スポンサーリンク

【東京地検の男】のネタバレと感想!名取裕子は沢村一樹の味方!?シリーズ化に期待!

テレビ朝日ドラマSP【東京地検の男】のネタバレと感想!

東京地検の検事・東丸信助()がある殺人事件の真相を探る!
エリート検事の三枝浩一(市川猿之助)と手を組むことに!?
京都地検の女の名取裕子さんがエリート検察官・刑事部長で登場です!

新キャラ登場と話題の【東京地検の男】の原作、あらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【東京地検の男】の原作

東京地検の男
【東京地検の男】
三枝(市川猿之助)・東丸()・剣崎(

【東京地検の男】の原作はありません。テレビ朝日オリジナル作品です。
名取裕子さん主演のテレビ朝日【京都地検の女】シリーズの男版。
名取裕子さんは「東京地検の男」では東京地検の刑事部部長で出演しています。

【東京地検の男】のあらすじ

【東京地検の男】のあらすじを紹介します。

東京地検の検事・東丸信助(沢村一樹)のもとに送検されてきたのは、不動産会社の経営者殺しの容疑者・山岡誠二(平岳大)。
先入観を持たずに被疑者と向き合うことをモットーにしている東丸は、検察事務官の桐野圭太(矢本悠馬)と、聞き込みを開始する。
真犯人は別にいると考えた東丸は、山岡に真摯に向き合い問いかける。山岡は東丸の熱い思いに打たれ、真実を語り始める。
一方、特捜部のエース・三枝浩一(市川猿之助)は、贈収賄事件を追っていて……。

▲関連記事▲
ドラマ【東京地検の男】のキャスト一覧!主演・沢村一樹が市川猿之助と新キャラで登場! | 【dorama9】

【東京地検の男】のネタバレ

【東京地検の男】のネタバレを紹介します。

東京地検の検事・東丸信助(沢村一樹)出勤

新規オープンのオムライス屋の200円割引のチラシを貰い喜ぶ東京地検の検事・東丸信助(沢村一樹)

東丸が出勤すると検察事務官の桐野圭太(矢本悠馬)が待ち構えている。
東丸のもとに、殺人容疑者の山岡(平岳大)が送検されてきた。

事件の内容
今月2日。
不動産会社の経営者・大橋妙子(小柳友貴美)が、刺殺された。
山岡は、洋食屋を営み妙子から物件を借りていた。
動機は、経営が悪化し、家賃を滞納していることで口論になり、殺したと自供。
凶器は、店にあったナイフ。近くの川に捨てたが、発見されていない。
午後3時頃、逃走する山岡を目撃したという警備員会社役員・石森良雄(渡辺正行)の証言がある。

**

山岡の取り調べをする東丸。
ナイフを用意したのは、計画的犯行。
言い争い衝動的に殺したというには矛盾があると東丸。

山岡は
「私には動機がある。さらに目撃証言がある。それをくつがえせますか」
と意味深発言。

東丸は山岡の自供に疑問を持つ。

**

特捜部のエース・三枝浩一(市川猿之助)は、収賄事件を追っている。
議員・村井修三(螢雪次朗)の秘書・倉田昭夫(の取り調べを行う。

倉田が業者からお金を受け取り、村井が国会で業者に有利な答弁を行った。
2日に現金の受け渡しがあったという情報がある。
三枝は倉田につめよるが、倉田は自供しない。

**

東丸は、仕事帰りにスーパーにより、値引きの品を購入。
家に帰ると、妻の恭子(富田靖子)と娘と息子が出迎える。
和気あいあいとした家庭は和やか。

東丸(沢村一樹)の疑問

東丸と桐野は、目撃者の石森に話を聞く。
石森は警視庁に勤務していた元警察官。退職して警備員をしている。
警備会社の窓から、殺害現場のマンションの廊下が見える。
「ここから見た」と石森。
見たのは山岡だと答え、時間も確かなようだ。

さらに東丸は事件現場に。
若い刑事らは、証言者が元刑事の石丸が上司だったため、やりにくそうな雰囲気。

次に被疑者・山岡の店を訪ねる。
従業員の田所美香(星野真里)から話を聞く。
田所は山岡が殺したとは思っていない。
店の経営が苦しくなったのは、駅の向こう側にショッピングセンターができ客が激減したからだという。

東丸はナイフが気になっている。
美香は、ナイフがいつなくなったのか、わからないと言う。
東丸は、田所が何かを隠していると疑う。

**

村井についている秘書は倉田と田中(岡田浩暉)
村井の元に、東京高等検察庁のトップに君臨する検事長・大川(羽場裕一)が訪れる。
村井は大川にとりいり、賄賂事件をもみ消すつもりだ。

山岡(平岳大)の証言

東丸は再び山岡から話を聞く。

東丸は自分の過去の話をする。

東丸の父と兄は弁護士。自分も弁護士になると思っていたが、司法試験は難しく、何度も落ちてしまった。
ある時、司法試験に受からなければならないなんて誰が決めたのだ、と思いすっぱりとあきらめた。
そして、スーパーに勤務。
結婚して子どももうまれた。
スーパーでは挨拶の大切さを学んだ。
ある日、スーパーのお客が詐欺被害にあった。この時、担当検事の冷たい態度をみて「事件が起きて困っている人を救いたい。自分は検事になろう」と決めた。
3回受けてダメだったら諦めると妻と約束してチャレンジ。そして、検事になった。

「検察は最後の砦。真実を知るのが私の仕事。教えてください。あの日、あなたは本当は大橋妙子さんと言い争いなんてしていませんよね」
東丸の熱意に山岡は答える。
「はい、言い争いなんてしていません。殺してなんかいない」

山岡が殺害現場を出たのは1時過ぎ。
この時、大橋妙子とは話し合いだけで終わっていた。
しかし、目撃者がいるため、取り調べでは疑われた。
やった、というまで取り調べは終わらなかった。
弁護士に話したが、それを証言するのは難しい、と言われてしまう。
刑を軽くするために、やったというように弁護士から促されたのだった。

**

デスクにある新聞に賄賂事件の倉田の写真が載っていた。それを見た大岡は、事件があった時刻に倉田と歩いていてぶつかったという。
東丸は倉田に話を聞きに行くが、山岡のことは覚えておらず、その日は家にいたという。

「本当の希望は他人任せでは手に入らない」と倉田に言う東丸。
秘書の田中は、二人のやりとりをこっそりと見ている。

**

翌日。
東丸は刑事部 部長・剣崎亮子(の執務室に呼び出される。
するとそこに特捜部のエース・三枝浩一(市川猿之助)が現れた。
三枝は、贈収賄事件の関係者である倉田に東丸が接触したことで、相手に警戒され捜査が行き詰まったと激怒していた。
東丸は、この件で転勤になっても仕方ない、と思う。
しかし、山岡の無実は信じている。
**

剣崎は、検事長の大川に
「東丸には釘をさしておきました」と報告。

**

倉田のところに東丸がきたことで、田中は思わぬところから事件が明るみにでないかと心配する。
村井はいざとなったら、倉田が責任をとるよう指示。

しかし倉田は決意する。
「話したいことがある。希望を持ちたいんです」と東丸に電話する。
翌日、東丸は待ち合わせの場所に行くと、倉田の死体を発見する。
倉田は港で溺れて死んでいた。

東丸(沢村一樹)、三枝(市川猿之助)と手を組む

倉田の机の引き出しから遺書が発見され、自殺だと警察から連絡がある。

三枝は「どうやって責任をとるつもりですか」と東丸に迫ってくる。
しかし、東丸は
「遺書はパソコンで打ったもの。誰でも作成できる。倉田さんは殺された」と。
そして、三枝に「手を組もう」と言う。

こうして二人は情報交換をし、ひとつの仮説をたてる。

村井が癒着している会社の矢野課長が倉田に金を渡した。それが殺人事件のあった日。
倉田はお金を受け取った帰りに山岡にあった。
山岡にあったというと、賄賂の件が明るみになる。だから、証言できずにいたのだろう、と推理。

**

東丸はあることに気づく。
土日返上で桐野とともに、石森のもとに。

再び石森は窓から見たことを話す。
「今月の2日、午後2時58分。ここから男が…」と窓の外を見る。
その時、山岡と同じ服をきた人間が事件のあったマンションを歩いていた。
それはピザ屋の人物。そのピザ屋では、事件当日も配達をしていた。
石森が見たのは山岡ではなく、ピザ屋の配達員だった

ナイフの疑問

東丸は山岡と話す。
石森の証言がくずれたことを告げる。

問題は凶器とされていたナイフが見つからない事。
山岡は何かを隠している。
東丸は山岡に「ナイフがどこにあるか知っているのでは」というが山岡はそれには答えない。

**

剣崎は検察でトップを目指している。
東丸の行動が、贈収賄事件の邪魔をしていると、腹を立てている様子だ。

**

三枝は村井が不起訴になることに納得ができない。
東丸が追う事件が明るみになることで、村井逮捕が可能になると考える三枝は、東丸に再び情報を提供する。
事件当日、倉田の事件現場付近で動画を撮っていたダンスグループの映像をチェック。そこに田中がうつっていたのだ。

東丸と桐野は、田中のところに行くが、田中は警察に出頭。
倉田の自殺ほう助を自供する。
これにより、あくまでも倉田は自殺となる。

犯人ネタバレ

東丸は田中の取り調べを行う。
田中は「死にたければ死ねばいい」と倉田に言ってしまったという。
田中は15分くらい話したというが、倉田のネクタイの色を覚えていない。
つまり、ネクタイの色を見ていない。それは、後ろから港に突き飛ばしたから。
さらに田中が倉田の遺書の内容を知っていたことから、口封じのために倉田を殺したと判定。

**

田中の自供により三枝は村井を逮捕。
山岡は不起訴になり、警察を出る。
店に戻ると美香がいる。

そこに東丸が。
山岡がナイフのことを話すために東丸を呼んだのだ。

美香は過去に詐欺事件で逮捕された前科があった。
事件のあった日。
詐欺事件に引き込んだ男が店に現れ、よりを戻そうといってきた。
美香はナイフで男に怪我をさせてしまった。
山岡は美香を庇うためにナイフを捨てた。
だから、ナイフのことを東丸に告げなかったのだ。

美香は自首するというが、男からの訴えもなく、ナイフも出てこない。
だから「そのことは忘れましょう」と東丸。

ラストネタバレ

東丸、三枝、剣崎。
3人でお茶を飲む。

三枝が東丸と組んだのは、剣崎からの指示だった。

剣崎
「大川検事長は、村井との繋がりを切り自分の身を守った。ああいう人を上に抱えて仕事をしていくことになる」

東丸
「嵐はこれからということですね」

**

東丸の次の被疑者は、大橋妙子を殺した真犯人。

東丸は被疑者に挨拶をする。
「こんにちは、私は検事の東丸です。よろしくお願いします」

<終わり>

【東京地検の男】の感想

【東京地検の男】の感想を紹介します。

「面白かった」の声

 東京地検の男、今日まで京都地検の男だ思ってたわ。名取裕子さんも出るから。鶴丸検事じゃ無かったね。

全く今まで違うキャラでおもしろい。 軽~いノリで楽しめて、ここぞというところだけ締める。 え?今の聞き込みで何がわかったの?っていう進み具合がよかった。 で、あの奥さんも、可愛くて優しくて怖いところが大好き#東京地検

東京地検の男はシリーズ化しないのかな?面白かったよ~沢村一樹さんと名取裕子さんとの二人のシーンはかなりテンション上がっちゃったよ、猿之介さんも含めての3人のシーンも面白くていいのよ、他も見所たくさんあるよ

東京地検の男、面白かった~!! 沢村さんと矢本くんのペアもいいし、市川猿之助さんのクセも良かった!!

シリーズ化に期待

ドラマSP【東京地検の男】、2時間がアッという間でした。
東丸(沢村一樹)と桐野(矢本悠馬)のテンポのいいセリフが面白い。三枝(市川猿之助)と剣崎(名取裕子)のキャラクター設定も面白い。
サクサクのストーリー展開で中だるみもなくラストまで楽しめました。
ラストに犯人が登場しますが、後姿だけ。刑事物語ではないので、これはこれでアリだと思います。
シリーズ化しそうな予感。また東丸に会える日を楽しみにしています。

記事内画像:ニュース|ドラマスペシャル『東京地検の男』|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました