スポンサーリンク

【30歳・魔法使い(チェリまほ)】最終回のネタバレと感想!藤崎さんが安達と黒沢のキューピット!?

【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい30歳・魔法使い(チェリまほ)】最終回のネタバレと感想!
別れを選んだ安達()と黒沢()の恋の行方は?
藤崎さん(佐藤玲)のセリフとサプライズ花火に注目!
2020年12月24日深夜放送・木ドラ25【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】最終回のネタバレと感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】最終回のネタバレ

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】
クランクアップ/黒沢()と安達(

【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】最終回のネタバレを紹介します。

黒沢(町田啓太)と別れた安達(赤楚衛二)の日常

黒沢(町田啓太)と別れた安達(赤楚衛二)は、いつもの日常に戻った。
黒沢とは会社でもほとんど話をしていない。
カレンダーの12月24日に記された「デート」の文字を眺め“ごめん黒沢”と心でつぶやく。

会社にて。

元気のない安達を心配する浦部(鈴之助)は、コンペがダメだったからだと思い
「元気出せよ」と励ましてくる。

藤崎さん(佐藤玲)が安達(赤楚衛二)を応援

安達がランチをしていると藤崎さんが
「黒沢くんと何かあった?」と聞いてきた。

実は、黒沢は藤崎さん(佐藤玲)に、デートに行くディナーのお店について「どっちがいいか」と相談をしていた。
藤崎さんは、黒沢が安達と行くのだとわかっていて「安達くんならこっちかな」とアドバイスもしていた。

社労士の勉強を始めたという藤崎さんは、安達の姿をみて頑張り始めたのだという。

「誰といるとかいないとか。恋愛するとかしないとか。全部、その人の自由だけど。自分がそんな自分を好きじゃないと、相手も納得できないんじゃないかな」
と藤崎さん。

**

六角(草川拓弥)は、クリスマスに花火を見る約束がダメになったとガッカリしている。
藤崎さんに「クリスマス、何してます?」と話しかける。

クリスマス・安達(赤楚衛二)が走る

12月24日。
デートのために有休をとっていた安達は、そのまま休みをとることにし、部屋でゴロゴロ。
そこに、柘植(浅香航大)が訪ねてきた。

二人でお茶をする。

安達と黒沢の仲を心配する六角は、そのことを湊(ゆうたろう)に話していた。湊からその件を聞いた柘植は心配をしてやってきたのだった。

安達はすべてを柘植に話す。
柘植は湊に土下座をして、仲直りができたと話す。

「魔法がなくても、話せばいい。自分の心にもちゃんと触れてみろ。気持ちに魔法は関係ない。結局、自分がどうしたいかだ」

柘植のアドバイスで安達は気づく。
そして、柘植の自転車を借りて走り出す。

<30歳になるまで考えてもみなかった。俺自身にこんな魔法がかかるなんて。すぐに逃げそうになる俺に、こんな風に背中を押してくれる人たちがいるなんて>

安達(赤楚衛二)と黒沢(町田啓太)に藤崎さんと六角が花火のサプライズ

黒沢がサプライズで花火を見ようと計画していたアントンビルの屋上に向かう安達。
しかし、屋上に黒沢の姿はなく……。

スマホを取り出した安達のもとに、黒沢がやってきた。

花火は中止になったという黒沢。
「ごめん、約束のこと気にさせちゃった?安達、俺……」

安達は思いのたけを告げる。
「ダメだった。黒沢と離れるって自分で決めたのに。すげぇ後悔した。
俺、黒沢といたい。魔法がなくても何回間違えても、黒沢のことを知っていきたい。俺、やっぱり黒沢のことが…」

そこで黒沢は安達を抱きしめる。

<好きだよ>
黒沢の心の声が聞こえる。

「安達が俺の心を読んでくれたから、俺達付き合えたんだ。だから、その力には感謝している。でも魔法は関係ない。安達を好きな気持ちに。
ずっと見てきたんだ。魔法があったってなくたって、安達は安達だよ。俺の心、読んでたんだからわかるでしょ。俺も安達じゃなきゃヤダ」

そして黒沢は
「もし奇跡がおきて、安達が来てくれたら渡そうと思ってた。俺とずっと一緒にいてください」
とペアのペンを渡す。

その時、花火があがる。
その花火は六角と藤崎さんがこっそりとあげているもの。

花火を眺めながら黒沢が問う。
「いいの?力がなくなっちゃっても」
「黒沢がいれば魔法なんていらない」と安達。

二人は手を繋ぐ。

**

翌朝。
ベッドの中。

「メリークリスマス」と黒沢。

「ふつう、おはようだろ」
と笑う安達。

こうして安達は魔法使いではなくなった。

魔法使いじゃなくても安達(赤楚衛二)と黒沢(町田啓太)はラブラブ

柘植は作家として成功。
「金色の猫は月夜を舞って」を出版。

**

出勤する黒沢と安達。

「俺のこと、今好きだと考えてたでしょ」
と安達。
魔法使いじゃなくなっても、それくらいわかるのだと言う安達に黒沢はニコニコ。
ラブラブな二人。

そこにエレベーターが降りてきた。
中は空っぽで二人だけ。

黒沢
「じゃぁ、今なに考えてる?」

キスをしようと唇と唇が近づき……。
エレベーターの扉が閉まる。

<終わり>

【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】最終回の感想

【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】最終回の感想を紹介します。

 

チェリまほ、最終回安定の早朝TVer通勤車内で観たー!絶対ハピエンとはわかってたけどよかった…2期も観たい…絶対同じキャストで…!! 2人のシーンじゃなくて藤崎さんと六角くんのシーンでなぜか涙してしまった。あの2人もホント素敵だったなぁ♪ 

 

最終回見れたー!最高!! 

 

チェリまほという素敵な作品に出会えてほんとに幸せです❣️ そしてこの作品を通して赤楚くんと町田くんお二人の実力を思いっきり知ることができたことも嬉しい❣️ 

 

もうずっとウルウルしていたんですが六角くんと藤崎さんの2人のシーンで涙出てしまった もうね。。本当に素敵なシーンだったな

黒沢(町田啓太)と安達(赤楚衛二)の瞳から愛を感じる素敵なドラマ

毎週とても楽しみだった「チェリまほ」。感動のラブストーリーでした。
藤崎さん(佐藤玲)と柘植(浅香航大)のセリフが素晴らしい。
安達(赤楚衛二)がストレートに感情を伝え、それに黒沢(町田啓太)が答える。「安達じゃなきゃヤダ」って、クールに見える黒沢の恋心にキュン♪
安達を演じた赤楚衛二さん、黒沢を演じた町田啓太さんの演技は素晴らしく、言葉だけではなく、安達と黒沢の瞳の動きや表情で愛を感じられる素敵なドラマでした。

【30歳・魔法使い(チェリまほ)/30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】スピンオフ

本編で描ききれなかったスピンオフが12月24日深夜、テレビ放送終了後TSUTAYAプレミアムから配信されます。
スピンオフ「バレンタイン編&六角編」では、黒沢と安達のバレンタインの1日と六角目線で描いた黒沢と安達を描きます。
「柘植・湊編」は、柘植と湊の恋の行方を!二人の気持ちがすれ違ってしまう!?
さらに、赤楚衛二さん、町田啓太さん、浅香航大さん、ゆうたろうさんの副音声付き!
撮影の裏側や撮影秘話など貴重なトークが楽しめます♪

動画配信TSUTAYAプレミアム(全話配信)
12月24日スピンオフドラマ配信!
(2020年12月現在・最新情報は公式サイトでご確認ください。)

記事内画像:【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】公式Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました