【鹿楓堂よついろ日和】7話のネタバレと感想!ときたかの過去、叔父(光石研)のハンバーグに涙!

鹿楓堂

【鹿楓堂よついろ日和】7話のネタバレと感想!ときたかの過去、叔父()のハンバーグに涙!

【鹿楓堂よついろ日和(ろくほうどうよついろびより)】7話が2月26日に放送されました。

ときたか()の叔父=北沢青爾()が鹿楓堂にやってきた。
スイ(小瀧望)はときたかのために、ある行動にでる。
ときたかの過去が明らかに!

テレビ朝日オシドラサタデー【鹿楓堂よついろ日和】7話のネタバレと感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【鹿楓堂よついろ日和】7話のネタバレ

【鹿楓堂よついろ日和】7話のネタバレを紹介します。

ときたかの写真が拡散!

陶芸教室メンバーの送別会写真が拡散され、ときたかは一躍有名人に。
ときたかの写真を待ち受けにすると願いが叶う、と噂に。

鹿楓堂にはときたか()目当ての女性客でにぎわう。

陶芸雑誌の記者もやってきた。

ときたかが作った茶碗を持参し「ファンだ」という。

ときたかはかつて“天才陶芸少年”と言われていた。

「そういえば、叔父さんとは今は?こっちにいるということは逃げられたんですね」と言い出してきた。何か意味ありげな質問。

スイ(小瀧望)が、すかさず「取材なら日を改めて」と断る。

ときたかの過去

この日の夜は、たこ焼きが夕飯。

陶芸教室の送別会は、イーストグランデで行ったという。

そこは、八京の運営するレストラン。

その時、ときたかは、八京()が困っているお年寄りに声を掛けるのをみて、スイと八京は似ていると感じた、という。

たこ焼きが出来上がり、スイ、椿(大西流星)、ぐれ(佐伯大地)が頬張るも、タコが入っていなかった。

焦ったときたかはやけどをしてしまう。

**

昼間の記者の話から、椿とぐれはときたかのことを気にしていた。

椿とぐれはスイに
「子どもの頃何かあったの?」と訊ねる。
スイもときたかの過去はよく知らない。
すると、ぐれが検索をして、ある記事を見つけだした。

・ときたかは、事故で両親を亡くした。
・叔父はときたかを金目当てで引き取った。
・ときたかは小路の教えで天才少年陶芸家として有名になる。
・引き取った陶芸家の叔父が暴力をふるった。

という内容。

**

鹿楓堂の定休日。

ときたかの叔父=北沢青爾()が店を訪ねてきた。
ときたかの写真を持っていた。

スイとときたかは、中学の同級生。
スイは、何度か遊びに行ったことがあり、北沢のことを覚えていて、声を掛ける。
しかし、北沢は来たことは言わないでくれと言って帰ってしまう。

**

椿とぐれは、ときたかを心配してプレゼントをする。
スイはときたかに
「さっき、おじさんが来た。いいの?このままで」
と告げる。

ときたかと叔父は疎遠状態。
「会わないほうがいい」と言うときたか。

スイはときたかを引っ張って、北沢の家に。

**

過去。

ときたか幼少期の思い出。

「今日からお世話になります」
挨拶をするときたか。

北沢はときたかのためにハンバーグを作る。
料理に不慣れな北沢。
ハンバーグは焦げていた。
ときたかは
「おいしいです」と言うが、北沢は
「まずい」と言い、二人で笑い合う。

夜、眠れないときたか。
北沢は、眠れるまで起きてるから、ときたかの隣で本を読む。

ときたかと叔父の再会

北沢の家にあがったスイとときたか。

北沢はときたかを見て驚く。
スイは「お腹が空きました」と場を和ませる。

ときたかはハンバーグを作り始める。

スイは北沢と料理ができるのを待つ。

**

過去

小学生のときたかをマスコミが追いかける。
家にマスコミが集まり、北沢は「出て行け」と叫ぶ。
噂が広まり、北沢の作品が返品になってしまう。

**

北沢は、ときたかを引き取り、自分が陶芸を教えたからあんなことになった、と自分を責めていた。

ときたかは「違う」と。

最初に食べた北沢のつくった焦げたハンバーグが
「今でも人生で一番のハンバーグです」
と気持ちを伝える。

そして、自ら作ったハンバーグを北沢とスイに。

ふたりは「うまいな」と。

「私がいなければ、おじさんは静かに暮らせたのに。私のせいで、誤解されて悪者にされて。私が来なければ」
ときたかは自分を責める。

北沢は
「それは違う」と。
そして
変わってないな。昔から『大丈夫、大丈夫』って」
とも。

「本当は大丈夫じゃなかった」と、ときたか。

料理をするといつも北沢のことを考えていたという。

ちゃんとご飯を食べてるかな、と…。

北沢はときたかの手を握る。

「ずっと会いたかった。来てくれてありがとう」

北沢の言葉にときたかは涙を流す。

ときたかは、今、鹿楓堂のメンバーと楽しく暮らしているといい、その言葉に北沢は安心する。

こうして、北沢とときたかはやっと和解できた。

ときたかがスイと椿に喝!

SNSでは、今度、角崎()が『尊すぎるパティシエ』と話題に。

「スイと椿は食べてばかりで全然運動してないです!筋トレしましょう」
と、ときたか。

「さぁ、腕立て伏せ!」
と竹刀を持ち、椿とスイを鍛える。

ぐれは喜んで腕立て伏せをしている。

北沢から電話がある。
「今週末、行きます。おやすみなさい」と、ときたか。

そして、再び、筋トレの特訓に!

<続く>

【鹿楓堂よついろ日和】7話の感想

毎回癒されるの感想、そして、今回は「感動の回」「泣いた」の声がTwitterに。

【鹿楓堂よついろ日和】7話の感想を紹介します。

【鹿楓堂よついろ日和】7話のまとめ

【鹿楓堂よついろ日和】7話は、ときたかの過去が明らかになりました。小さな頃から、今と変わらず、ときたかは礼儀正しい。
そして、小さな頃から「大丈夫」と言っていたのが叔父様から伝わりました。
「大丈夫」と言うときたかだけど、本当は大丈夫じゃない。
叔父様もスイもそれを分かっていることにじんわり。

叔父様との再会、ハンバーグの思い出など、感動がいっぱい詰まった物語でした。

次回は、再び花岡千利()、神子洸一郎()が登場します!

次回予告

・千利が鹿楓堂の一日店員に!

・角崎が八京に関わるには理由があった!?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【鹿楓堂よついろ日和】公式サイト

コメント