スポンサーリンク

『レッドアイズ』2話のネタバレと感想!忍成修吾の正体に驚愕、シシドカフカは無事か?

日テレ土曜ドラマ『レッドアイズ監視捜査班』2話のネタバレと視聴率と感想!
忍成修吾の正体に驚愕、シシドカフカは無事か?
伏見響介()らが本格始動したKSBCに「人を殺した」と電話が!
驚愕事件の連続と暗号を一発解読する小牧(松村北斗)の活躍に注目!
2021年1月30日放送『レッドアイズ監視捜査班』2話の視聴率、ゲスト、ネタバレ、感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

『レッドアイズ監視捜査班』2話の視聴率

『レッドアイズ監視捜査班』2話の視聴率は、10.4%でした。初回12.4%に続き2桁キープです。
(視聴率は、関東地区・ビデオリサーチ調べ)

『レッドアイズ監視捜査班』2話のゲスト出演者は般若・忍成修吾

レッドアイズ・2話   『レッドアイズ』2話のネタバレと感想!忍成修吾の正体に驚愕、シシドカフカは無事か?
『レッドアイズ監視捜査班』2話
般若(役:漆川卓也)

『レッドアイズ監視捜査班』2話のゲストは、ラッパー、俳優として活躍する般若(はんにゃ)さんです。
般若さんが演じるのは、ユニークなアッパー系の犯人。
野球バットを武器に構える「ガニマタ打法」、亀梨和也さん演じる伏見響介とのハードな格闘シーンに大注目です!

忍成修吾さんは被害者男性ですが……。
3話にも登場するかも!?

『レッドアイズ監視捜査班』2話のネタバレ

『レッドアイズ監視捜査班』2話のネタバレを紹介します。

犯人の部屋に伏見(亀梨和也)の写真

男の部屋。

ボードに写真。
島原由梨(松下奈緒)、島原信嗣、山崎辰二郎()、山崎克己、富山晴喜、小牧要(松村北斗)、湊川由美子(シシドカフカ)、湊川敢太(森島律斗)、大塩はるか(髙橋ひかる)、阿蘇、長篠文香()、伏見響介(亀梨和也)。
そして、伏見の婚約者・結城美保の写真には赤いバツ印。

横浜市中区・伏見探偵事務所(伏見の部屋)。

美保の事件に関する地図や写真がある。

横浜市港北区・島原由梨の家。

島原由梨(松下奈緒)の塾講師の夫・信嗣は、伏見が戻って来たことで
「よかったな、(伏見を)信じてみるしかないよ」と由梨を励ます。

**

KSBCにて。

情報分析官の長篠文香(は元犯罪者が加わることに不満。
小牧要(松村北斗)と険悪ムード。

湊川由美子(シシド・カフカ)に息子の敢太から電話。
この日は水曜日。
「なるべく早く帰る」と由美子。
湊川の手には敢太からのお守りが握られている。
この時、息子敢太がの姿をこっそりと青いコートの男が見ている。

**

伏見響介(亀梨和也)は地下の資料室で美保についてを調べている。
伏見の婚約者・結城美保(小野ゆり子)の捜査は警察がやっているから、と島原に言われるが伏見は納得がいかない。
そこに、凶悪犯からの電話があったと連絡がある。

事件発生・伏見(亀梨和也)と湊川(シシドカフカ)が現場に!

男からKSBCに直接の電話。

「今朝、二人殺した。今から山手公園の森林地帯に捨てる」
監視カメラには、男が男女のカップルの死体をひきずる姿が。

「最新システムが役に立つのかな。そのシステムで俺をつかまえてみろ」
と挑発的。
ここでカメラとの通信が切れる。

**

「犯人はまだ現場近くにいる」と島原。
伏見と湊川は現場に向かう。

島原は湊川に伏見には内緒で無線を通して話をする。
「伏見は3年前の事件を思い出すと自分を見失う。万一のときは、伏見を止めて」と指示。

**

ほどなく、伏見と湊川は現場に到着。
被害者男性の息はまだわずかにある。

伏見と湊川は現場検証。
伏見は女性のポケットから手帳を発見するが「被害者のものではない」と判断。
手帳には謎の文字が。
犯人からのメッセージではないか。

長篠(趣里)と小牧要(松村北斗)の対立

長篠(趣里)がカメラ映像を調べる中、小牧要(松村北斗)はあっさりと最短ルートを見つけ出す。長篠は面白くない。
そこに、伏見が戻る。
さらに、小牧は手帳の暗号を解読していく。

暗号文
<私は人間を殺すのが好きだ。森で獣を狩るよりずっと楽しい。なぜなら、人間は最も危険な動物だから。>
<本日午後4時。警察発表で新聞に暗号を公表しろ>

犯行を繰りかえし警察やマスコミに犯行声明文を送っていた「ゾディアック事件」を模倣している、と確信するKSBCのメンバー。

「要求を無視したら、また誰かを殺すかもしれない。こういうケースは真似をする人間がでてくる」と山崎()。
そこで、最短で犯人を確保するべく「16時までに犯人確保」と島原は指示をだす。

被害者・蠣崎(忍成修吾)の涙

そんな中、被害者の男・蠣崎(忍成修吾)の意識が回復した。
伏見は話を聞きにいくが、蠣崎は
「犯人の特徴を覚えていない」という。

蠣崎の枕元には婚約指輪が。
「プロポーズするつもりだったんです。俺は彼女を守れなかった」と泣く蠣崎。

伏見はそこに自分の姿を重ねる……。

伏見が帰ろうとしたとき、蠣崎は何かを思い出す。
「そういえば、あの時……」

**

手足を縛られた男性を金属バットで殴る男。
その行為に喜びの表情。

犯人からのメール

KSBCにて。

犯人から再び連絡が入る。
メールが送られてくる。
そこには設計図が添付されていた。

「犯人は殺しにこだわりがない。別の目的があるのでは」と山崎。

伏見は蠣崎から「犯人はオフロードバイクで逃走していると聞いた」と伝える。
監視カメラの映像から犯人の足取りを追う。

**

湊川に帰れという伏見。
水曜日は湊川が息子と過ごす日だからだ。
伏見はひとりで現場に向かう。

帰宅しようとする湊川に蠣崎の経過報告書が届けられた。

伏見(亀梨和也)が犯人(般若)を逮捕

捜査一課の長久手(川瀬陽太)姫川(長田成哉)と現場で合流する伏見。
現場のビルに突入するが犯人は見当たらない。
ロッカールームで凶器を発見。
階段をのぼる伏見らが一室に入ると、さるのおもちゃに爆弾が仕掛けられていた。
慌てて部屋を出る3人は、危機一髪で助かった。

その隙に犯人は屋上に。
伏見は単独行動で屋上に向かい、犯人と向き合う。

犯人は野球のバットを武器にし伏見に襲いかかるが、伏見はすばやくかわし犯人を逮捕する。

伏見は、ビルに入るとき屋上にロープを見つけた。おそらくそこから逃げるつもりだと判断して、屋上に行ったのだった。

犯人は漆川卓也(般若)
工学部を卒業している。
送られてきた設計図は、5年前の四つ葉重工爆破事件の爆弾と同じものだった。

**

屋台にて。

島原由梨の妹・大塩はるか(髙橋ひかる)が働いている。
はるかは、姉の由梨から連絡がなくてイライラ。
「二人っきりの家族だろ。妹を守るために刑事になったんだろ」店長(福澤重文)

青いコートの男、影から見ている。

湊川由美子(シシドカフカ)誘拐事件発生

湊川は報告書から蠣崎の証言に嘘があるとわかり、伏見に電話をする。
それによると、蠣崎は自分で腹を刺したのでは、と伏見は推理する。

その時、湊川は蠣崎のスタンガンで気を失う。

電話に出たのは蠣崎。
「恋人に殺された俺に同情したのか。これはお前の弱さがおこした失態だ」
と柿崎。

<およそ人間は、自分が信じたいと望むことを、喜んで信じるものである。
ジュリアス・シーザー>

**

湊川誘拐事件発生。
島原は犯人確保を指示。

長篠に小牧は言う。
「しらみつぶしでやるしかない。指示をお願します。これが俺達の仕事なんでしょ」と。
これにより、二人の険悪なムードはなくなった。

**

蠣崎は意識を失った湊川を連れ車に。

KSBCに蠣崎から電話。

カメラ映像に蠣崎の姿。
「犯行声明文を掲載しなかったのは残念だけど、あらたな犠牲者が必要だ」
と人間が入っている袋をバットでおもいきり殴る。

袋の中には男。
その男は、漆川が殴りつけていた男だ。
湊川由美子ではない。

湊川は手足を縛られ横たわっていた。
そして、さるのおもちゃの爆弾を置く。
「午後8時に警察の失態で新たな犠牲者がでたと発表しろ。この女を救いたければ原点に戻れ」

伏見(亀梨和也)「殺してやる」

8時までに2時間を切る。

伏見の目がカメラを凝視。
「殺してやる」

<続き>

『レッドアイズ監視捜査班』2話の感想

『レッドアイズ監視捜査班』2話の感想を紹介します。

レッドアイズ監視捜査班 松下さんもなんかありそう

レッドアイズ1話見直し TEDの犯人と伏見のやり取り 「結城みほをやったのはお前か」 「どうだろうな」 →すでに愉快犯、模倣犯の可能性が高い。3話以降で描かれる青コートの犯人はほぼ愉快犯か模倣犯かと。

ねぇ 終わるの早すぎない? 早く 土曜日になれぇぇぇ~ まさかの 被害者が加害者だったとは 登場する人物 みんなが怪しくみえる

まさかの忍成修吾!

『レッドアイズ監視捜査班』2話もハラハラのままに時が過ぎ、とにかくスピーディー展開&謎も散りばめられたストーリー。まさか、被害者が犯人になるとは。驚きの展開でした。そして、亀梨和也さん、今回もカッコよかったです。
漆川(般若)や蠣崎(忍成修吾)とは別に、真犯人がいる?冒頭にうつる写真から想像するに、狙いはメンバー全員なのかも!?
2話はKSBCメンバーの家族も登場。島原由梨(松下奈緒)が刑事になったのには理由がありそうです。妹の過去に何かがあったのでしょうか。
とにかく、気になる点が満載。
湊川由美子(シシドカフカ)は助かるのでしょうか。次回もお楽しみに♪♪


1話<<>>3話

記事内画像:『レッドアイズ監視捜査班』公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました