【最愛】7話のネタバレと視聴率!梨央を追うしおりに何が、衝撃事件に視聴者混乱!?

最愛7話

【最愛】7話のネタバレ・視聴率・感想!梨央を追うしおりに何が、衝撃事件に視聴者混乱!?

TBS金曜ドラマ【最愛】7話が11月26日に放送されました。

・梨央()の前に現れたしおり()の目的は?

・大輝()らはしおり()をマーク。事件に進展が?

・大輝と梨央が「キスする?」とドキドキ場面に注目!

【最愛】7話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【最愛】見逃し配信はパラビで!(2021年11月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【最愛】7話のネタバレ

【最愛】7話のネタバレを紹介します。

しおりの“もしも”

橘しおり()ナレーション。

気が付くと考えている。

もしもあの時、違う道を選んでいたとしたら。

もしもあの人に会っていなければ……。

もしもあの時、あの場所に行っていなければ。

もしも明日、この世が終わるとしたら、その瞬間にも私は“もしも”を考え続けているのだろうか。

**

梨央()を訊ねてきたしおり。

「大きくなりましたね弟さん。教えてくれませんか。真田グループの不正について」

梨央は相手にせず立ち去ろうとする。その時、しおりが

「梨央さん。私の事、覚えてませんか」
と。

悲しげな顔……。

**

優()は後藤()に橘しおりのことを頼まれたことを思い出す。

梨央が部屋に戻ると

「あの人、何しにきたん?」

と訊ねる。

「取材」という梨央。

梨央の部屋には、優が送った絵葉書が飾ってある。

優は恥ずかしいからと、二人で絵葉書を片付ける。

これからのことも話ながら、幸せな時間が過ぎる。

梨央が買っておいたパジャマはツンツルテン。

優の成長を物語る。

梨央は優の寝顔を見て、子どもの頃の寝顔を思い出し微笑む。

しおりのアリバイ

警察にて。

優が嫌疑不十分で不起訴になったことに抗議する桑田仁美()。

山尾(津田健次郎)は、優が富山県警で渡辺康介殺しで聴取を受け
「そっちは立件されないだろう」と。

昭()の事件について
「優ともみ合って、這い上がり、西の方に歩いていった。遺体が発見されるまで何がおきたか」
と山尾。

事件は振り出しに戻る。

大輝()は、松村栞()のことを報告。

「康介の被疑者で、康介を告訴している人物。昭に接触していたのでは」と。

早速、大輝と桑田はしおりに聞き込み。

昭殺害時間にはBARにひとりでいた、と証言。

**

梨央は優に治験を受けてみよう、と話す。

「これで病気を治そう」

「俺なんか受けていいんかな」

優は少し考えさせて、と。

**

しおりがいたというBARに聞き込み。

しおりは来ていたというが、何かを隠している。

加瀬の言葉が優を動かす

梨央と優は加瀬を誘って買い物。

梨央は橘しおりが訪ねてきたことを伝える。

3人でランチ。

優はアルバイトをしたいと、加瀬に話す。

「どうせなら、やりたいことやった方がいいんじゃない?」

「病気のこともあるし」

「だったら、なおさら治験を受けた方がいい。優君が治験を受けることはお姉さんの救いにもなる」

「そんな資格はない。僕のしたことは消せない」という優に

「資格は誰にでもある。大事なのは、そういう経験をうけた君がどう生きていくかじゃないかな」

と加瀬は優を激励。

**

一方、大輝は、BARの店員が口裏を合わせていた、と山尾に報告する。

そこに管理官が。

大輝は「話がある」と呼び出される。

