【おかえりモネ】105話|耕治(内野聖陽)の意外な提案とは…

おかえりモネ-105話
https://realsound.jp/movie/2021/10/post-875704.html

【おかえりモネ】105話|耕治()の意外な提案とは…

朝ドラ【おかえりモネ】21週 105話が2021年10月8日(金)に放送されました。

第105話では、亜哉子の告白。祖母・雅代とのこと。あかりとの勉強会が描かれて…

ラスト、耕治がまさかの提案を!?

今回は【おかえりモネ】105話のストーリーと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】105話のストーリー

【おかえりモネ】105話の内容は…

亜哉子()は、家族に震災の日のことを話す。生徒たちを置いて持ち場を離れようとした、あの10分間、自分の子どものことしか考えていなかった。それから、あの10分間が頭から離れられず、1年後に辞めた。

「でもそれも辞めるための口実なのかも。あのころ学校は本当は大変で…自分がつらくて逃げたのかもしれない」とも思っていた亜哉子は、「だからね、おじいちゃん。私が教師を辞めたのはおばあちゃんのせいではありません」と告げる。

そして「今まで通りカキのお手伝いさせてください」と伝える亜哉子。

龍己()も合意し、残ったカキ棚だけで続けていくこととなった。

*****

祖母・雅代()の7回忌を終えて…。亜哉子は雅代に会ってから、耕治との結婚を真剣に考えたと明かす。ここの家族になりたい、と。

思い出すのは雅代の笑い顔ばかり…。龍巳は「ファンタスティックでないか。また会いたくなったなあ」と笑う。

*****

あかり(伊東蒼)は百音に、やりたいことがないのだと語る。高校は行くつもりだが、「勉強はちょっと」らしい。百音は「日曜日、時間ありますか」と尋ねる。

*****

日曜日

永浦家を訪れたあかり(伊東蒼)に、亜哉子が勉強を教える。

「わたし小学校の先生だから」「先生あきらめないで」と笑いあう2人。

そんな2人の姿を、百音()、未知()、耕治(内野聖陽)、龍己は微笑(ほほえ)ましく見守る。

・・・百音は、あかりに「またおいで」という。「助けてもらって悪い」と恐縮するあかり。

百音は「こっちも助けてもらってる。それに、助けてもらってばかりでも、それはそれでいいという世の中の方がいいんじゃないかな」と告げた。

あかりは分かったような分からないような感じで「うん」と頷いた後、ほほ笑む。

あかりが帰った後、耕治が何か準備していた。そして家族に突然ある提案をする。

その提案とは、島の子たちのための塾

「子供の笑う顔はいいものだ」と耕治は亜哉子へ伝えた。

(つづく)

【おかえりモネ】105話の感想

105話は、亜哉子さんが自分の痛みを話せて、すこし心が軽くなったかんじで、良かったです。

あかりちゃんの登場は、このドラマでいったいどんな役割があるのか、つらいエピソードを思い出させるだけなのか…と思っていましたが・・・

亜哉子さんは子供に勉強を教えることになる、ようです。その手がありましたね。

宿泊や里親となると、生活の世話になるので大変ですが、これならできるでしょう。

何事も創意工夫をするのって大事だな、そして耕治さん優しいな、と思った金曜日の回でした。

104話< >106話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました