【俺の家の話/最終回】のネタバレと視聴率!衝撃の展開と長瀬智也ロスに涙が止まらない!

【俺の家の話/最終回】のネタバレと視聴率!衝撃の展開とロスに涙が止まらない!

寿一(長瀬智也)と寿三郎()の親子が迎える結末は、クドカンが予想をはるかに超えてきた!

「隅田川」と深くリンクする親子のドラマに涙が止まらない!

今回は【俺の家の話/最終回】のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想について!

この記事のポイント

・【俺の家の話/最終回】のあらすじネタバレ
・視聴率
・感想とまとめ


ADVERTISEMENT

【俺の家の話】の動画

【俺の家の話】の動画は、パラビで全話配信中です!最初から見直すとあれもこれも伏線だった!?最終回までイッキ見で感動をもう一度!

【俺の家の話/最終回】の視聴率

【俺の家の話/最終回】の視聴率は10.2%でした。最終回は初回の11.2%に次ぐ2ケタに返り咲きで有終の美を飾りました。

【俺の家の話/最終回】のあらすじ

【俺の家の話/最終回】のあらすじです。

寿一(長瀬智也)が死んだ!?

2022年1月15日。観山家ではいつものように寿一(長瀬智也)の「いただきます」で食事をし始める。松前漬けから大きな数の子を発見してはしゃぐ寿一を寿三郎がたしなめ、スーパー世阿弥マシンの引退試合について話し始める。

ホセだかハゼなんだかわからないけど、返せただろ、へなちょこバックドロップ。

隅田川の稽古は?と聞かれた寿三郎は、まだまだだと厳しい。稽古に励む寿一と寿限無。

遺言書の中身は

踊介、舞、さくらが遺言書の中身を見る。

資産は寿一、踊介、舞、寿限無で均等に分けること、さくらへの謝礼は口座に振り込めと記されていた。そして二十八代宗家の後継者は…!?

みんなで父さん囲んだとき、これで介護から解放されるとちょっとホッとしなかった?そんな自分が許せなくてひどいことを言ってしまった、と舞。悲しんでる自分を俯瞰で見ている気がしていた、という寿限無に寿一は、それは「離見の見」というんだと教えにくる。

踊介、舞、寿限無は、寿三郎の介護を何とかやっていこうと話す。ときどき言っちゃいけないことも吐き出しながら…。

隅田川の稽古に励む寿一に寿限無は「明日よろしくね」と頼む。

寿三郎(西田敏行)

新春能楽会で挨拶をする寿三郎(西田敏行)。美しい着物を着たさくら()もお披露目。三度目の脳梗塞で生死の境をさまよったが、ようやくこの場にこれた。

復活させてくれたのは、世阿弥。世阿弥の教えで初心に返ることができた。必ずもう一度、シテ方として舞台に立つ!今日は長男の寿一が「隅田川」を初めて舞うと発表すると会場はざわつく。

そういえば寿一の姿が見えない。寿三郎は寿一を探し回る。なぜかシテ方の装束を着ている寿限無。

寿一はどうしたんだ!認知症だと思って何か隠しているのか!?と騒ぐ寿三郎にさくらが言う。

亡くなったんです…

スーパー世阿弥マシン=寿一の最期

スーパー世阿弥マシン=寿一(長瀬智也)は、大晦日のプロレスの試合中の事故で意識不明になったまま亡くなった。

しかしその事実を寿一も寿三郎も受け入れられなかったのだった。

遺影は家族旅行のものを引き伸ばし、生花祭壇の右に面、左に装束と寿一が寿三郎のために指示していたように、スーパー世阿弥マシンのマスクとブリザード寿と世阿弥のコスチュームが飾られた。

戒名は「吹雪院親不孝脛齧居士」。「革命居士」はいいすぎだ、と長州力が変更した。

弔辞は各自言いたいことをいうフリースタイルにしたため、だんだん何だかわからなくなっていった。

【俺の家の話/最終回】のネタバレ

【俺の家の話/最終回】のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

寿一と寿三郎の「隅田川」

寿一は体が大きかったため、焼骨に2時間もかかった。家の仏壇に置かれたお骨に、「じゅいっちゃん、おかえり」という寿限無。寿三郎が柔軟剤変えてと言いに来る。「もう寿一はいないんだって」という大州。寿三郎には、寿一が風呂に誘う姿が見えていた。

— —回想おわり — —

新春能楽会では、「隅田川」の舞が続いていた。寿三郎には寿一の亡霊が見える。寿一は風呂に入れる格好でいたから早く着替えてこい、と寿三郎。

さくらちゃんがな、お前が死んだって言うんだよ。いるだろ、ここに。お父さんにははっきり見える。そういえば前に稽古場で話したな。

対岸の墓で南無阿弥陀仏を唱えるだろ。そこで死んだ息子の亡霊を出すべきか出さざるべきか、世阿弥と元雅の間で論争があったらしい。

俺が息子だったら出て行く。だって会いてぇもん。

会いたかったから出てきたのか、じゃあ本当にお前…。何か変だと思っていた、と寿一。

寿三郎の出番が来て踊介が呼びに来る。

秀生の出番が来る。舞台に上がろうとする寿一の亡霊に、半年も稽古してきたから一緒に舞台に上がりたいだろうが、上がっちゃダメだという寿三郎。

寿一たちの母の月命日に墓参りをしたことを思い出す。観山家はずっと父子家庭だったが、舞も踊介も新しい母親は求めなかった。歴代の彼女を家に連れてくる気にはならなかったと寿三郎。

親父、すげーな。片親なのにみんな不満がないって。

不満がないとは言ってない。家事も全然やらないし。

やるわきゃない。父さんは人間国宝だ。

母さんに見せたかったな、俺の「隅田川」。

…と言っていたお前が見に来てくれていたということは母さんも見に来ているのかな。寿三郎はその続きを思い出す。

墓参りの帰り、2人になった寿一と寿三郎。青信号が7連発で運が良すぎると不安になった寿三郎が道を変えると、パン屋の前に、エンディングノートに弔辞を読んでほしい人として名前をあげていた藤田ニコルがいた。話しかける寿一。パンが売り切れで次の焼き上がりまで待っていられないニコルの代わりにパンを買っておくことを引き受けると、ニコルは連絡先を教えてくれた。

にこるんが買ってくれたパンを持って帰ると、松前漬けのお歳暮が来ていた。寿一は夢の数の子一本食いのチャンスというが、寿三郎はスクラッチでも5万円当たってツキすぎているのがこわい、死ぬかもしれない、と一本食いを寿一に譲る。

死んでもいい、と喜んで食べる寿一。

自分が数の子を食べればよかった。お前が変わってくれたんだな、すまないと寿三郎。

寿三郎は寿一を褒める。

よくやったよ。みんなを笑顔にしてくれてさ。奮い立たせてくれて。ひと様の分まで戦って、舞ってケガして、笑って、そんなヤツいないよ。

国の宝にはなれなかったけど家の宝にはなれた。観山家の人間家宝だよ。

いよっ、人間家宝、観山寿一

褒められちゃった…。嬉しい、でも俺、褒められちゃったら俺…。

今まで俺が褒めなかったのは、褒めたら終わっちゃうから。

仕方がないよ。そういうもんだから。

これからお前の代わりに泣いたり、笑ったりしていくからな。

秀生が舞台上で隠れると、寿一も姿を消した。

寿一、さくらとお別れ

寿一の死を悲しむタイミングを逃した舞、踊介、寿限無。ちゃんと泣かないと始まらないよね…。結局あの人何だったんだろう、勝手に帰ってきて勝手に死んで…。アニキはアニキ、寿一っちゃんは寿一っちゃんだよ。3人姉弟は、やっと涙を流して兄の死を悲しむことができた。

2022年4月、桜の季節にさくらは寿一の墓参りへ。後継者が寿一だと書いてある寿三郎の遺言書を見せる。スーパー世阿弥マシンが突然現れて、さくらを山賊抱っこ。

さくらはこの前「ひとりの人間としてはそれほど好きじゃない」と言ったことを謝り、大好きだと告白する。キスする2人。

寿一は、寿三郎が死ぬまでそばにいてやってくれ、という。

死んでも人のことばかりの寿一に「ホントにこれでいいの?」と疑問を投げかけるさくら。

はい。俺は、俺の家が大丈夫なら大丈夫なんで。俺の家を頼みます。

俺が死んだ後の俺の家の話

—1年後—

観山家の家族はそれぞれいろいろな人生を歩んでいた。

さくらは踊介と結婚。踊介は近くで見ても遠くで見ても同じ。つまりちょうどいい。しかし踊介は相変わらず能のセンスはない。

寿三郎は生涯現役。死ぬギリギリまでOMTの力を借りて地謡に立ち続けた。介護認定は要介護2と3を行ったり来たり…。

二十八代目宗家は寿限無が継承。

舞は学習支援サポーターの資格を取得した。公立中学に入った秀生の勉強を教えるためだ。

大州はデキ婚+双子の父に。女にモテたくて大学に行った大州は、新歓コンパで逆ナンされてデキ婚、いきなり双子の父になる。生活費を稼ぐためにホストとして働き、イケメン・イクメン・ラーメンYoutuberとしてデビューすることになる。

新しい人生を歩き始めた観山家ファミリーは、今日も寿一の「いただきます」動画を見ながらごはんを食べている。

これが、俺のいない俺の家の話だ。

さんたまプロレスではスーパー世阿弥マシン2号=プリティ原が誕生した。観山寿一追悼試合で2号がリングに上がると、長州力が寿一がいると騒ぎ出す。スーパー世阿弥マシンは、リングに上がろうとすると「ダメだ」と止める長州力に技をかけて倒すと、世阿弥ポーズを決める。

リングには世阿弥のマスクだけが残り、寿一の姿は消えた。

【俺の家の話/最終回】の感想

9話で予想していたものの、本当に寿一が死んでしまう展開になるとは!!

それでも「俺の家の話」=寿一とその家族の物語には、家族の大切さ、思いやりとワガママ、すれ違い、再生、認知症と介護、何度でもやり直せること…、たくさんの人間ドラマが詰まっていました。

長瀬最高!長瀬ロス!いつでも戻ってきて!

本当にこれが長瀬智也最後のドラマになってしまうのかと思うと本当にさびしい。

いつでも、何年に一度でもいいから戻ってきて欲しいですね!

寿一が成仏できなかった理由

あっけなく死んでしまったスーパー世阿弥マシン=寿一。

考えてみれば、対戦相手が「ホセ〜〜ジュニア」。「ホセ・メンドーサ」と言えば「あしたのジョー」でジョーが死闘を繰り広げて燃え尽きた相手。ここにもフラグがあったんですね。

死んでもなかなか成仏せずに寿三郎の周りに出没する寿一には、心残りがありました。

寿三郎に褒められること

寿一は子でもの頃からずっと寿三郎に褒めてもらいたかった。寿三郎もまた「褒めたら終わり」だと思っていて褒められなかった。でも最後は「人間家宝」だと最大の賛辞を送り、寿三郎が寿一を成仏させたのです。子供を成仏させるなんて、どんなに悲しかったことでしょう。

さくらとキス

結局2人が結ばれるシーンはなかったので、本当はどうだったかわかりませんが、このシーンも心残りだったような気がします。結局、1年後には踊介に取られてしまって「納得できない!」ということになりましたが(笑)。

また、最後にさんたまプロレスに現れた寿一は、長州力を倒すと消えていきました。

長州力に勝つこと

これも心残りだったのかなと思いました。何といっても天下の長州力ですからね。

寿一がこうして、ひとつひとつ心残りを叶えてこの世を去っていくというラストは、長瀬智也がこのドラマに俳優人生のすべてをかけて、それを畳んでいくようにも見えて切なくなりました。

観山寿一と観山家。愛すべきファミリーともこれでお別れ、長瀬智也という唯一無二の俳優の演技がもう見られないなんて本当に寂しいけれど…。

3か月、素晴らしいドラマをありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました