【るろうに剣心2023】13話のネタバレと感想!御庭番衆の最期に涙!

るろうに剣心 ネタバレ13
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【るろうに剣心2023】13話のネタバレと感想!御庭番衆の最期に涙!

【るろうに剣心2023】13話が2023年9月28日に放送されました。

  • 恵編が完結。
  • 御庭番衆の壮絶な最期に涙。
  • 恵と蒼紫、それぞれの結末は?

今回の記事では【るろうに剣心2023】13話「死闘の果て」のネタバレ、感想をお届け。

【るろうに剣心2023】を見るならAmazonプライム・ビデオがおすすめ!

Amazonプライム・ビデオなら2023年7月7日より毎週金曜正午から先行配信されます。

更に原作漫画は【DMMブックス】 で購入できます。

【るろうに剣心2023】13話のネタバレ

御庭番衆の最期

武田観柳は切り札のガトリングガンを発射。剣心、志乃森蒼紫をまとめて始末しようとする。

足を負傷した蒼紫を庇い、式尉が撃たれてしまった。

式尉「自慢の筋肉が弾丸に勝る盾になるって証明できた……」

そう言い残し、式尉はこと切れてしまう。

そこにひょっとこが登場。観柳は油袋を避けて頭を撃ち抜く。

ひょっとこ「かかったな……」

樽から癋見が登場。攻撃しようとするが間に合わず、撃たれてしまう。

癋見「すんません、最期まで役立たずで……」

更に般若も剣心に後を託し、凶弾に倒れてしまう。

恵の償い

観柳は逆刃刀を拾った剣心にガトリングガンを向ける。が、弾切れ。御庭番衆の命がガトリングガンに勝ったのだ。

命乞いをする観柳。

命乞いなら貴様が好きなお金様に頼んでみろ!!

剣心は渾身の力で観柳をぶっ飛ばす。だが、蒼紫にとって失ったものは大きかった。

剣心たちは恵の下へ向かい、彼女を救出する。

だが、恵は「ありがとう」と短刀で自決しようとする。災いの種は自分なのだから。それを左之助が止める。

警官隊が到着。観柳は連行されることになった。観柳は阿片製造に関する恵の責任を追及する。地獄の道連れにするつもりだ。

罪を認めようとする恵を剣心、弥彦、左之助が庇う。彼女は観柳に利用されそうになっただけだ。

己が死んだところ(死刑)で死んだ人は蘇らない。ならば生きてその罪を償って欲しい。

13話の結末

剣心たちは薫の下へ帰ろうとする。だが、蒼紫は4体の首なし死体を残して姿を消してしまった。

おそらく、蒼紫は観柳の隠し通路を通ったのだろう。

森の中、剣心たちの前に部下4人の生首を手に持った蒼紫が現れる。蒼紫は部下を守れなかった自分を許していなかった。

剣心「もし、お主が自分を許せぬなら今一度拙者と闘え。」

自分を倒し、「最強」の称号を得ることが4人への弔いになる。

蒼紫「抜刀斎、俺がお前を殺すまで誰にも殺されるなよ。」

そう言い残し、蒼紫は姿を消した。

その後、恵は町医者の世話になることが決まった。人を救うことで償いをする。

一方、蒼紫は更なる強さを求め、武者修行に出る。

こうして阿片事件は死闘の果てに二つの結末を持って幕を閉じた。

【るろうに剣心2023】13話の感想とレビュー

御庭番衆の回想と最期

【るろうに剣心2023】13話で阿片(恵)編が完結。御庭番衆は壮絶な最期を迎えてしまいます。

御庭番衆の修業シーンはアニメオリジナル。4人と蒼紫の絆の強さが感じられます。

そして、より強さを求めて旅に出た蒼紫。次に登場する時には「抜刀斎を殺すのは俺だ」と味方として登場して欲しいです。

次週予告

次回の【るろうに剣心2023】は2023/10/5(木)24:55から放送。お楽しみに。

12話「御頭・四乃森蒼紫」<< >>14話「弥彦の戦い」

画像任用:TVアニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」