【オールドルーキー】1話のネタバレと視聴率!新町のスローインに視聴者涙!

オールドルーキー1話

【オールドルーキー】1話のネタバレと視聴率!

主演のドラマ【オールドルーキー】第1話が6月26日に放送されました。

放送後、新町のスローインに視聴者涙で…。

今回は【オールドルーキー】1話のネタバレと視聴率について!

※本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

【オールドルーキー】1話のネタバレ

『オールドルーキー』1話のあらすじネタバレです。

<あらすじ>

元サッカー日本代表の新町亮太郎()は37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかし、ある日「ジェンマ八王子」の解散が突然告げられる。そして、移籍先が見つからなかった新町は、現役引退を余儀なくされてしまう。
住宅ローンも残っているし、10歳と5歳の娘の教育費がかかるのはこれから。新しい仕事に就こうとするも、サッカー関係の仕事は軒並み断られてしまい、ハローワーク通いを始める。そして一般的な職に就くものの、サッカー以外になにもやってこなかった新町は仕事の厳しさに直面する。
仕事がうまくいかず悩む新町だったが、それは家庭にも影響を及ぼす。パパが自慢だった娘たちには引退したことを隠していたのだが、娘たちが異変に気付き親子仲に亀裂が生じてしまう。ただ、妻の果奈子()は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。

そんな新町に、「ビクトリー」の社長・高柳雅史()があるきっかけで、「うちで働いてみないか?」と声をかける。「ビクトリー」は新町が「ジェンマ八王子」解散のあと、移籍の相談をしたスポーツマネージメント会社だ。喜んで働き始めた新町に、高柳は若くて優秀な深沢塔子()と組むよう指示を出す。

「ビクトリー」での新町の初めての任務は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也の日本滞在中のサポート。しかし、矢崎と新町にはとある因縁があり、しかも矢崎は次々と無理難題を吹っかけてくる。家族のために、引くに引けない新町は塔子と協力して、この難題を乗り越えることができるのか!?
表舞台の選手から選手を支える裏方へ――。
セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生がスタートする!

https://www.tbs.co.jp/OLDROOKIE_tbs/story/ep1.html

ここからネタバレです。

先輩後輩が役に立たず

ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也()は、新町とは高校の部活の先輩後輩だった。矢崎は3週間でコマーシャルを、しかもギャラ5千万という難題をふっかける。しかし無理というなら他のサポート会社を探すという矢崎。塔子は必至に対応する。

自宅にて。新町は矢崎のわがままに辟易していたが、妻・果奈子からはっぱをかけられる。

後日。塔子はトレーニング場所などをそろえたが、CM企画だけ探せなかった。矢崎はビクトリー社との契約を断る。

新町の「先輩」だからというパワーは全く役に立たなかった。…高柳は「オールドルーキーは役に立たない」とつぶやく。

自宅にて。妻・果奈子に「いつまでも落ち込むな」と元気づけられる。

焼き肉店へ

新町の次の担当は、元プロ野球選手の佐々木主浩が経営する焼き肉店の手伝いだった。ホール業務をししていると、矢崎が個室で焼き肉を食べていた。矢崎は他の会社ともうまくいかず、新町を誘って一緒に焼き肉を食べる。(オーナーには矢崎が許しを得た)

ドイツでは周りがずっとだと思っていた…という矢崎。「それじゃ楽しくない」という新町。矢崎はサッカーの楽しさを忘れており、今はお金とプライドのためにサッカーをしていた

なぜ5千万なのか?…新町が聞くと、プライドをはかる数字だという。新町は「友人がいなくなるよ」とさみしく思った。「しょうがないっすよ」という矢崎。

新町の大逆転

ドイツの矢崎の試合を(一晩で?)すべて見た新町は、塔子に相談をもちかける。ラインハルトでの矢崎の直近10試合の出場記録は、最初の4試合はスタメンだが、だんだん途中出場に。ラスト2試合は後半40分などからの出場だ。マイヤーは最初の2試合で監督と喧嘩して外れた。そのマイヤーと右サイドバックの矢崎は相性が良かった。マイヤーが外れてから矢崎も調子を落とした。

つまり、矢崎は不安になっている。だから「もう一度、矢崎にプレゼンしたい」と社長に直談判する新町。

後日。新町と塔子は矢崎と会った。

ラインハルトのチームメイトとそっくりな元ジェンマの選手を用意する新町。

マッサージは元ジェンマのトレーナー・大塚を用意。矢崎をケアした経験もある人だ。

そして問題のCMだが2つ候補がある・・・

どちらもベンチャー企業で5千万は払えないが、熱意ある企業で、矢崎のイメージアップにつながる。

新町は、お金でしか自分を認めてくれるか、測れないことはないと熱弁。こういう企業の利点を訴える。

実は・・・矢崎は新町がきっかけでサッカーをした。新町は憧れのサッカー選手で、追っかけて同じ高校に入って目標にしてきた存在。

だが、裏方の新町は見たくなかった。・・・「やさしすぎるんっすよ。新町さんは。だからダメだったんじゃないの? でも、いい仕事 見つけましたね新町さん」と褒める矢崎。

1話の結末

練習パートナーのギャラは、ビクトリー社が半分、矢崎が半分出す。そしてCMも半額で承諾した矢崎。

社長の高柳は、新町は矢崎を落とすためのワンポイントリリーフなので、もうスポーツマネージメントに戻すことはないと、塔子に告げた。塔子は「なんとかなると思います。やる気はあるし、この間まで
現役のアスリートだったし」と新町を支持した。

矢崎の練習にて。新町が足でなくスローインでボールを矢崎へ渡す。それをトラップする矢崎。

新町「なんかあったら、何でも俺に言ってくれ」

矢崎「ありがとうございます」

高柳は新町を焼き肉屋からスポーツマネージメントに戻すことにした。契約社員として。しかし何かあったら塔子の評価が下がることになるが…。

(つづく)

【オールドルーキー】1話の視聴率

【オールドルーキー】1話の視聴率は11.2%!

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。

【オールドルーキー】1話のレビュー

新町のスローインに視聴者涙!

ついに始まったTBS・日曜劇場の新作。

新町がスローインでボールを矢作に返すシーンに「泣いた」「熱い」「素敵」と大反響

足で蹴り返すこともできたのでしょうが…手を使ったことは部外者を意味していたのですね。

そして後輩に今後の現役生活をバトンタッチするかのような良いシーンでした。

さんの出演もビックリで、さんとよい掛け合いをしてましたね。

ラスト、本社に戻ることができた新町。

第2話からスポーツマネージメント会社での活躍が本格スタート。楽しみです♪

>>2話

画像出典『オールドルーキー』公式HP

コメント