スポンサーリンク

【おかえりモネ】81話|菅波「あと1分」がトレンド入り

おかえりモネ-81
https://realsound.jp/movie/2021/09/post-852316.html

【おかえりモネ】81話

朝ドラ【おかえりモネ】17週 81話が2021年9月6日(月)に放送されました。

第81話では、菅波()「あと1分」がTwitterトレンド入り!?

今回は【おかえりモネ】81話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】81話のあらすじ

【おかえりモネ】81話のあらすじは…

コインランドリーにて。百音()は菅波(坂口健太郎) に抱きしめられた。

涙ぐむ百音に、菅波が軽く百音の背中をポンポンとする。

「すいません」と百音。

あと1分」と菅波は抱きしめていたが…

ピーピーと音が鳴った。洗濯が終わったようだ。離れる2人。

百音の持っていた ずんだ餅(実際は饅頭?)が潰れていたが、菅波は受け取った…。

2016年12月24日。

お休みをもらった百音は菅波が待つ登米の森林組合へ。

百音・菅波は、<ようやくここまできました>と、サヤカ()や翔洋()たちに祝福され、楽しいクリスマスを過ごす。

菅波は籍を大学病院に残しながら、3月いっぱいで東京を発って、登米に移住。地域医療に専念することになった。

百音は森林組合の場所で、菅波に勉強を教えてもらったことを思い出す。

「先生がいなかったら(気象予報士に)なれなかった」と感謝する百音。

2人きりの百音・菅波の様子をサヤカたちが奥から見ていた。

どうしますか?見せつけますか?」と菅波。微笑む百音。

川久保()らに「いつからなの?」と詰められる菅波。

サヤカは百音を問い詰める。

百音は、菅波の決断を嬉しいと思うが、「さみしいです。会えなくなるの嫌です」とも告げた。暑い暑い、とさわぐサヤカ。

2017年3月。百音が東京で迎える2度目の春。

「あさキラッ」では問題が起きていた。番組の視聴率が下がってきていたのだ。

莉子()は自分のメインコーナーから数字が下がっていると分析し、

「私が避けられてるんですよね?」という。

沢渡()は「明るくてポップで好きだけどね」とフォロー。

「それがダメなんじゃないですか」と莉子。明るくてポップなのが<軽くて信用できない>ととられていると分析。

莉子は、ネットの意見を見たようだ…。

「わたし、降ろされますか」と心配する莉子。

***

「朝岡さんと比べるのが酷なんですよ」と内田()。

「神野さんの中継すごい人気あったんだから自信失くす必要ないよ」 と野坂()。

新事業の社内プレゼンへ向かう内田と野坂。

莉子は「わたしの話しには説得力がないんだって」と百音に告げる。

ネットの書き込みをいまだ気にする莉子は、「わたしには何が足らない?」と尋ねる。

足らないものなんてないと思う百音だが、「もしあるなら見つけましょう」そして身につければいいとシンプルにアドバイス。

「だよね。朝岡さんなんて軽く超えてやる」と莉子は決意を新たに。その様子を朝岡が陰から見守っていた。

(つづく)

【おかえりモネ】81話の感想

81話は、菅波「あと1分」がトレンド入り

あと1分抱きしめさせて。と、あと1分で洗濯が終わる。

が、かかっていましたね。(笑)

Twitterの反響↓

 

 

 

 

月曜日からキュンキュンさせられる視聴者が多かったようですね。

「あと1分」が11月だったので、「見せつけますか」のクリスマスまでの空白の時間…

一体どんな会話があったのでしょうね?そんな余白も想像したくなる第81話でした。

80話< >82話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました