【おかえりモネ】93話│三生(前田航基)のリアル剃髪シーンに視聴者賛辞

おかえりモネ-93
https://www.crank-in.net/news/94320

【おかえりモネ】93話│三生()のリアル剃髪シーンに視聴者賛辞

朝ドラ【おかえりモネ】19週 93話が2021年9月22日(水)に放送されました。

第93話では、モネの幼なじみ・後藤三生(前田航基)が実家の寺を継いで僧侶になることを宣言!

その決意表明として、剃髪式に臨むシーンが描かれて…

今回は【おかえりモネ】93話のストーリーと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】93話のストーリー

【おかえりモネ】93話の内容は…

帰ってきた百音()に気づいた未知()。

午前0時になり、日付が変わって百音の誕生日になった。

「これ。すんごいですよ。ちょうど24年前、あんとき、あんだけ苦労して海渡って産まれた子が、今日、橋を渡って帰ってきましたよ!」と耕治()。

「すごくないよ」という百音は、まだ帰ってきただけで何もしてないことを謝る。髪をまとめた百音は「私もやります。何をすればいいですか」と尋ねた。

…百音は皆に笑顔で迎え入れられ、百音はようやく作業の輪に混じる。

亜哉子()が「ごめんね、心配させちゃって」と百音に謝った。

三生(前田航基)はバーベーキューの最中に「オレはもう決めたんす。オレは創建1125年の星明寺を継ぎまーす!」と立ち上がって宣言。

作業中の百音は驚いてそちらを振り向く。三生は少し酔ってるようだが…

「そこに落ち着くと思ったけどね」と亮()。

「まあまあ時間かかったね」と亮のとなりに座る未知がつぶやく。

「酒の勢いで言ってねえかあ?無理してねえか?」と浩治が問うと…

「無理なんかしてないでしすよ。何?みんな、まだ疑ってんの?オレは決めたんだ。その証拠にオレ、本気なんです!」と、三生がハサミを手に取り、自分の前髪を切った。

周囲に止められる三生。耕治が「お前の本気をみんなに見てもらおう」と声をかけて…。

*****

耕治は部屋にブルーシートを敷き、三生を座らせて剃髪の準備を整える。

バリカンを持っている耕治。

三生は「耕治さん、オレは耕治さんと違う道を行きます。親の仕事、継ぎます」と告げる――。

耕治は「じゃあ、皆さんで見届けてやりましょう」とバリカンのスイッチを入れるが…

「オレじゃねぇな、これ。違うな、これ。若けぇの、おまえたちでやってやれ」という耕治。

亮が最初で、悠人(高田彪我)、百音、の順でバリカンを入れていった。

「あ、すーちゃんにも知らせなきゃ」

と、百音が幼なじみの明日美()のことを思い出して、未知(蒔田彩珠)がバリカンを入れているところを、スマホでライブ中継する。

「え、うそ、やだ。私も行きたかった、やだあ」とはしゃぐ明日美は、映像を見ながら「オシャレオシャレ」と絶賛する。

亜哉子が三生の父・秀水()のことを気づいて、眠っているところをみんなで起こす。

最後は住職の秀水が残りの髪をきれいに剃り上げ、親子ふたり深々と頭を下げた。

自然と拍手が起こる。

*****

翌日、百音は海の様子を見に行ってカキ棚の被害を目の当たりにする。

永浦家の居間にて。

役所勤めの悠人が、加入している漁協共済の書類を龍巳にとってきてほしい、と要望。

悠人の説明には 、耕治・亜哉子・未知の家族や三生、島の人々(組合の人?)も数名いた。

…海から戻った百音は龍己()に声をかける。

カキ棚が壊れたことに対して、龍己は「たいしたことねえ。あんときに比べたら、たいしたことねえ」という。

百音は「強いね」というが、

龍巳は「強いんじゃない。なんていうか、しぶといんだ」と笑う。

居間のみんなは朝から笑っていた。

百音は「みんなカッコイイ」とつぶやく。

その後。百音は決意を固め、未知に「わたし、こっちに戻ってきてもいいかな」と尋ねる…。

(つづく)

【おかえりモネ】93話の感想

三生(前田航基)のリアル剃髪シーンに視聴者賛辞

三生の剃髪シーンが話題です。

リアルに剃っていることから「役者魂」という賞賛の声が!

三生は、これまで寺を継ぐことから逃げてきました。

漁師を継がなかった(同じ境遇だった)耕治から「なかなか重いよなぁ、親父が人生懸けてきた仕事を継がねえって十字架は。…選ぶのは、自分だ」

と言われたことも…。

なぜ三生が継ぐことを避けてきたかというと、震災当時、たくさんの遺体が運ばれてくるのを見たからです。

りょーちんが東京で行方不明になったときは、「みんなで祈れば叶うんだよ!俺だってちゃちゃっと坊さんなれんだよ」と涙ながらに三生は訴えていましたね。

そしてついに、三生がお坊さんへ!

これまでの流れ、抱えてきた苦しみを知っている視聴者はそりゃあ泣きますよ。

モネが1歩踏み出した92話に続き、三生が踏み出した93話でした。

【おかえりモネ】93話│三生(前田航基)らのコメント

三生役の前田航基さんコメント
「1つの役で金髪と剃髪というのは初体験だったので、あらためて演じ甲斐のある面白い役だと思いました。幼なじみたちに頭を刈ってもらうシーンを頂けて、三生は幸せ者。愛されていると感じました。シーンの中でみんなに剃ってもらうのと、別で剃ってから『こうなりました』と登場するのでは、だいぶ意味が違ってきますから。付加価値を付けていただいて、本当にありがたかったです」と感謝した。

悠人役の高田彪我さんのコメント
「僕も、人の頭にバリカンを入れるのは初体験。マネキンで練習したりしました。相手と深い仲じゃないと、なかなかできない行為。幼なじみの絆を語る上で必要不可欠なシーンなので、携わることができて、とてもうれしかったです」

スポニチ

92話< >94話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました