【最愛のひと】8話のあらすじ!小栗旬・松山ケンイチ・杏が新撮シーンで登場!

最愛のひと8話

【最愛のひと】8話(最終話)のあらすじ!

最愛のひと~The other side of 日本沈没~』第8話(最終話)「幸せな結末」が12月12日に パラビで独占配信されました。

がスピンオフドラマの本作に新撮シーンで登場!彼らの3年後の現在が判明します。

今回はドラマ【最愛のひと ~The other side of 日本沈没~ 】8話(最終話)のあらすじネタバレ・感想について。

【日本沈没-希望のひと-】のキャスト・登場人物・相関図

【日本沈没】原作の結末ネタバレ!小説・映画・アニメのラスト

【日本沈没-希望のひと-】の視聴率と最終回ネタバレ

『最愛のひと~The other side of 日本沈没~』 の動画はパラビで配信!

2021年12月時点の情報です。最新情報はパラビで確認ください。

【最愛のひと】8話のあらすじ

【最愛のひと~The other side of 日本沈没~】第8話(最終話)のあらすじネタバレを紹介!

愛(与田祐希)が北海道へ

愛()たちは純太(福山康平)を見送った。そのあと、北海道へ向かう。

住民ひとりひとりを説得に回っている中、日本は少しずつ沈没した。

しかし愛たちが出発しようとしたその日…北海道は沈没しなかった

青森で沈没がストップ。九州も残った。

奇跡が起きた」とつぶやく愛。

3年後

ーー3年後。沈没を免れた北海道で奇跡と愛のその後は…。

沈没から半年後、東山総理が移住先になじめなかった日本への帰還者たちを受け入れる政策を始めたのだ。

愛が住む集落ではもう3回目となる帰還者の歓迎会を開いた。

今回も記者・椎名実梨()が中国から取材のため訪れていた。

久しぶりの愛と椎名の再会。椎名は地元じゃないが訪れるたびに帰ってきた気持ちなる。

しかし北海道への帰還者は意外と少ない。みんな、世界各地でしっかりと生きているのだ。

:「すごいよね。人ってさ、何を奪われても心ひとつで立ち上がって。もちろん、戻ってきた人も弱いってわけじゃなくてね。逃げて来たんじゃなくて。生きるための選択」

愛:「はい。勇気ですよね。それも」

愛は、椎名から、天海啓示()のその後のことを聞く…。

天海啓示(小栗旬)のその後

最愛のひと8話
©TBS

天海は、中国のジャパンタウンが軌道に乗ったため、今は国連で働いていて、世界中を飛び回っているという。

愛と椎名が話していると、天海から椎名へ電話が来た。

天海は「国連環境計画 北アメリカ地域事務所」にいた。オーストラリアで異常な熱波が記録されているから原因を知りたいが、田所博士と連絡つかなくて困っていた。

椎名は直接、田所に聞きに行くと返答。話が終わったところで、愛も天海に声をかける。

テレビ電話で会話する愛と天海。

第3次帰還の日に歓迎会をしていると聞いた天海は、「頼もしいよ。支えるになるからな。帰れる場所があるって。帰れなくても」と喜ぶ。

愛は「帰ってきてください。いつでも」と声をかけた。

「ああ」と天海。

天海は「しあさってに中国へ帰る」と椎名に伝えて電話を切った。

天海は環境調査を続けて、資料に目を通す…。

常盤紘一(松山ケンイチ)のその後

医師の奇跡は診療所を開き、地域の人気者だ。今日も野菜をたくさんもらって帰宅。

しかし家に帰ると、愛に怒られてばかり。

愛:「トイレットペーパーを使い切ったらそのままにしないで、芯を捨てて、新しいのにかえる!トイレの便座は下げる!靴下を脱ぎっぱなしにしないで、洗濯籠に入れる!牛乳パックは捨てないで、洗って開いてリサイクル!ほんと、奇跡ってなんでもお母さんにやってもらったんだね!」

奇跡はお母さんじゃなくて「お手伝いさんだよ」と返答。

鬼の形相になる愛。

ここでテレビのニュース番組に経済産業大臣・常盤紘一()が生出演。

「あ、常盤さん!」と笑顔になる愛。

女性キャスター(神田愛花)は、今後の政策を聞いた後、「次の首相にふさわしい人は?」の世論調査で3位になっている件を問う。

嬉しいが、「未来の総理大臣には私よりふさわしい人がいますから」とコメントする常盤。

「やっぱり常盤さんにしとけばよかった」と嘆く愛。

奇跡は肉じゃがにマヨネーズをかけた。

「なんで?かけなくたって美味しいから!」と没章する愛。

冷蔵庫にマヨネーズをしまう愛。

冷蔵庫の扉には「日之島には近づくな」と赤ペンで書かれたメモを貼っている。

愛は正直、奇跡にいらつく日々。

しかしまたあんなことが起きたら、きっと自分の全部を投げ出して祈ると思う愛。

トイレットペーパーを交換しなくてもいい、便座を下げなくてもいい、牛乳パックは愛が自分で開くし、料理にマヨネーズをかけまくられても全然いい。

そんなの全部どうでもいい。生きててくれれば…それでいいから、生きていて、元気で帰ってきて

「晴れてるから」と奇跡が勧めて、愛と奇跡は庭で食事をとった。

愛:「奇跡だよね。大好きな人が元気に生きててくれて、一緒に笑いながらご飯食べれて、小っちゃいことで喧嘩したり怒ったりできるのってもうホント奇跡だよね?

いい雰囲気だが、服に汁がついていた。奇跡は服を水につけるため洗面所へ。

《もう本当に砂漠で薔薇の花を見つけるくらいの奇跡なんだなあって心の底から思います。もちろん、兄ちゃんも純太も私の砂漠の薔薇》

純太と誠のその後

一方、愛の兄・誠はどこかの国にいる。世界を旅していた。

ひまわり畑がなくなって、海外から帰還した人たちのための施設が建っていた。

だから愛が復活させるつもりだ。

母との約束、絵でみんなを幸せにできるようにしたいから…。

純太はどう?と手紙を送る愛。

《一応、言っておくけど新譜のジャケットの髪型、なんか変》

純太はアメリカ・ロサンゼルスにいた。純太の曲は全米ヒットチャート3位になっている。

誠は、移住先の国にいた。難局を乗り越え、愛と奇跡が思うこととは……。

音楽プロデューサー・凜香(ファイルーズあい)が純太のサポートをしている。

「これからもずっと君の手を離す気がない」という凜香。

結末

愛:《生きていこうね。どこにても。離れていても。同じ空の下で自分と手を繋いで、みんなと手を繋いで。生きていこうね。時々、下を向いても、後ろを向いても。泣いて泣いて、泣き切ったら、また顔を上げて。前を向いて。できるだけ笑って。笑って。》

海岸沿いにて。愛はキャンバスに向かって、絵を描いている。

奇跡が「愛ちゃーん!もらったの!コーン!」と遠くから声をかけた。

愛:《それだけでもう奇跡だから》

「またこんなもらってきて!食べきれるかな」
「大丈夫でしょ」
「いやあ」
「いっぱい食べよ!」
「作るの私なんだからね!」
「すいません」
「しゃあないなあ」
「今日は何かなあ?夜ご飯」
「今日はちゃんちゃん焼きだよ!」
「ちゃんちゃん焼き!」

2人は談笑する。ラストカットは、愛の荷物の中の「ひまわり畑」の絵と、女の子と男の子2人が手を繋いでる絵のカット。※

※女の子は赤いワンピースを着て片手に絵の具を持っている。男の子は白衣を着ている。愛と奇跡が手を繋いで歩いて絵?

(つづく)

【最愛のひと】8話の感想まとめ

最終話となる第8話は、幸せな結末となりました。

北海道で日本政府も機能しているのですね。

天海()と椎名()、常盤()のその後もわかって贅沢なスピンオフとなりました。

ちなみに、常盤が言う「首相にふさわしい人」って天海のことですかね?(彼以外いないか)

喧嘩したり怒ることがあっても、大切な人が生きていて、帰ってきてくれるのは「奇跡」。

愛ちゃんが語る終盤のナレーションが本作のテーマを語っていたと思いました。

この命に感謝して、今日も笑って生きていきたいですね♪

【最愛のひと】8話の出演者・スタッフ

出演者

スタッフ

  • 【脚本】:蛭田直美
  • 【プロデューサー】:東仲恵吾、武田梓
  • 【監督/演出】:宮崎陽平(演出)
  • 【音楽】:楽曲(イメージソング):スカート「背を撃つ風」(ポニーキャニオン/IRORI Records),音楽:菅野祐悟
  • 【初回配信】 2021/12/12
  • 【スタジオ】TBSテレビ
  • 【制作著作】(C)TBS (C)小松左京

キャスト・スタッフのコメント

さんのコメント

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

与田祐希(@yodayuuki_oimo)がシェアした投稿

スタッフ コメント

▼東仲恵吾プロデューサー 3年後の主人公・天海たちの姿を今回、垣間見ることができます。ものすごい困難に立ち向かい、これからの日本を守り抜く決意をした3人が、その後どういう3年間を過ごしたのか。今思うこととは。そんな思いを受け取っていただけたらと思います。そして、愛たちも3年を経て、成長しています。最後に待ち受ける“愛の奇跡”を是非お楽しみください。

 ▼武田梓プロデューサー 「最愛のひと」ラストは「日本沈没」本編の最終話の、さらにその先が舞台になっています。激動の時代を駆け抜けた天海、常盤、椎名の3人が未来の「日本」にどのように関わっているのか、その姿を見ていただき、希望を感じていただければと思います。愛と奇跡の未来も是非、楽しみに見ていただければと思います。

【最愛のひとーThe other side of 日本沈没ー】のキャストへ