【鹿楓堂よついろ日和】最終回のネタバレと感想!スイと八京ら幸せこぼれる笑顔にロス続出!

鹿楓堂

【鹿楓堂よついろ日和】最終回のネタバレと感想!スイと八京ら幸せこぼれる笑顔にロス続出!

【鹿楓堂よついろ日和】(ろくほうどうようついろびより)最終回が3月19日に放送されました。

・鹿楓堂が再オープン!

・スイ(小瀧望)が鹿楓堂に向かうと、ときたか()、椿(大西流星)、ぐれ(佐伯大地)そして、角崎())八京()が待っていた。

・感動の連続!美味しいメニューも盛り沢山!

テレビ朝日オシドラサタデー【鹿楓堂よついろ日和】最終回のネタバレと感想を紹介します。

【鹿楓堂よついろ日和】の漫画はマンガ無料立ち読み  、【まんが王国】がおすすめ。
クーポン利用でお得に購入!


ADVERTISEMENT

【鹿楓堂よついろ日和】最終回のネタバレ

【鹿楓堂よついろ日和】最終回のネタバレを紹介します。

鹿楓堂閉店

2021年3月
鹿楓堂は、しばらく休業に。

2022年4月

ぐれ(佐伯大地)はデリバリーのバイト、椿(大西流星)は角崎()のもとでパティシエをして、ときたかはお弁当屋で働いている。

スイはひとりで食事。

椿は帰宅。グッタリしている。

次いで、ときたかが帰宅。お弁当をお持ち帰りする。「明日も早い」という。

そして、ぐれが帰宅。バイトは運動にもなるしお金にもなるから一石二鳥だと相変わらず元気。

4月7日が鹿楓堂の再オープン。

スイはメニューの相談をいなければと思うが皆忙しそう。

長い間休んでいたのでお客が戻ってくるか心配している。

今週末、4人で出かけよう、とラインをするも、皆、忙しいと断られてしまう。

スイのお相手はきなこだけ。

**

スイが起きると、すでに椿は出かけていてぐれもバイトに。

ときたかが「あれからお兄さんとは?」と心配する。

スイはあれから会っていないという。
リモートで話してみたら、と提案するときたか。

この日もスイはひとりで朝食。

メンバーもそれぞれに仕事をしながらひとりで食事をしている。

スイと八京の誕生日

そうして、4月7日。オープンの日がやってきた。

スイが起きて着替えてリビングに行くと、ぐれ、椿、ときたかはすでに着替えてスイを待っていた。

そこに、八京()が。

ぐれ、椿、ときたかがクラッカーを鳴らす。

隠れていた角崎()が大きなケーキを持って登場。

この日は、スイと八京の誕生日。

4人がハッピーバースデーを歌う。ケーキは角崎と椿が作ったもの。

ろうそくをスイと八京がふっーと消す。

みんなでケーキを食べる。

スイは「みんなで食べるのはおいしいな」としみじみ。

八京は、湯飲みを持ってきていた。

スイが「鹿楓堂にもってきて」といった思い出の湯飲みだ。

スイと八京は、ゆっくりとお茶を飲む。

スイは「八京の会社にはもう戻らない」と伝える。

八京に出ていけと言われたとき、頭が真っ白になって、自分の存在を否定された気持ちになった。だったら、居場所がない人が居てもいい場所を作ろうと思った。

「ここが俺の居場所なんだ」と。

喫茶店は、生きるために絶対必要なものじゃない。なのに、特別な空間でお茶を飲む。あれば癒される。人は前を向いて生きていくために必要なんだと思う

スイの言葉に、八京は言う。

「いい店だな。働いている人も訪れる人もみんな笑顔になれる」

それは、スイが八京のホテルに行った時の感想と同じ。

「俺、八京と仲良くしたいわ」
というスイ。二人は笑顔だ。

お互いに、相手に嫉妬をしていたと打ち明ける。

八京は天真爛漫なスイが羨ましかった。
さらに、子どもの頃、スイが「ふたりで最高の旅館をつくろうな」と言ったから、会社を大きくしたのだと告げる。

鹿楓堂再オープン

開店の時間になる。

4人でのれんを掲げる。

赤いのれんの前。

スイ、ぐれ、椿、ときたかが並ぶ。

神子洸一郎()がまり(加藤柚凪)を抱っこして千利()が訪れる。次いで、小鶴(田畑志真)が祖父(伊武雅刀)のお茶を持ってやってきた。
砂金(脇知弘)と林(織田梨沙)、リュウジ(曽田俊介)ら、次から次へとお馴染み客が訪れる。

皆のオーダーは、鹿楓堂再オープンスペシャルメニュー。

早速、厨房で作り始める。

スペシャルメニューは「鹿楓堂特製オトナのお子様ランチ」

お子様ランチを食べ幸せな笑顔が店いっぱいに。

「良かった」とほっとするスイ。

「なんか、楽しいな」とぐれ、椿、ときたかに言う。

ときたか
私達のほうがお客様に救われてるのかもしれませんね」

頷くスイ。

八京のところにドーナツを持ってきた角崎。

「俺は京君が嫌だといってもずっと追いかけて食べてもらう」

「うまい」
と八京は笑う。

「今、笑ったよね」と角崎。

ラストシーン

再オープン記念に4人で写真を撮る。

せっかくだからお客様も撮らせてもらおう、ということになり。

「皆さま、鹿楓堂におかえりなさい」
スイはみんなの写真を撮る。

そして……

スイ、ぐれ、椿、ときたか。
そして、角崎、八京も一緒に写真を撮る。

八京とスイは真ん中。

肩を組み幸せいっぱいの笑顔。

<終わり>

【鹿楓堂よついろ日和】最終回の感想

毎週癒された、良い終わりだった、寂しいなどたくさんの感想がTwitterに!

【鹿楓堂よついろ日和】最終回の感想を紹介します。

【鹿楓堂よついろ日和】最終回のまとめ

【鹿楓堂よついろ日和】最終回は、鹿楓堂の再オープンを描いた物語。色々なことがあったけれど、八京とスイが和解できて本当に良かった。これまでに鹿楓堂に訪れたお客様も訪れ、幸せがあふれる笑顔に心があたたくなりました。

クランクアップのコメント

鹿楓堂

鹿楓堂のメンバーを演じた小瀧望さん、さん、大西流星さん、佐伯大地さん、そして、八京を演じたさん、角崎を演じたさんが勢揃いする場面を撮り終えてクランクアップを迎えました。

主演を務めた小瀧望さんは、2年振りのドラマで不安もあったという。
「支えてくださるスタッフや皆さまy、ここにいる一緒に頑張って来た仲間とこの日を迎えられて本当にうれしく思います」とコメント。
思わずウルウルする小瀧望さんは、クランクアップで泣いてしまったのは初めてだとか。

そして、出演者からの幸せコメントも。

佐伯大地さん「2か月間本当に幸せでした」
さん「心から楽しんで参加させて頂きました」
大西流星さん「また帰ってきたいな、と思える幸せいっぱいの現場でした」
さん「本当に幸せで楽しい現場でした」
さん「和気あいあいの現場に参加できて楽しかった」

出演者、スタッフの熱い思いがたくさんつまった【鹿楓堂よついろ日和】。
土曜の夜にほっこりと癒されました。
最終回は寂しいけれど、もしかしたらまた会えるのじゃないかな、と期待しています。
そんな“いつか”を楽しみにしています。

次回のオシドラサタデー↓

記事内画像:【鹿楓堂よついろ日和】公式サイト

コメント