2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【おちょやん】63話のネタバレと視聴率!夕(板谷由夏)の涙に深読み必至

【おちょやん】63話のネタバレと視聴率!

朝ドラ『おちょやん』第63話が3/3(水曜)に放送!

千代(杉咲花)は、一平(成田凌)の母親から襲名を説得してもらうため、京都で捜索を開始。カフェーキネマの常連客から、一平の母、夕(板谷由夏)の手がかりをつかむ…

放送後、夕(板谷由夏)の涙の背景を視聴者深読み!?

今回は【おちょやん】63話のあらすじネタバレ、視聴率、感想などを紹介!

【おちょやん】の視聴率と最終回ネタバレ!千代(杉咲花)の恋と女優業の結末は?


ADVERTISEMENT

【おちょやん】63話の視聴率

【おちょやん】63話の視聴率は、18・4%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯)

【おちょやん】63話のあらすじ

千代(杉咲花)は一平(成田凌)を連れ出し、京都に向かった。それは、一平の母親から襲名を説得してもらえば、きっと一平も納得するに違いないと思いついたからだった。しかし、捜索は想像以上に難航する。次第に一平は、あきらめモード…。千代は、僅かな望みをかけてカフェーキネマの情報網を頼ることに。夜、店の常連客に聞き込みを続ける二人。あることをきっかけに、自分の母、夕(板谷由夏)の手がかりをつかむのだった…

番組表より

【おちょやん】63話のネタバレ

一平はあきらめモードだったが、常連客に何気なく覚えていること・・・母と海で手をつないで話したことを話すと、聞いたことがあるという。「わしの名前もいっぺい。はら・いっぺい面白い名前やろって言ったら、今の話を聞かしてくれた」そうだ。嵐山の旅館「夕凪(ゆうなぎ)」で女将をしている、とわかった。

一平が話した内容は・・・海の向こうには見たこともない世界がある。「あんたにはこの水平線みたいな、まっすぐで大きい人間になってほしくて、一平とつけたんやで」と母は語った。名付け親は母だった。

夜。一平は火をみつめながら、「許してもらえるやろか」と悩む。千代は、追い出したのは父だし、お父ちゃんのこと許してて、また一緒に暮らしたい思うてるかもしれんとなぐさめた。「千代、おおきに」と感謝する一平。「あほ」と千代。

翌日。一平と千代は「夕凪」をみつけ、お客を送りに出ていた女将・夕と出会った。中へ入れてもらったが、「話しがないなら帰り」という夕。

千代がちゃんと話を聞いてくれと懇願。連れ合い(恋人)でなく役者仲間です、と自己紹介する千代。

夕:「あんた役者になったんかいな、あほやなあ」

一平は母を守れなかったことを謝った。父を許してないが、役者になって父を見返したいと役者になったと告げる。

「あんた、なーんもわかってへん」

夕は追い出されたのでなく、夕が男を作って、勝手に家を出たという。

「かんにんやで。あんたらを捨てたんは私のほうや」

父をかばおうとしているのかと思う一平。

「お母ちゃん、お母ちゃんうっとうしい。あんたかてわかってたやろ。よう思い出してみい」

記憶がよみがえる。幼少期。家を出ていく母を追いかけていくと、男の人がいた。

手切れ金を渡される一平。

(旦那は大地主の二代目だから)「あんたがおったら旦那さんのご機嫌そこねるさかい、はよ出てってくんか」

夕にビンタをする千代。ビンタを仕返される千代。もみあう2人。

千代:「なんでや。ほんまのお母ちゃんのくせに」

ハハハハハ・・・一平は笑いころげた。「あかん。おかしいて笑いがとまらん」

都合よく忘れていた自分が愚かでおかしかった。汽車賃だけはもらうことにした。

夕:「二度とこんといて、この疫病神!」

一平は「どうかお幸せに」と声を掛ける。母の顔をしっかり見て。夕は横を向いていた。

一平が帰ると、夕はこらえていた涙があふれた。(つづく)

【おちょやん】63話の感想

夕(板谷由夏)の涙に深読み必至

夕(板谷由夏)が最後に流した涙の意味について想像をふくらませてしまいます。

言葉は冷たい。なのに顔は、表情は違う。一平が帰るとき、顔を直視できてなかったですし…。

自分の息子を嫌いになるわけないですよね。

里心がついてしまわないように、役者はきびしい道だからあえて厳しくしたのでしょうか。

罪悪感もあって、今さら母とちゃんと名乗れなかったのでしょうか。

「帰れ」「疫病神」という夕さんの真意はどこに?

少なくとも、母としての愛情はあると感じます。

…みなさんはどう感じたでしょうか。

当記事画像出典:Amazon

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】