2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【青天を衝け】6話の視聴率とネタバレ!栄一と慶喜の初の出会いのシーンにネットがざわつく!

青天を衝け

大河ドラマ【青天を衝け】6話の視聴率とネタバレ!

吉沢亮主演の大河ドラマ【青天を衝け】第6話が2021年3月21日に放送されました。

栄一と慶喜のまさかの出会いのシーンにネットがざわつきました。

ここでは【青天を衝け】第6話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】6話の視聴率

6話の視聴率は15.5%でした!

前回より0.7ポイントのマイナスです。

【青天を衝け】6話のあらすじネタバレ

6話のあらすじ

長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術の稽古に励む栄一(吉沢 亮)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本 愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が栄一らの道場に現れて……。一方、東湖(渡辺いっけい)を失った斉昭(竹中直人)はさらに過激な言動が増え、慶喜(草彅 剛)らに引退を勧められるが、「慶喜が将軍になるなら引退する」と突っぱねる。ほかにも慶喜は、正室に迎えた美賀君(川栄李奈)の気性に頭を悩ませていた。

6話のネタバレ

東湖が亡くなった知らせは、血洗村にも届き、淳忠や長七郎は嘆き悲しみさらに志を強める。

公家・今出川家の美賀君は病にかかった慶喜の婚約者の身代わりとして急遽一橋家に嫁ぐことになった。自分は徳川の飾り物と考える慶喜は、嫁とりにも興味が薄いようだった。そんな美賀君は慶喜と養祖母・徳信院の間を疑い暴れるなど気性の荒い女だった。

もうひとり、徳川家にも嫁が迎え入れられた。家定の正室となる篤姫だ。「丈夫なお世継ぎを産んでみせましょう」と意気込む篤姫に福井藩主・松平慶永や薩摩藩主・島津斉彬は慶喜を世継ぎとし、篤姫には大奥から後押しをしてほしいと言う。

家定を嫌う慶永が一刻も早く家定に隠居してもらい慶喜を将軍にと伊勢の守に懇願していると円四郎に教える。

そんな中、港を開いた下田にアメリカ代表としてタウンゼント・ハリスがやってきた。貿易を求めるハリスは公方様に会い、通称条約を結ぶまで居座るつもりだ。勘定奉行・川路聖謨や島津斉彬は通商は損ばかりではなく地震で多くを失った日本を富ませる見込みがあると老中・阿部正弘に訴え、阿部も「その時が来たのかもしれぬ」と招致をする。が、それに猛烈に反発したのは斉昭だ。斉昭は朝廷に異国が開国を迫っていることを知らせてしまった。

そんな斉昭に慶喜は、兄の慶篤とともに引退を進める。起こった斉昭は慶喜が将軍になるのだったら喜んで隠居してやると言い放つ。

そんな時、淳忠の道場に真田範之助という道場破りがやってきた。この頃、攘夷の気運が世に高まり腕に覚えのある者が道場破りをするのが流行っていたのだった。喜作が相手をするが一瞬でやられてしまう。続いて栄一も挑むがこっぴどくやられる。続いて挑んだ長七郎が真田を打ち負かす。その夜、真田を交え打ち解ける栄一達。真田も百姓の出だったが、今は剣術で食ってると言う。真田の道場でも異人が国を開けと来ていることを危惧しており、江戸では尊王攘夷の心が流行っていると語る。そんな時、お茶を運んできた千代を見初める真田。淳忠は大事な妹は長七郎を打ち破った者にしかやれないと言う。千代に思いを寄せる喜作と栄一はしょんぼり。

下に降りてきた栄一は、千代運ぼうとする酒を持って行こうとしてこぼしてしまう。手にかかった熱燗をとっさに拭こうと栄一の手を握る。その手を慌てて振りほどいた栄一は外へ飛び出し、ふたたび胸のぐるぐるに苦しむのだった。

年が明け、斉昭を支える吉子や徳信院を理想の嫁と考える慶喜は吉子に嫁を持て余していることを話す。吉子は、自分は夫に恵まれただけ、夫は素直で良い心を持てば妻はおのずと良妻になるものと話す。

斉昭は水戸家に代々伝わる掟を慶喜と慶篤に話す。それはもし幕府と朝廷が敵対することがあった時、徳川に背くことはあっても天守様に弓を引くようなことはあってはならない。ということだった。

慶喜と阿部が話している。阿部は福井藩らが誰かさん(慶喜)を将軍にと催促されていることを話すが、柳に風と受け流す慶喜。阿部は誰かさまといっしょに働きたかったと言い、今新しい世が始まろうとしていると語る。

真田の勧めで長七郎が武者修行のために江戸に出ることになった。そんな長七郎を羨ましく思う栄一。江戸に出発する長七郎に喜作が帰ってきたら勝負してくれと話している。どうしても勝って千代を嫁にもらいたいというのだ。そんな話を聞いてしまった栄一は呆然とする。

得意先の近隣の村に出かけた栄一が山中で立ちションしているところに馬で出かけてきた慶喜の一行に出くわす。慌てた栄一だったが「構わぬ」と慶喜は並んで立ちション。

そんな慶喜の留守中、阿部が突然倒れてしまう。

【青天を衝け】6話の感想

栄一と慶喜の出会いがまさかの立ちシ○ンシーンにネット上はざわつきました。


記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