**

海野こずえ()と梨央。

こずえは梨央の理解者。

「弟くん、治験受けくれたらいいね」と。

**

加瀬から

「渡辺康介殺害の件、優は立件されず、達雄は死体遺棄で書類送検された」

と聞く梨央。

優にも伝えてあるという。

梨央は「加瀬さんありがとうございます」と深々と頭を下げる。

そんな梨央の背に加瀬はそっと手を添える。

優の夢

梨央が帰宅。

優は「俺、治験を受けるわ」と梨央に伝える。

加瀬の言葉が優の背中を押したのだ。

優は

「加瀬さんみたいな弁護士になりたい」
と夢を打ち明ける。

梨央は喜ぶ。

「姉ちゃんには負担かけんようにする」

「出世払いでいい」

夢を膨らませる、幸せな夜が過ぎる。

**

加瀬は後藤に、優のことを話す。

「生田誠は朝宮優。梨央の妹です。彼は警察にあなたのことは話していない。

私も500万のことを問いただすことはしない。今後も梨央社長のバックアップをお願します

と後藤の背中を叩く。

後藤は「何のこと」としらばっくれるが……。

**

1週間後。

梨央は海野に向かって大きな丸を手で描く。

優の治験が決まりそう。

「長年の悲願が叶うね。きっと大丈夫」

海野は梨央の手をとりともに喜ぶ。

大輝の異動

大輝と桑田。

桑田からの呼び出しでお酒を飲む。

桑田の告発で大輝は異動になった。

桑田はそこまでになるとは思っていなかったのだ。

大輝は「気にしないでいい」と。

桑田からしおりの件について報告を聞く。

事件当日は、恵比寿で張り込みをしていた、記憶違いだ、とアリバイを覆してきた。

しおりは、真田グループの追いかけており、最近は、老人ホームにも出入りしているという。

**

真田ウエルネスにて。

橘から梨央に電話が入るが秘書の宮下(児島彩夏)に

「繋げないで」と伝える。

加瀬は、優に六法全書のプレゼントを梨央に渡す。

ふたりで笑う姿をこっそりとみている後藤。

後藤に電話。

有料老人ホーム「ライフヴィラ」田園調布に向かった後藤。

そこでしおりと会う。

「何を知りたいんです?」

後藤はしおりに、大学時代のことを調べあげていて

「過去におつらいことが」と詰め寄る。

すると、しおりは、調べたことを告げる。

身寄りのない富裕層の年寄りが遺産を慈善団体に寄付するケースが増えている。動物愛護団体Restpiaの寄付金はすべて真田のペーパーカンパニーに。管理しているのは後藤。

「善意のお金を不正運用している」と指摘。

**

優は大輝と会う。

大輝は有休消化中で子どもたちに陸上を教えている。

「生活安全課に異動になった」という大輝。

梨央には伝えていない、とも。

「もう、会うこともないやろうし」と大輝。

**

優は大輝に会ったことを梨央に伝え

「今度、うちに呼んでもええかな」

と言う。

梨央は

「うちらはもう関わっとらいけん」と拒否。

大輝が異動した、という優。

「本当にもう会わないのか」と。

「もう決めたことだから」と梨央の意思は固い。

**

大輝は陸上部の元マネージャーの青木菜奈(水崎綾女)に会う。

後藤の鼻血

しおりは東央出版社に。

「真田ウエルネスが寄付金詐欺をしていた」と報告。

後藤に不動産屋のイヌヅカから、妻がしおりに余計なことを話してしまった、と連絡がある。

電話を切ったあと、後藤は暴れている様子。

物音がするのを加瀬が聞いている。

後藤は出版社の男と会い、しおりの記事を買いたいと申し出る。

会話はしっかりと録音されていた。

後藤の危機が迫る。

白いYシャツに血がポタリ(鼻血だろう)。

梨央と大輝がキス寸前!

大輝と待ち合わせしている優。

優は家に行こうと大輝を誘う。

梨央は車の中から、優と大輝が歩くのを見て動揺する。

梨央が車から降り、それを見て大輝は立ち尽くす。

「ゴメン、ほんとは姉ちゃんと住んでる。一緒に飯食わん?」

という優。

大輝は「帰る」と背を向けてしまう。

「大ちゃん!姉ちゃん、本当にこのままでいいんか?大ちゃん、逃げたって変わらない。そう言ってくれたのは大ちゃんやろ」

優の叫びに振り返る大輝。

大輝は優と梨央の家に。

梨央は異動になったことを謝る。

「梨央が謝ることじゃない」と大輝。

大麻事件も梨央や優が苦しんでいることも気づかなかった。だから今度こそ、守りたかった。

「今こうして、二人が仲良く暮らしてる。俺は間違ってなかった。だから謝らんといて」

大輝の言葉に梨央の心もスーッと解けていく。

優の作った牛丼を「うまい」と頬張るふたり。

優は「ビールを買ってくる」と気を利かせる。

優が酒を飲むようになった、と大輝。

「もう24。はやいよなぁ。なんか不思議。優と大ちゃんと3人でご飯たべるなんて」

寮時代の話をするふたり。

「もし、お父さんが生きとったら」
という梨央に

「もしもの話より先を見た方がいい。優も一歩踏み出そうとしてる。俺達もこれからのこと考えよう」

と言ってから焦ってしまい大輝はお茶をこぼしてしまう。

ふたりで床を拭く。

その手がかさなり見つめ合う……。

キス?と思うが吹き出して笑い合う。

大輝が帰るというので梨央が見送りに外に。

その時、橘しおりがもんじゃ焼きの店主に梨央のことを聞いていた。

梨央と大輝に気づいたしおり。

優が不起訴になったことを問う。

梨央はしおりのことを大輝に訊ねる。

ふたりでもんじゃ焼き屋に。

栞はマネージャーで、青木と交流があった。大輝は青木から情報を得ていた。

橘しおり、旧姓は松村栞。合宿中に渡辺康介から被害にあっていた。橘というのは母方の苗字。

しおりと梨央の接点

梨央はしおりと会う。

「思い出しました。あなたのこと。合宿の時、お会いしてましたね」

過去映像。

洗濯をするしおりに、梨央は声を掛けていた。

この時、しおりは梨央にシュシュを渡していた。合宿の終わりの日に返すつもりだった、梨央。

しおりが具合が悪いと康介が抱きかかえて部屋に行こうとしていた。

梨央はその時、声を掛けたが「貧血みたい、連れて行く」という康介の言葉を信じて、その場を去ってしまった。

しおりは手を梨央に差し出したが届かなかった……。

現在に戻る。

しおりは録音を止め

「あの日から、人生が一変しました。なのに、あなたは世界を変える30代。こっちは息をするのもやっとの思いで生きてきたのに。こんな不平等なことってあります?あの男が、15年前に消えてくれたことがせめてもの救い。でも、父親は謝ろうとしない。親も息子も殺されたって仕方ない。罪を犯した人間は報いを受けるべきなんです」

「あなたなんですか?あなたがあの人を?」

しおりはそれに答えず……。

**

加瀬は後藤に電話。

会社には秘書もいて電話を聞いている。

「こんなことしてどうするつもりですか」

**

後藤はスーツケースを持ちどこかに。

そんな中、事件が起きた。

世田谷区池尻7丁目の駐車場でしおりが死んでいた。

自殺か他殺か不明。

テレビでニュースが報道される中
梨央と優は報道に気づかず、笑顔で朝ごはんを食べている……。

<続く>

【最愛】7話の視聴率

【最愛】7話の視聴率は、8.8%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【最愛】7話の感想

梨央と大輝の再会に喜びの声、そして、しおりの事件に大きなどよめきがTwitterに!

【最愛】7話の感想を紹介します。

ほかに、「大ちゃん好きすぎて泣いちゃう」「ふたりとも幸せになって」など大輝と梨央恋を応援する感想、ミッチーがまた悪役!?という考察意見なども。

【最愛】7話のまとめ

【最愛】7話は、優の再出発、梨央と大輝の再会など、希望ある幸せな時が描かれました。そんな中、最後に衝撃が。しおりが梨央と対峙。梨央を妬みながらの切々した言葉。そして、梨央を真っ直ぐに見つめる瞳に涙が。しおりの苦しみがにじみ出ています。

しおりの“もしも”が悲しくリピートしてしまいました。
もっと、しおりの声を聞きたかった……。

大輝が梨央に告げる“もしもより先の事”が梨央に元気を与えます。もしも、は人生にはないけれど、ふと振り返ることは誰にでもある。それでも、やっぱり先の事を考えて生きることが大事なのだと語りかけていると感じました。

そして7話のキュン場面!大輝と梨央。
あそこはキスして欲しかったな。でも、キスはもう少し先にとっておくのかも。そんな甘い場面も期待しています。

次回も怒涛の展開!?

次回予告

・しおりと昭の事件に繋がりが?

次回もお楽しみに♪♪

6話<<>>8話

記事内画像:【最愛】公式サイト

コメント