

【青天を衝け】15話のあらすじネタバレ

15話のあらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作()は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤 真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井 優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷(じょうい)実現のため天狗党(てんぐとう)を率いて挙兵していた。

15話のネタバレ

円四郎は、折田要蔵が有能な人材であれば引き抜こうという目的で篤太夫(栄一)に調査を依頼した。折田要蔵の職・摂海防禦(せっかいぼうぎょ)とは今の大阪湾を守る仕事だ。折田の元へ潜入というより弟子入りした篤太夫は、折田は一橋に引き抜くような有能な人物ではないと円四郎に報告、それより自分のような志士を集めたらどうかと提案する。

一方、慶喜によって力を失った薩摩の島津久光は、大久保一蔵(利通)に一橋を盛り立てたのは円四郎の手腕だと聞かされ、一旦国へ退いて貿易で金を作り、兵を整え、将来の戦に備えようと提案された。島津久光は京へ西郷吉之助(隆盛)を残し、京を去った。この時から薩摩藩の方針は妥当徳川へと向かい始めた。

篤太夫は折田の元を去り際、薩摩弁をわかりやすくまとめたメモを置き土産に置いてゆく。いっしょに学んだ者達が折田の薩摩弁の説明がまったく理解出来なかったからだ。その陰で当初から篤太夫を一橋の回し者と疑いの目で見ていた者たちは殺してしまおうなどと口にする。そんな時、西郷が篤太夫を最後の食事に誘った。

薩摩風の鍋をご馳走する西郷は、平岡の命令で来たことを見抜いていた。篤太夫は、命令もあるが百姓から武士になったばかりなので何でも学んでやろうと言う気概で来たと言う。この先この世はどうなると思うかとさらに問いかける西郷。篤太夫は、そのうち幕府が倒れ、強い豪族による豪族政治が始まると思う。徳川の代わりに誰かが収めるべきで一橋様が適任と答える。薩摩ではダメかと聞き返す西郷。薩摩の殿様にその徳があるのであればそれでもよい。徳ある方に才ある者を用いて国をひとつにまとめてもらいたいのだと真っすぐ西郷を見て言う。西郷はその真っ正直な篤太夫を信用しているようだった。そして円四郎のように先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げるから気を付けた方がいいと言う。

円四郎の元へ戻った篤太夫は宿の前に怪しげな浪人がふたりいることに気づく。声をかけると逃げるように消える浪人。いっしょにいた家臣の川村恵十郎が後を追った。

篤太夫と成一郎は、円四郎から関東へ出張し、志士の人選と人材集めを命じられた。以前に言った考えが認められたのだ。久しぶりの関東行きに喜ぶふたり。しかし篤太夫は西郷の言った言葉が引っ掛かっていた。

【青天を衝け】15話の感想

やはりみなさん西郷の言葉が気になったようです。突然の円四郎の死亡フラグに動揺の方が続出しました。


記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました