【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話の感想!麦原の名に何者かと視聴者の声

夫を社会的に抹殺する5つの方法

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話の感想!麦原の名に何者かと視聴者の声

【夫を社会的に抹殺する5つの方法(オトサツ)】が2月21日深夜に放送されました。

茜(馬場ふみか)が大輔(野村周平)との生活を捨てた第7話。

姉の和美には秘密が!?
仮面男疑惑たっぷりの新たなる人物「麦原明」が登場!

7話も目が離せない展開に!

テレビ東京【夫を社会的に抹殺する5つの方法(オトサツ)】7話の感想を紹介します。

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】ネタバレあらすじを最終回まで!原作結末と復讐劇を考察!
【夫を社会的に抹殺する5つの方法】ネタバレあらすじを最終回まで!原作漫画の結末と復讐劇を考察!馬場ふみか×野村周平出演ドラマ・テレビ東京【オトサツ】のあらすじとネタバレ全話・原作の紹介。原作は三田たたみによる同名漫画。モラハラDV夫への復讐劇を描く社会派サスペンス!結末はハッピーエンド?原作から結末と展開を予想!違いも最終回まで更新!

見逃し配信:【夫を社会的に抹殺する5つの方法】全エピソードはパラビで配信!(2022年2月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話を紹介します。

和美と暮らす茜

家を飛び出した茜(馬場ふみか)は、義姉の和美(森カンナ)を頼る。

茜を迎え入れててくれた和美は、茜の手首の痣をみて、何かを察した様子。「ずっとここにいていい」と言ってくれた。

後日、茜は凛(佐藤玲)に一部始終を報告する。茜を心配する凛は「いつでも連絡して。まずは、大輔から離れられたてよかった」と茜の手を握る。

こうして茜は大輔(野村周平)から離れ生活をする。夕飯を和美のために用意し、仲良く暮らす。

和美の秘密

2月9日。
和美の家で暮らして1週間が過ぎる。

大輔への復讐はあと1回残っているが、手紙は届かない。いっそこのまま静かに生きていけたら、と思う茜は、大輔と仲が良かった過去を思い出す。

一方、和美は大輔に何度も電話をしていた。しかし、大輔は出ない。そんな中、長澤(持田将史)から和美に電話がある。

長澤は大輔のことで茜と話がしたいと言ってきた。和美は「あのことは内緒にして」と話している。

茜は和美を交えて長澤と会う。長澤は不正取引の報告書について、話を聞かせて欲しいという。会議で「何のことかわからない」と言った大輔が嘘をついているとは思えないという長澤は、誰かが大輔を陥れているのではと疑っていた。
茜は、報告書はポストに入っていて誰が届けたかは分からないと答える。

和美からのお願いで、3人でマンションに行く。大輔はいない。
ベランダの窓が開いていて、和美は「大輔」と叫び窓に駆け寄る。長澤は慌てて和美を止め「大丈夫だから」と和美の背中をさする。

長澤は茜に、和美は無理をするタイプだから「和美のことをよろしく」と言って帰っていった。

「大輔には私しかいない」と言う和美は、母は世間体を気にして警察に届けるのを止めてきたが、警察に届けると意思を固める。

7話の結末:麦原明は何者か?

実は、茜は3人でマンションに入った時に、手紙を見つけていた。手紙には、次の復讐として、大輔にされてきたことを告発し、意味と意義を奪うという記してあった。

手紙の隅に「mugihara_a」の文字。茜は「ムギハラ」と検索をする。

そして、ある人物にたどりつく。その男の名は麦原明(むぎはらあきら)。

会社を運営している麦原は、いったい何者か?

一方、仮面の男は仮面に手をやり正体を明かそうとする。

<続く>

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話の感想

【夫を社会的に抹殺する5つの方法】7話の感想を紹介します。

麦原って誰?

最後の復讐の手紙が届く中、麦原明という男が登場した7話。いったい、どこで誰が操っているのか7話も面白い展開に。この麦原が事件の鍵を握っているのでしょうか?姉の和美はなにやら秘密がありそうです。マンションに行ったときの回想シーンも気になるし「大輔には私しかいない」という台詞も気になります。長澤はそれを知っている様子です。
7話は、大輔が登場せず。連絡がとれない大輔の行方はどこに隠れているのでしょう。もしかしたら、麦原明のところに?この麦原明の正体も気になるところです。

次回予告
・茜が和美にすべてを語る!
・和美から衝撃の真実が!

次回もお楽しみに♪

記事内画像:【夫を社会的に抹殺する5つの方法】公式サイト

コメント