2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【おちょやん】93話のネタバレと感想!寛治(前田旺志郎)涙の帰還

【おちょやん】93話のネタバレと感想!

杉咲花主演のNHK朝ドラ【おちょやん】第19週93話が4/14(水)に放送されました。

寛治(前田旺志郎)が満州から帰還!涙ぐむ寛治。ヨシヲとの間で何かあったようで…

今回は【おちょやん】93話のネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【おちょやん】93話のあらすじ

道頓堀の一時代を築いた万太郎(板尾創路)が、笑いに包まれながら舞台を去った…。一平(成田凌)は、二代目・天海天海として、新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れることにする。時を同じく、家庭劇以外からも劇団メンバーが参加することになった。元鶴亀歌劇団の朝比奈灯子の他に、元万太郎一座の須賀廼家万歳(藤山扇治郎)と千兵衛がいた。初日から千之助(星田英利)に敵意むき出しで反抗的な態度を見せるのだが…

【おちょやん】93話のネタバレ

朝比奈灯子とうこ(小西はる)、万歳(藤山扇治郎)、千兵衛(竹本真之)らが劇団に加わった。

鶴亀新喜劇の旗揚げは、昭和24年の初春になった。あと1か月と迫っていた。

「戦争から帰って万太郎と芝居できると思ったのに…。あんたらには分かれへん」
万太郎と芝居ができなくなったことを嘆く万歳・千兵衛。

千之助と万歳・千兵衛が早速ケンカになる。

千之助が新作の台本「お家(え)はんと直どん」を書き上げた。

若いころに愛し合っていた2人が父に騙されて別れてしまい。お互いを恨んだまま、40年後に再会するというお話し。

稽古が始まった。一平が直吉、千之助が主人公のお家さん・てるを演じるが、セリフが出てこない千之助。

数日経過しても万歳・千兵衛は稽古場に現れない。

千之助は万太郎の言葉を思い出して悩む:「セリフ忘れる。即興もできない。そしたら役者が終わりや

「岡福」にて。灯子が千代・一平に話しがあるという。みつえ・一福のことを知っていた。焼け野原でやった「マットン婆さん」を灯子は見ていた。

灯子は父を早くに亡くし、母と妹と暮らしてきたが、空襲で亡くした。何かもなくなった。戦争が終わっても戻らない…生きてても仕方ない。そう思っていたときに、「マットン婆さん」を見て、涙が止まらなかった、頑張ろうと思えたと語る灯子。

大山に話して劇団に誘われた灯子は、鶴亀新喜劇をなくさないようお願いする。「やっとできた居場所なんです」と頭を下げる。

帰り道。旗揚げ公演の成功を誓う一平・千代。家につくと、居候していた千之助らが急に出ていくという

家に入ると、寛治が帰ってきていた。

翌朝。朝食の席で、寛治は手紙と仕送りの約束破ったことをなんで聞かないのか、尋ねる。

千代は、酒・バクチ・女のどれ?と問う。男はそのどれかに溺れる。

寛治は謝って、また置いてほしい、また芝居したい、と頼んだ。

当たり前やんか」千代は全く怒らず、無事に帰ったことを喜ぶ。

「あの人のいうとおりだった」と寛治は、ビー玉を取り出す。

寛治が生きて戻ってこれたのは、ヨシヲのおかげだというが…(つづく)

【おちょやん】93話の感想

寛治(前田旺志郎)涙の帰還です。

仕送りの約束を守らず、心配をかけた寛治ですが、千代に許してもらいました。

あほやな、当たり前や!

本当に千代が帰ってきて喜ぶ気持ちが伝わってきます。

まったく責めないんですよね。というか男は失敗するものと達観しているかのよう(笑)

愛情深い人です、千代は。

しかし千代の母の形見を取り出した寛治。次回は、ハンカチ必須の回になりそうです。

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】