スポンサーリンク

【おかえりモネ】30話|田中(塚本晋也)の元妻との再会は…

おかえりモネ30
https://realsound.jp/movie/2021/06/post-799991.html

【おかえりモネ】30話|田中()の元妻との再会は…

朝ドラ【おかえりモネ】第6週第30話が2021年6月25日(金)に放送されました。

第30話では、別れた妻がやって来るのを田中()が待って…。

今回は【おかえりモネ】30話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】30話のストーリー

【おかえりモネ】30話の内容は…

あやちゃんの大逆転

百音()は、田中(塚本普也)から両親の馴れ初め続き「あやちゃんの大逆転」を聞く。ふられても、耕治()が音楽をやめて就職しても、あきらめない亜哉子()。

なぜそこまで好きなのか聞いてみたが、亜哉子は「彼の音は明るくて影がない」と思ったという。百音は頭が「?」だ。

ある日、耕治が田中に言っていた。俺の音好きじゃないだろ、音楽する者はもっと不幸や影がある方がいいだろ、と。

そこへ亜哉子がやってきて言った。「正しくて明るくてポジティブで前向きであることが、魅力にならない世界なんてクソです!!!どこまでも明るい、吹いている音まで明るいこの人は、最高に素敵です。影が魅力だとか不幸が色気だとか、そういう安っぽい価値観でけがさないでください」

耕治は、自分をつまらないと思っていた箇所を全肯定された。それから2人はニコイチになった。2人でひとつという意味だ。

菅波(坂口健太郎)が在宅診療も

中村()の強い勧めもあり、菅波()は田中の在宅診療に携わることになった。

夜。カフェにて。言い争いがあって以来の再会で、菅波と百音はお互いに謝った。

菅波は、患者の気持ちより治したいことを優先してしまう、と自覚していた。

「たしかに」百音は菅波から送信してきたメッセージが、身勝手なのは確かだという。長文すぎるし、正論で腹が立つから。

けれど「わかります。私のためを思って一生懸命に考えてくれてる。だから先生が患者さんのこと考えてないとは違うと思います」と百音は伝えた。

奥さんとの再会は?

田中は、別れた妻・和子に完成したテーブルを見に来てもらえないかと連絡をしたという。さらに百音に一緒に妻を待ってほしい、と頼む。

ジャズ喫茶店にて。田中が森林組合に注文したテーブルとイスが無事納品された。喜ぶ田中。そして、この日の時間、15時に元妻と約束していた。

百音は田中とともに奥さんが店に来てくれるか待つことに…。しかし、約束の時間がやがて過ぎても、来なかった。

雪が降ってきた。そして田中の携帯にメールがくる。迷ったがやめておく、とあった。

「何を思いあがって、来るわけねえよ」と落ち込む田中。

そこへ扉が開き、騒がしくやってきたのは耕治と亜哉子。涙ぐむ田中。

4人で新しいテーブルに座って談笑する。

ナレーション:みんな明るくて真っ直ぐで、いい子たちです

(つづく)

【おかえりモネ】30話の感想

30話は、田中(塚本晋也)の奥さんが来るかどうかがストーリーのポイントになりました。

結局、来ませんでした。

人生、甘くない…そう思ったときにやってきたのが、田中さんを「トムさん」と呼んで慕う耕治と亜哉子。

4人掛けのテーブルに、百音を含めて4人で座って笑って話しているのが…とても温かいシーンとなっています。

本当の家族ではないけれど、こうやって笑い合える人たちに囲まれることは、嬉しいことですね。

ちなみに馴れ初めの続きは、亜哉子さんのかなり気が強いシーンでびっくり(笑)

あれは田中さんの印象にも残りましたよね。衝撃でした。

あと、百音がちゃんと菅波の気持ちが「わかってますから」と伝えるシーンもよかったですね。

あれ、百音の菅波への言葉は、耕治の欠点を亜哉子が肯定してくれた…のとダブりませんか?

もしかすると、伏線というか、あのときの言葉が…なんて振り返ると重要なシーンだったかもしれませんね。

29話< >31話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

タイトルとURLをコピーしました